平成29年10月14日NHK大阪放送局
体罰受け後輩自殺 元部員語る

5年前、大阪市立桜宮高校で、バスケットボール部の男子生徒が顧問から体罰を受けたあと自殺した問題について、一緒にクラブ活動をしていた元部員の男性が東京都内で講演し、「教師は子どもに対し人としての尊厳を持って接してほしい」と呼びかけました。
講演会は、教師の指導や体罰がきっかけで子どもを亡くした親たちで作る「指導死親の会」という団体が、東京・港区で開いたシンポジウムの一環として行いました。
講演した谷豪紀さん(24)は、以前、桜宮高校のバスケットボール部に在籍し、平成24年に顧問の教師から体罰を受けて自殺した男子生徒の2年先輩でした。
谷さんによりますと、スポーツの強豪校だった桜宮高校では、当時、クラブ活動で、思うようなプレーができないといった理由で、平手打ちなどの体罰がたびたび行われていたということです。
当時は、生徒たちの間でも体罰は必要だという考えが多く、こうした学校の雰囲気に強い違和感を感じていたほか、優れた選手だった後輩の生徒が体罰を受けて自殺したと知り、非常に悔しく、怒りを覚えたということです。
谷さんはその上で「教師は子どもたちに対し人としての尊厳を持って接してほしい」と呼びかけました。
講演の後、谷さんは「今も体罰を受けている生徒たちは、甘んじて受け入れるのではなく、許されないものだから、ほかの大人に訴えてほしい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20171014/4743001.html

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

教員の叱責や体罰で自殺 「指導死」の実態 子どもの遺族が訴え

教員の叱責や体罰で自殺 「指導死」の実態 子どもの遺族が訴え

動画を再生する

教員から叱責されたり体罰を受けたりしたあとに自殺した子どもの遺族が、東京でシンポジウムを開き、行きすぎた指導で子どもたちが亡くなっている実態を知ってほしいと訴えました。

シンポジウムは、教員の行きすぎた指導をきっかけに子どもが自殺するケースを「指導死」と呼んで、再発防止を求めている遺族のグループが東京・港区で開いたもので、およそ70人が参加しました。

この中で、4年前に部活動の顧問からの生徒指導が原因で自殺したとされる新潟県の男子高校生の父親が講演しました。
自殺をめぐっては、県教育委員会が設けた第三者委員会がことし7月、「生徒指導が最大の要因であったことは否定できない」とする報告書をまとめていて、父親は「一方的な叱責が自殺につながったが、学校や教育委員会は真摯(しんし)に対応しなかった。現状を変えるため多くの人に『指導死』の実態を知って欲しい」と訴えました。
続いて、北海道や広島県から参加した遺族らがパネルディスカッションを行い、「教育委員会は遺族が納得できる調査を行って欲しい」と訴えました。
グループによりますと、教員の指導をきっかけにした子どもの自殺や自殺未遂は、平成に入ってから全国で60件余りに上るという調査結果もあるということで、代表の大貫隆志さんは「私たちのような思いをする人が出ないようにしてほしい」話していました。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年5月15日 南海日日新聞

指導死「知れば防げる」

    遺族らが札幌でシンポ

指導死シンポ南海新聞

札幌市で開かれた「指導死」のシンポジウム=14日午後

教員の行き過ぎた指導をきっかけに子どもが自殺に追い込まれる「指導死」を知ってもらおうと、各地の遺族が札幌で14日、シンポジウムを開き、子どもを亡くした10人の親が「過去の事例を知れば防げる」「先生は、子どもに気づきを提供するような指導を」と再発防止に向けた思いを語った。

主催した「『指導死』親の会」代表世話人で2000年に長男を亡くした東京都の大貫隆志さん(59)は「1952年から2015年にかけ、指導死と考えられる自殺や自殺未遂は、表面化したものだけで83件ある。このうち平成に入ってから62件だ」と警告。

きっかけとなる事柄は大半が言葉による指導で、暴言やどう喝、冤罪型の決めつけ、指導中に1人にするなど10種に分類
できるとし「教育現場で子どもへの厳罰化が強まっているのではないか。子どもの尊厳を守るため、十分配慮して欲しい」と訴えた。
長崎市立中2年だった息子の雄大さん=当時(14)=を04年に亡くした福岡県宗像市の安達和美さん(54)は、広島県府中町の
中3男子が昨年12月、誤った万引き記録に基づいて進路指導を受けた後、自殺したことに触れ「子どもの犠牲が続いていることを残念に思う」と言葉を絞り出した

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年5月15日 北海道新聞

指導死「真実知りたい」
札幌の保護者らシンポ

行き過ぎた生徒指導で子どもが自殺に追い込まれる「指導死」問題を考えるシンポジウムが14日、札幌市北区で開かれた、出席者は
「学校は子どもの安全安心の場でなくてはならない」と訴え、問題解決や再発防止を訴えた。
北海新聞シンポ
指導死の原因についての考えを語る大貫さん
 自殺でわが子を亡くした全国の遺族でつくる「『指導死』親の会」が主催し、市民ら約40人が参加した。
高校1年の息子が自殺したという札幌市の母親(49)は、息子が部活動で他の部員とトラブルになった際、顧問から]方的な叱責を受けたと指摘。「信じていた学校に裏切られた。息子の死の事実が知りたい」と訴えた。
学校が、生徒の死後に行った在校生へのアンケートを保存期間前に廃棄したことにも触れ「教育現場の隠蔽体質を変えなければ再発防止は防げない」と主張した。
親の会の会員ら道内外の9人も自らの事例などを説明。会の代表世話人の大貫隆志さん(59)=東京=は配慮を欠けば、子どもを追い詰める結果になる」と強調した。

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成27年9月20日 中国新聞

教員指導きっかけの子どもの自殺
「指導死」考えるシンポ

中区で30人参加 東広島の遺族報告

教員の指導をきっかけにした子どもの自殺「指導死」について考えるシンポジウムが19日、広島市中区の広島弁護士会館であった。
東広島市の遺族たち8人がマイクを握り、再発防止を訴えた。
主催した「『指導死』親の会」(東京)の大貫隆志代表世話人(58)は、平成以降に報道されただけで全国59件の指導死があると言及。精神的に追い詰める
言葉や重すぎる罰則、複数による長時間の指導などの問題を指摘し2012年に教員4人から指導を受けた直後に白殺した東広島市の市立中2年の男子生
徒=当時(14)=の両親もマイクを握った。父親(46)は「教員の指導は異常だった。死に追い詰めるケースが実際に起こっていることを知って」と訴えた。
両親が6月、市などを相手取り提訴に踏み切ったことを受け、同会が県内で初めて開いた。約30人が参加した。
2015年9月20日(森岡恭子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn