≪個人情報不開示処分取消等請求事件(指導の経緯)第3回弁論≫

【日時】平成29年6月7日(水) 10:30

【法廷】広島地方裁判所 305号法廷

被告

1 平成29年6月2日付け準備書面2陳述

2 甲3について,1頁~14頁までの部分と14頁より後の部分は将来的には別文章である。

準備事項等

被告

開示請求されている文章について,さらに可能な限り,次の点を明らかにする。

(1)何に基づいて,どのような目的で作成したか。

(2)マスキングされている部分の記載の具体的な説明

【提出期限:7月6日】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪個人情報不開示処分取消等請求事件(アンケート開示)第6回弁論≫

【日時】平成29年6月7日(水) 10:30

【法廷】広島地方裁判所 305号法廷

被告 平成29年6月1日付け準備書面3陳述

原告 平成29年6月2日付け原告準備書面7陳述

当事者双方 他に主張立証はない。

裁判長 弁論終結

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪東広島市指導死裁判 第12回弁論準備 広島地方裁判所≫

【日時】平成29年5月19日(金) 10:30

【法廷】209号法廷

〇被告東広島市

1 準備書面(5)(平成29年4月7日付け)陳述

2 反論の準備書面及び原告第7準備書面と同第8準備書面にある求釈明に対する回答を平成29年7月10日までに提出する。

〇原告ら

文書提示命令の申立てを検討する。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪個人情報不開示処分取消等請求事件(指導の経緯)第2回弁論≫

【日時】平成29年4月17日(水) 10:00

【法廷】広島地方裁判所 305号法廷

被告

1 平成29年4月13日付け準備書面1陳述

準備事項等

被告

開示請求されている文章について,さらに可能な限り,次の点を明らかにする。

(1)だれが,いつ,何を基に作成したか。

(2)どのような記載についてマスキングを施しているか。

【提出期限:5月31日】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪個人情報不開示処分取消等請求事件(アンケート開示)第5回弁論≫

【日時】平成29年4月19日(金) 10:00

【法廷】広島地方裁判所 305号法廷

被告 平成29年3月10日付け準備書面5陳述及び4月11日付け準備書面6各陳述

準備事項等

原告 被告による求釈明に対する回答を踏まえて主張及び指針との関係で主張補充

被告 原告による裁判例を引いての個人の識別の程度についての主張に対する反論

【提出期限:いずれも5月31日】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪東広島市指導死裁判 第11回弁論準備 広島地方裁判所≫

【日時】平成29年4月7日(月) 11:30

【法廷】209号法廷

〇原告ら

1 原告第6準備書面(平成29年4月4日付け)陳述

2 原告第7準備書面(平成29年4月4日付け)陳述

3 原告第8準備書面(平成29年4月4日付け)陳述

4 原告第9準備書面(平成29年4月6日付け)陳述

〇被告東広島市

1 甲第27号証から同第30号,同43号証及び同44号証の作成者等を明らかにする。

2 原告らの前記各準備書面に対する反論の準備書面を提出する。

3 原告らの前記第7準備書面及び同第8準備書面記載の求釈明に対し,回答を検討する。

(2)被告東広島市の上記各準備書面記載の事実関係について,認否反論の準備

書面を提出する。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪個人情報不開示処分取消等請求事件(アンケート開示)第4回弁論≫

【日時】平成29年3月1日(水) 10:00

【法廷】広島地方裁判所 305号法廷

被告 平成29年2月15日付け準備書面4陳述

原告 平成29年2月24日付け原告準備書面2陳述

準備事項

被告

1 原告の上記準備書面記載の求釈明に対する回答を検討する。その際,アンケート及びその集計結果の内容について,可能な限り主張する。

2 原告の裁判例を踏まえた主張に対し,反論があれば準備する。

【提出期限:いずれも4月11日】

≪個人情報不開示処分取消等請求事件(指導の経緯)第1回弁論≫

【日時】平成29年3月1日(水) 10:00

【法廷】広島地方裁判所 305号法廷

原告

1 訴状陳述

2 平成29年2月8日付け訴状訂正申立書陳述

被告

答弁書陳述

準備事項

被告

認否及び違法性についての主張の準備

【提出期限:いずれも4月11日】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪東広島市指導死裁判 第10回弁論準備 広島地方裁判所≫

【日時】平成29年2月27日(月) 14:00

【法廷】209号法廷

〇被告東広島市

1 平成29年2月20日付け準備書(3)及び同(4)各陳述

2 平成29年3月31日までに,

(1)原告らの下記準備書面の求釈明に対し,回答を検討する。

(2)可能であれば,被告東広島市の現時点における主張を整理した準備書面を

提出する。

〇原告ら

1 平成29年2月24日付け準備書陳述

2 平成29年3月31日までに,

(1)被告東広島市の平成29年1月13日付け及び同年2月20日付け各準備

書面記載の求釈明に対し,回答を検討する。

(2)被告東広島市の上記各準備書面記載の事実関係について,認否反論の準備

書面を提出する。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪東広島市指導死裁判 第9回弁論準備 広島地方裁判所≫

【日時】平成29年1月16日(月) 11:30

【法廷】209号法廷

〇被告東広島市

1 平成29年1月13日付け準備書面陳述

2 平成29年2月20日までに,

(1)原告らの平成28年10月31日付け準備書面の内容に対応させた形で,更に認否反論を補充する。

(2)甲第8号証から同15号証の作成者を明らかにする。

〇原告ら

上記被告東広島市の準備書面記載の求釈明のうち,現時点で回答が可能なものがあるか,次回期日までに検討する。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪個人情報不開示処分取消等請求事件(アンケート開示)第3回弁論≫

【日時】平成29年1月11日(水) 10:00~

【法廷】広島地方裁判所 305号法廷

〇被告

1 平成28年12月22日付け準備書面2陳述

2 平成28年12月26日付け準備書面3陳述

準備事項等

〇被告

・アンケート集計結果についての事実を補充の上,主張を準備する。

〇原告

・被告の準備書面1に対する反論を準備する。

【提出期限:2月15日】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn