平成29年5月24日朝日新聞鹿児島版

「いじめ放置」と市を提訴 中2生徒の遺族

 鹿児島いじめ

提訴後に会見する中村幹年さん=鹿児島市易居町の県弁護士会館

  出水市で2011年に自殺した市立中2年の女子生徒(当時13)の遺族が23日、学校がいじめの対策を取らず、情報開示もしなかったために真相を知ることができず精神的苦痛を受けたなどとして、市に1200万円の損害賠償を求めて鹿児島地裁に提訴した。

 訴状などによると、女子生徒は11年9月、出水市内の九州新幹線の跨線橋から飛び降りて死亡した。学校は全校生徒を対象にいじめの有無を調べるアンケートを実施し、市教委は回答結果などをもとに「(自殺の)直接のきっかけとなる出来事は確認できなかった」と結論づけた。

 遺族は市の情報公開条例に基づいて12年9月、14年2月にアンケート結果の開示を求めたが不開示とされ、遺族が開示を求めて提訴。15年12月に鹿児島地裁が結果の一部の開示を市に命令した。その回答のなかにいじめをうかがわせる複数の記述があったとして、遺族が市教委に再調査を求めた。

 しかし、市教委が再調査に応じなかったため、自殺といじめの因果関係を明らかにするために提訴に踏み切ったという。

 出水市教委は「訴状が届いていないので、コメントできる状況にない」としている。

■「不手際、謝罪してほしい」祖父

 「私の孫が命を懸けて訴えたかったこと、なぜ死ななければいけなかったかを、少しでも知りたい」 自殺した女子生徒の祖父、中村幹年さん(67)=出水市=は23日、鹿児島市の県弁護士会館で会見し、提訴に込めた思いを声を詰まらせながら語った。

 市教委は事件後、生徒の自殺といじめとの因果関係には触れなかった。しかし、全校生徒を対象に実施され、開示に約3年4カ月かかったアンケート結果には「ノートがなくなったという事件があった」「『きもい』と言われているところを見た」など、いじめをうかがわせる記述があった。開示後に市教委に再調査を求めたり、質問状を出したりしたが、いずれも応じなかったという。

 「こんなにも苦しんで学校に通学していたのかと涙が出た。もう少し早く学校が教えてくれたら、こういうことにならなかった」と中村さん。女子生徒がいじめを受けていたことを学校側は把握できたはずで、いじめを防がなかった義務違反が自殺につながったと指摘する。

 「『不手際がありました』と謝罪してもらいたい」。中村さんは力を込めて話した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年5月24日NHK青森放送局

中学生自殺 新委員で調査継続へ

  青森市の教育委員会は、去年8月に青森市の中学生が自殺したことと、いじめの因果関係について、来月以降、新たな委員で構成される審議会で、調査を継続することを決めました。
去年8月、青森市の中学2年生だった葛西りまさん(当時13)はスマートフォンにいじめの被害を訴えるメモを残して自殺しました。
調査にあたった青森市の教育委員会に委任された審議会は、先月、「いじめとの因果関係は解明できない」「葛西さんは思春期うつだった」などとする見解をまとめました。
これに対し、遺族側は、「具体的な根拠もなく、思春期うつだと、ゆがんだ事実認定を行うなど、看過し得ない問題が含まれている」として、審議会の委員のうち2人の解任などを求めていました。
こうしたなか青森市の教育委員会は、「委員としての適格性を欠いているとは認められない」として2人の委員を解任しないことを決めた上で、今月いっぱいで審議会の現在の委員の任期が切れたあと、新たな委員を県外から選定し、来月以降、新たな委員で構成される審議会で、調査を継続することを決めました。
青森市教育委員会の成田一二三教育長は「審議会の第三者性を高めて遺族の信頼を得た上で、できるだけ早く報告書を提出したい」としています。
また、葛西さんの父親は「解任の要望が認められず、残念です。調査をしてきた委員全員が交代することも不安です」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6083633511.html

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年5月24日朝日新聞宮城版

中2自殺、小学校教諭も暴言か 「臭いと言われた」

  仙台市で4月、いじめを訴えていた市立中学2年の男子生徒が自殺した問題で、生徒の遺族が「(生徒は)小学校時代から、教諭に『臭い』と言われていた」などと話していることが分かった。

遺族関係者が23日、明らかにした。

 この日、市教育委員会の担当者らが、生徒の自殺を受けて中学校で実施していたいじめについてのアンケート結果を遺族に報告した。この席上で、遺族関係者が市教委にこうした訴えを伝え、小学校時代の状況についても調査するように求めたという。

 遺族関係者によると、生徒は小学4年から6年にかけて、男性教諭から自作のゴム鉄砲を折られたり、「臭い」などと言われたりしていた。市教委の訪問前に、遺族が過去にあったことを思い出した内容として、この関係者に伝えたという。

 市教委は「現時点で小学校教諭による具体的ないじめの事実は把握していないが、今後も引き続き調査したい」としている。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年5月23日河北新報社説

仙台・中2自殺/体罰が引き金なら許されぬ

  生徒は、教諭の体罰におびえていたという。心に負った傷はどれほど深かったか。信じ難い事実に言葉を失う。

文部科学省がきのう、仙台市の奥山恵美子市長、大越裕光教育長を呼んで指導した。
 青葉区で先月下旬、いじめを訴えて自殺した中学2年男子(13)がその前日、男性教諭から頭を拳でたたかれる体罰を受けていた。1月には、別の女性教諭からも口を粘着テープでふさがれるという信じ難い行為をされていた。
 校長は、これらの重大な事実を自殺から20日間以上たって別の生徒の保護者からの通報で知ったという。

決定的な失態と言わざるを得ない。
 体罰は学校教育法で禁じられている児童、生徒への暴力である。体罰といじめが同じ生徒の身に降りかかり、死に追いやられた可能性がある。
 逆に、今回のことで、学校運営の陰に折り重なっている深刻な悪弊が見えてきた。
 体罰を行った2人の教諭は男子生徒の自殺についての個別の聞き取り調査の際、校長に報告していなかった。
 男性教諭は頭をたたいた行為について「管理職に報告するほどのことではないと判断した」と釈明しているという。

しかし、翌日の自殺との関連に思い至らなかったとは考えられない。包み隠さず事実を話すべきだった。保身を指摘されても仕方あるまい。
 同市教委は、2教諭の怠慢を厳しく指弾している。ただ一連の対応で、学校が校内を掌握する統治機能は十分なのか甚だ疑問だ。
 コントロールが効いていない中でのアンケート調査や聞き取りでは意味がないのではないか。
 見過ごせないのは、別の保護者の関係者が「(男性教師が)男子生徒の頭を日常的にたたいていたと聞いた」と証言し、市教委もきのう「他の生徒に体罰をしていた」と市議会に報告したことだ。
 体罰の常習化などはもってのほかだが、ある程度の力の行使を容認するような雰囲気が校内に浸透していなかっただろうか。
 身体的な痛みや恐怖で生徒を抑えつける体罰は何の役にも立たないことは、現場の教師が一番よく知っているはずだ。いじめとともに徹底的な検証が不可欠だ。
 体罰禁止などの指導徹底を求める文科省の通知では「体罰は、力による解決への志向を助長させ、いじめや暴力行為の連鎖を生む恐れがある」と指摘している。
 男子生徒の自殺も、教諭らの体罰が、それを日ごろ見聞きしていた生徒のいじめを誘発し、逃げ場のない所まで生徒を追い詰めたのではないか。その最後の引き金が体罰だったとしたら救われない。
 保護者や市民の学校現場への不信感はピークに達している。市教委、学校は早急に第三者による調査委員会を立ち上げ、自殺の原因究明と、体質改善に歩みだすべきだ。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年5月23日河北新報

<仙台中2自殺>女性教諭「体罰と認識」

  仙台市青葉区の市立中2年の男子生徒(13)が同校教諭2人から体罰を受けた上、いじめ被害を訴えて4月に自殺した問題で、1月に男子生徒の口に粘着テープを貼った50代の女性教諭が市教委の聞き取りに「当初から体罰という認識があった」と説明していることが22日、分かった。市議会議員協議会で、市教委が明らかにした。
 女性教諭は「授業中に大声を出した男子生徒を注意するための行為。その後の男子生徒の様子に特段の変化がなかったため、校長などに報告しなかった」と話したという。議員らは「体罰だと認識していたなら、生徒に対する人権無視だ」と批判した。
 市教委はまた、自殺前日の4月25日、授業終了のあいさつの際に居眠りしていた男子生徒の頭を拳でたたいた50代の男性教諭が、他の生徒にも頭を小突いたり、髪をかき乱したりしていたことを明らかにした。
 体罰が発覚した今月19日以降、同校の全教諭に聞き取りした結果、他の教諭による男子生徒への体罰は確認されなかったことも報告した。
 市教委は22日、教諭2人を無期限の自宅待機とするとともに、全市立学校に体罰禁止の徹底を通達した。
 協議会後、奥山恵美子市長は特に支援が必要な児童生徒への対応に関し、学校や支援機関の連携の在り方を考える専門組織を発足させる方針を示した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年5月18日河北新報

中2女子自殺か ホテル屋上から転落死

  17日午前5時20分ごろ、多賀城市内のホテルの駐車場で、市立中2年の女子生徒が倒れているのを出勤した男性従業員が発見し、119番した。消防署員らが駆け付けた時には既に死亡していた。

宮城県警はホテルの屋上から飛び降り自殺した可能性があるとみて調べている。
 関係者によると、発見時、女子生徒は私服姿で目立った外傷はなかった。現場の状況から11階建てホテルの屋上から飛び降りたとみられる。男性支配人によると、ホテルの非常階段は緊急時に避難できるよう施錠されておらず、外部から自由に出入りできる状態だった。
 中学校の校長は「母親から『娘が遺体で見つかった』と連絡があった。市教委と相談し、対応を検討したい」と語った。18日、クラスごとに担任教諭が女子生徒が亡くなった事実を伝えるという。
 市教委の身崎裕司学校教育課長は取材に「計6回の生活アンケートでいじめに関する記述はなかった。

部活でのトラブルも聞いていない」と話した。
 市教委は17日、市内の小中学校10校の校長を集め、女子生徒の死を伝えるとともに、各校でいじめや悩み事の有無を再点検するよう指示した。
 同じクラスの女子生徒は、亡くなった女子生徒について「とても明るく、優しい子だった。クラスでいじめられているという話は聞いたことがない」と話した。男子生徒は「昨日もいつも通り登校した。悩んでいる様子はなかった」と突然の訃報にショックを受けた様子だった。
 宮城県内では4月26日、仙台市青葉区の市立中2年の男子生徒(13)が自宅近くのマンションから飛び降り自殺した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年5月16日NHK大分放送局

剣道部生徒死亡事故の2審始まる 

8年前、大分県立竹田高校の生徒が、剣道の練習中に熱中症で倒れて死亡した事故の賠償をめぐる裁判の2審が始まり、生徒の母親は県に対し、賠償の一部を当時の顧問にも負担させるよう命じた1審判決を受け入れるよう求めました。
一方、県はあらためて争う方針を示しました。
8年前、大分県立竹田高校2年の工藤剣太さんが、部活動の剣道の練習中に熱中症で倒れて死亡し、両親は、当時、顧問だった教諭らにも賠償の一部を負担させるよう求め大分県を訴えています。
1審の大分地方裁判所は去年、「顧問の対応には重大な過失があった」として、賠償のうち100万円を顧問に負担させるよう県に命じ、県が控訴しました。
この裁判の2審が福岡高等裁判所で始まり、母親の奈美さんは「県は判決を真摯に受け止め再発防止に努めて改善することを考えてほしい」と述べ、1審判決を受け入れるよう求めました。
これに対し県側は「顧問に重大な過失はなかった。個人の賠償が認められれば、献身的に指導に取り組む教員が減り、部活動が成り立たなくなる」と主張し、あらためて争う方針を示しました。
次の裁判は7月13日に開かれる予定です。
裁判のあと、両親は記者会見し、父親の英士さんは「剣太の無念を晴らすとともに、これからの子どもたちを守るためにも1審判決を守っていきたい」と話しました。
また、両親はきょう福岡高等検察庁を訪れ、事故をめぐり当時の顧問らが不起訴になったことを不服として、再捜査を求める申し立てを行いました。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/5073045191.html

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年5月14日河北新報

<日大東北高暴力問題>元教員を書類送

 日大東北高(郡山市)の相撲部顧問だった男性教員らが男子部員に暴力を繰り返していた問題で、郡山署は13日までに、傷害の疑いで、20代の元男性教員を書類送検した。
 送検容疑は昨年5月25日、稽古後の入浴中、当時1年生の男子部員の尻をデッキブラシで突き、1週間のけがを負わせた疑い。捜査関係者によると、元教員は同署の任意の聴取に容疑を認めているという。
 相撲部では昨年12月、元教員と当時の50代男性コーチが指導名目で、この男子部員に暴力を振るっていたことが発覚。同校によると、元教員らは同じ部員の頭をゴム製ハンマーでたたいたり、腕立て伏せの際にのこぎりを下に置いたりしていた。
 部員は昨年7月に転校した。日大によると、元教員は今年1月、大学本部に異動し自宅謹慎中。

男性コーチは昨年9月に依願退職している。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年5月10日河北新報社説

仙台・中2自殺/危機管理の意識が足りない

 子どもを守るのは社会の責務なのに、またも中学生の尊い命が失われてしまった。悲憤を抑えきれない。
 仙台市青葉区で先月下旬、市立中2年男子(13)が、自宅近くのマンションから身を投げた。市立中生の自殺はこの3年間で3人目。教育関係者は、この異常事態を深刻に受け止めるべきだ。
 当初校長は「同級生とのトラブル」と表現し「その都度指導し解消した」と説明。しかし、数日して「いじめだった」と認めた。市教育長は「自死の直接原因かは不明」とし因果関係を調べるという。
 事が起きてから重大性に気付き、収拾に追われるパターンの繰り返しだ。どうしてこれまでの教訓が生かされないのか。学校や市教委の危機管理意識を問わざるを得ない。
 男子生徒は昨年6月と11月にあった学校などのアンケートで「いじめられている」と回答した。「無視される」「物を投げられる」とも記した。その後、机に「死ね」と書かれていたこともあった。
 国はいじめ対策で、当事者の訴えを幅広くすくい取り、速やかに対応する基本方針を明確にしている。
 いじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」のガイドラインでは、「疑い」の段階であっても本人や保護者の申し立てを重視し「重大事態」とみなすよう学校側に求める。自殺など最悪の結果を招かないための防護線といえる。
 これに照らせば、学校は昨年のアンケートの段階で危険性を認識し、詳細調査に入るべきだったのだろう。

生徒間の意識が変わるポイントになった可能性はある。
 ただ、いじめ防止は法が定めた単一的なマニュアルの上意下達だけでは実現されない。最終的に、現場の教員が個々のケースごとに生徒たちに向き合い、対応力を発揮してこそ法制度も機能する。
 学校は連休中、全校アンケートを実施、回収した。背景を調べることから検証を始める。市教委は第三者委員会による調査も行う。いじめとの関連という核心部分の解明は難しい作業となろう。
 今回の件は、過去のいじめ自殺の検証と再発防止の取り組みのさなかで起きた。これらを一連の問題として捉える視点も当然必要だろう。
 指導に構造的な問題がありはしないか。なぜ連鎖するように生徒が自ら命を絶たねばならなかったか。

遺族はもちろん、同級生たちにもしっかり聴き取りし、納得できる共通認識を探ってほしい。
 市教委は1月、今後5年間の教育プラン「第2期市教育振興基本計画」で、いじめ防止を最優先課題に掲げ、独自の施策をまとめた。処方箋はできつつあるのに、厳しい現実がそれを追い越していく。
 どうすれば、いじめを克服し、命を大切にする教育が実現できるのか。日々の実践の中からその道筋を見つけていくしかあるまい。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年5月10日埼玉新聞

<飛び降り中3死亡>顧問に「リーダー続ける」…決意の2日後に死亡

  川口市立中学3年の女子生徒(14)が歩道橋から飛び降りて死亡した問題で、生徒が通っていた中学の男性校長(55)が9日、埼玉新聞の取材に応じ、女子生徒が死亡の2日前に部活のことで顧問に相談していたことを明らかにした。女子生徒は「続ける」と決意した2日後の5日朝、部活の練習に向かう途中に死亡した。

 校長は女子生徒について「部活の中で人間関係のトラブルを抱えていたことは把握していたが、いじめとは認知していなかった」と述べ、「生徒の保護者に連日面会した結果、いじめがあったのかどうかを視野に入れた客観的な調査が必要と判断し、市教委に伝えた」と語った。

 校長によると、女子生徒は吹奏楽部の人間関係でトラブルを抱えていた。しばしば衝突があり、顧問教諭が話を聞いて和解を指導。その都度解決を図り、校長にも報告があった。このトラブルを学校として、いじめとは認識していなかった。

 しかし女子生徒の死亡後、校長が連日保護者と接触した際、保護者から「娘からいじめられた、と聞いていて、その都度学校に相談してきた」と強い訴えがあり、校長は客観的な調査が必要だと判断したという。

 女子生徒は打楽器のパートリーダーを務めてきたが3日、部活顧問の女性教諭に「このままリーダーを継続するかどうか」について相談した。顧問は、このまま続ける▽2年生部員に譲る▽ほかの3年生に譲る―のいずれかを選ぶように勧めた。女子生徒は10分近く考えている様子だったが「もう1回やります」と話した。顧問は「バックアップするよ」と激励したという。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn