平成29年5月29日NHK
青森 女子中学生自殺 報告書最終案「背景にいじめ」

去年、青森市の女子中学生がいじめを苦に自殺したと見られる問題で、市の教育委員会が設置した審議会は28日、記者会見を開き、自殺といじめの因果関係について「直接的な引き金が何かは判断できないが、自殺の背景にいじめが関わっていた」とする報告書の最終案を明らかにしました。
青森市の中学2年生だった葛西りまさん(当時13)は去年8月、列車にはねられて死亡し、スマートフォンにはいじめの被害を訴えるメモが残されていました。
青森市教育委員会は、いじめを苦に自殺したと見て、専門家による審議会を設け調査を進めてきましたが、審議会が先月、「いじめとの因果関係は解明できない」などとする見解を示したのに対し、遺族から反発の声が上がるなどし、調査が継続されることが決まっていました。
現在の審議会の委員は今月末で任期が切れるため、それに先立って28日、記者会見を開きました。
この中で、審議会の会長を務めてきた青森大学の櫛引素夫教授は、葛西さんへのいじめが4件確認された
としたうえで、「直接的な引き金が何かは判断できないが、自殺の背景にいじめが関わっていた」とする報告書の最終案を明らかにしました。
一方で、遺族側が納得できないとしていた「葛西さんは思春期に特有のうつ症状だった」とするこれまでの審議会の見解については、「最終案の中で根拠を示したつもりだ」と述べるにとどまりました。
審議会は、来月以降も新たな委員のもとで調査を続け、報告書をまとめることにしています。
会見で櫛引会長は「新しい委員たちにはより正確な報告書を完成してもらいたい」と話しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170529/k10010998421000.html

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月5日朝日新聞高知版
文科省指摘「遺族に丁寧な説明ない」 高知の中3自殺
高知中3自殺
記者会見する川村正幸さん=文部科学省

 高知県南国市立中学3年の川村嘉寛さん(当時15)の2015年9月の自殺の原因を調べた市教育委員会の第三者委員会報告書を不服として、両親が4日、文部科学省児童生徒課を訪ね、市教委に再調査させるよう指導を求める要請書を提出した。同課は「遺族への丁寧な説明がない」と指摘し、市教委に遺族との話し合いの場を設けるよう求めた。
 第三者委報告書では、中学1、2年の頃のいじめは認定したが、自殺の原因についてはいじめ・からかいや学業不振、家庭的背景など「複数の要因が関わった」とするにとどめた。一方、両親は要請書で「いじめが直接の原因ではないか」と指摘。第三者委の議事録が作成されず、議論の経緯も不明だと訴えた。
 文科省児童生徒課の坪田知広課長は報道陣に「(遺族に)全体の説明はあったようだが、一つ一つの疑問への説明はなく、不信感が続いていた。心情に寄り添った対応が全くできずに今に至っている」と語った。
 会見した父の正幸さん(49)は「いま一度真摯に考えて、いじめをなくしていければとの思い、私たちのような暗い、悲しい親御さんが増えないようにとの思いで、勇気を持って実名で会見した」と説明。そのうえで報告書について「『弁当箱をひっくり返された』などいじめと思われる件があったのに、うわさの域を出ないと書かれている」と指摘。
「(責任を)遺族や本人になすりつけている」と批判した。さらに「命が絶たれたことを重く受け止め、もっと深掘りする調査をしてほしい」と訴えた。
 嘉寛さんは15年9月1日早朝、自宅の庭先で首をつって死亡しているのを両親が発見。弁護士や精神科医ら6人の第三者委が翌年2月に報告書をまとめた。(高木智也)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月5日東京新聞茨木版
取手中3自殺「ようやくスタートライン」

県教委から回答書を受け取った後、会見する中島考宜さん(中)と淳子さん(右)=県庁で

取手中3自殺

 取手市の市立中学に通っていた中島菜保子さん=当時(15)=が、三年生だった二〇一五年十一月に「いじめられたくない」と日記に書き残して自殺した問題で、県が四日、新たに第三者委員会の設置を決めた。
遺族側は「ようやくスタートラインに立った。娘に向き合った調査を」と、真相解明に向けて真摯な姿勢で取り組むことを強く望んだ。(山下葉月)
 両親は四日午前、県教委から第三者委の設置を伝えられた後、県庁で会見した。父親の考宜さん(45)は新たな第三者委が行う調査について「進め方は慎重に協議を重ねていきたい」と、厳しい表情を崩さなかった。
 両親は、菜保子さんが亡くなってから一カ月後の一五年十二月、学校と市教委の調査で、いじめの証言が得られなかったことに疑念を抱き、独自に生徒への聞き取り調査を開始。同級生二十人と会って話を聞くと、いじめを示唆する証言が次々と出てきた。
 考宜さんは「既に一年九カ月という年月を失っている。過去にさかのぼって調査することになるが、手を抜かずにやってほしい」と語った。母親の淳子さん(47)は「娘にきちんと向き合った調査をして」と訴えた。両親の代理人の弁護士は「両親の集めた証言が学校の調査で出てこなかった。不十分な調査のやり直しをきっちりしてほしい」と県に要望した。
 両親は先月、県教委と市教委に、第三者委の設置や人選について、申し入れ書を提出。第三者委は、両親と県教委が推薦する委員それぞれ二人と委員長の五人で構成し、委員長は日弁連に派遣してもらうよう要請していた。
県教委の担当者は「遺族と協議しながら人選を進める」と話した。
 取手市教委も県庁で会見。今後、県の調査に全面的に協力していく考えを示した。矢作進教育長は「ご遺族の信用を失ったことで県に調査委が設置されることを、申し訳なく思っている」と改めて謝罪した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月4日朝日新聞東京本社版夕刊
取手・中3自殺、県に調査委設置へ 茨城

茨城県取手市で2015年11月、市立中学3年の中島菜保子さん(当時15)が自殺した問題で、橋本昌知事は4日、新たな調査委員会を知事のもとに設置することを決めた。文部科学省によると、いじめ防止対策推進法では調査委の設置は市町村の教育委員会とされており、県が対応するのは極めて異例という。
自殺をめぐっては、市教委が昨年3月に「いじめによる重大事態に該当しない」と議決して調査委を設置したため、両親が調査委の解散を要求。市教委は今年6月に調査委の解散を決定した。両親が市教委との信頼関係が失われていることを理由に、知事のもとに調査委を置くよう求めていた。
県が取手市から委託を受ける形で、条例を制定して対応する。橋本知事は「ご両親が1年9カ月苦しんだことを重く受け止めた。制度的には市教委と市が対応していくべきだが、できる限り申し入れに沿った形で対応していきたいと検討した」と話した。新たな調査委事務局は知事部局に置き、調査委の人選はいじめ防止対策推進法の趣旨を踏まえ、両親と協議するとした。記者会見した中島さんの父考宜(たかのぶ)さん(45)は「まずは第一歩。菜保子の身に何が起きていたのか、担任を含む学校関係者にも深く調査してほしい」と要望した。(佐藤清孝、箱谷真司)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年7月27日朝日新聞大分版
外部委「安全配慮義務に問題」 岩田中の生徒死亡

 大分市の私立岩田中学校で昨年、中学3年の男子生徒が授業中に倒れて死亡した問題で、同校の外部調査委員会は教員の対応について、一部に「安全配慮義務上、問題があった」とする報告書をまとめた。
死亡との因果関係は不明とした。
 同校が25日公表した。
 亡くなったのは、柚野凜太郎(ゆのりんたろう)さん(当時14)。昨年5月、体育館でシャトルランの体力測定中に倒れ、意識不明で病院に搬送。2日後に心室細動で死亡した。
 両親が外部による調査を要望していたことをうけ、医療、教育など各分野の5人による調査委を同校が設置。
昨年11月~今月、委員会を9回開き、両親、教職員、事故当時に現場にいた生徒らに聞き取りをした。
 報告書は、柚野さんが倒れて教諭が事務室に連絡に行き、蘇生につながる胸骨圧迫を始めるまでに40秒ほどかかったり、人工呼吸をしていなかったりしたとして、応急処置が適切でなかったと指摘。「安全配慮義務上、問題があった」と結論づけた。
 一方、安全配慮義務上の問題と死亡に因果関係があったかは不明とした。
 同校は報道機関向けの文書で、「教諭の判断に法的なレベルで問題があったとは考えていない」としたうえで、安全配慮義務上の問題について、「委員会の認識が誤っていた可能性がある」と外部委の指摘に反論。ただ、「不備や改善点があった点については真摯に受け止め、今後克服していく」としている。
 父親の真也さん(43)は取材に、「事故後の初期対応のまずさが証明された」とした上で、「息子が倒れる前のことをもう少し明らかにしてほしかった」と話した。(女屋泰之、菊地洋行)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年7月27日 河北新報
<会津女子高生自殺>当時の教頭、3教諭処分

福島県会津地方の県立高2年だった女子生徒が2015年9月、部活動でのいじめを苦に校内で自殺した問題で、県教委は26日、当時の教頭と教諭3人の計4人を訓告や厳重注意の処分とした。
退職した当時の校長について、県教委は「戒告の懲戒処分に該当する」と判断。県庁で記者会見した大沼博文県教育次長は「学校組織の問題としては懲戒相当と捉えている」と話した。
処分内容はいずれも当時の教頭と部活顧問が文書訓告、学年主任が口頭訓告、生徒指導主事が厳重注意。年齢、性別は非公表。
県教委によると、教頭はアンケートの実施などいじめ防止の体制を整えず、顧問はいじめを放置。他の2人は対応を顧問に一任し、職務怠慢だと判断した。
自殺といじめの直接的な因果関係について、県教委の第三者委員会は認めず、県の「いじめ問題調査委員会」が今年3月にまとめた報告書で認定。いじめを放置した「学校の不適切な対応」が自殺に追い込んだと結論付けた。
大沼次長は処分内容について「それぞれが本来取るべき対応を分析して判断した」と説明。「(懲戒ではないが)事の重大性を考慮して公表した」と語った。
県教委から26日朝に説明を受けた女子生徒の父親は取材に「処分が重いか軽いかは分からないが、いじめ防止につながるかどうかは疑問が残る。処分を受けた教職員は重く受け止めてほしい」と話した。
いじめを苦にした生徒の自殺を巡る処分では今年3月、岩手県教委が校長ら4人を減給や戒告、仙台市教委が校長を戒告のいずれも懲戒処分とした。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年7月26日NHK
北九州 女子高校生が自殺 いじめあったか調査へ

ことし4月、北九州市にある私立高校に通う2年生の女子生徒が学校の近くで首をつって自殺しているのが見つかり、学校は第三者委員会を設置して女子生徒へのいじめがあったかどうかを調査することにしています。
ことし4月17日、北九州市の墓地の周辺で、市内の私立高校に通う2年生の女子生徒が首をつっているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。警察は現場の状況などから女子生徒が自殺したと見ています。
女子生徒が通っていた学校によりますと、亡くなる1週間前に行われた担任との面談では、いじめについての相談はなかった一方で、同級生のひとりに対しては、無料通信アプリのLINEを通じて「私に何かあったらあなたたちのせい。
後悔しても知らない」という内容のメッセージが送られていたということです。
学校は遺族の意向を受けて先月、全校生徒を対象にしたアンケート調査を行ったうえで、今月31日にいじめがあったかどうか詳しく調べるための、第三者委員会を設置することを決めました。
学校は「生徒が亡くなったことを重く受け止めている。第三者委員会によって真実を明らかにしていきたい」と話しています。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年7月26日河北新報
<仙台中2自殺>再調査は「新市長就任後」

 奥山恵美子仙台市長は25日の定例記者会見で、泉区の南中山中2年の男子生徒=当時(14)=が昨年2月に自殺した問題を再調査する新機関の初会合が、郡和子次期市長の就任後となる可能性を示唆した。
これまでは7月中にも再調査を始める意向を示していた。
 奥山氏は、郡氏が市長選でいじめ自殺への対応を最優先課題としたことを指摘した上で、初会合の時期は「私の在任中の日程にこだわるのがいいのか、長期的に進める新市長の下で始めるのがいいのか、選挙結果を受けて立ち止まるべきだと思っている」と述べた。
 再調査機関の構成は遺族が推薦するメンバーを反映させる方針だが、奥山氏は「相手方との連絡交渉に時間を要している」として、機関の設置が8月第1週になるとの見通しを示した。
 郡氏当選については「2代続けて女性市長が就任することは全国的に希有なことで大変うれしい。バス事業の経営難など、私が解決できなかった課題への具体策を見いだしてほしい」と期待。市長選では対立候補を支援したが、「郡さんに決まった以上、しっかりと受け止めて、バトンをつつがなく渡せるよう努めたい」と話した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年7月25日毎日新聞
広島 女子中学生が死亡、校舎から飛び降りか

 24日午前7時25分ごろ、広島市佐伯区の市立中学校の駐車場で、この学校に通う女子生徒(14)が倒れているのが見つかり、学校関係者が119番通報した。女子生徒は全身を強く打つなどしており、病院に搬送されたが死亡が確認された。広島県警は生徒が校舎から飛び降りたとみて調べている。
 市教委などによると、中学校は22日から夏休みに入っており、24日は部活動と全学年対象の三者面談が行われる予定だった。【東久保逸夫】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年7月20日河北新報
<能代松陽高いじめ>知事に再調査請求

秋田県立能代松陽高(能代市)で2014年度と15年度に女子生徒が所属する運動部の部員からいじめを受けた問題で、被害を受けた女性(18)が19日、県教委の第三者委員会による報告書では学校の対応の問題点が未解明だとして、いじめ防止対策推進法に基づき、同校と県教委の対応を再調査するよう佐竹敬久知事に請求した。
再調査を求める理由として、報告書でいじめの原因を女性の言動に起因すると誤認していることや、クラスでのいじめの実態が解明されていないことなどを挙げている。
報告書によると、女性が1年生だった14年8月ごろから、部内で無視されたり粗雑な対応を取られたりした。報告書は、人間関係のこじれと位置付けた学校側の対応を「極めて場当たり的なもの」だったと指摘。一方で、クラスでのいじめは「認定できない」と結論付けた。
女性は取材に「クラスでもいじめはあった。学校に相談しても取り上げてくれなかった」と反論。また、報告書の中で、虚偽の発言が取り上げられたと指摘している。
代理人を務める草場裕之弁護士(仙台弁護士会)は「学校の対応からは、いじめの事実を隠そうとする動きが推認される。このままでは女性の精神的苦痛が癒やされず、同様の被害が再発する危険性は高い」と請求理由を説明する。
県教委高校教育課の担当者は「文書が届いていないため、コメントできない」と話している。
第三者委は県内の弁護士と医師、臨床心理士の3人で構成。報告書は15年12月から生徒や教職員らに聞き取りをしてまとめられ、16年7月に大半が黒塗りの状態で公表された。

<能代松陽高いじめ>被害女性が心境手記

「何度も死にたいと思いました」「(学校側に)どんなに助けを求めても、誰も助けてくれませんでした」。
能代松陽高に在籍時、いじめを受けた女性(18)は再調査請求に当たり、弁護士を通じて当時の心境をつづった手記を寄せた。
女性によると、1年生だった2014年の夏以降、運動部の部活中に同学年の部員からボールを体にぶつけられてあざができたり、「死ね」「消えろ」などと暴言を吐かれたりした。クラスでもいじめが起きるようになった。
取材に対して、女性は「学校に居場所がなくなったが、必死の思いで耐えた」と振り返った。
やがて心身に変調をきたし、睡眠障害になったほか体重が激減した。県教委の勧めで、16年4月に別の高校に避難した。
手記には「いじめられて自分で命を絶った子たちの気持ちが、この3年間で痛いほど分かった」と書かれている。
女性は「学校が早い段階で対応してくれれば長引かず、避難する必要もなかったはずだ」と訴えている。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn