平成29年12月25日神戸新聞

「部活疲れた」中2女子自殺か 部屋にメモ残し首つ

兵庫県尼崎市立中学2年の女子生徒(13)が20日に自宅で首をつった状態で亡くなっていたことが24日、関係者への取材で分かった。女子生徒の部屋には「学校の部活動に疲れた」という内容のメモが残されており、自殺の可能性があるという。

関係者によると、20日午後4時45分ごろ、尼崎市内の自宅で家族が発見し、119番。搬送先の病院で死亡が確認された。

2段ベッドの上部にかけた電気コードのようなものが、首に巻きついていたという。女子生徒は中学校で運動部に所属。尼崎市教育委員会は、いじめの有無も含め関係者から事情を聴いている。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn