令和元年8月26日付朝日新聞滋賀版

越直美・大津市長に聞く いじめ防止への取り組み

夏休みが終わり、新学期が始まる。でも、いじめや人間関係などに悩み、「学校に行くのがつらい」と感じている子どもらの救いとなる居場所はあるのだろうか。小学生と高校生の時にいじめに遭い、今はいじめ防止の政策を進める側となった大津市の越直美市長(44)に取り組みへの思いなどを聞いた。(山中由睦(よしちか)、新谷千布美)

――市長自身も、子ども時代にいじめを受けた経験があるそうですね

小学3年と高校生の時です。親に相談することもできず、休めない。学校に行くことが苦痛でした。

自分の居場所は小学校の時は家に帰ってから。学年が違う友達がいて、私がいじめられていることを知らないので一緒に遊べました。高校の時はクラスで話す人がいなくて悪口を言われても、授業が終わって所属していた水泳部に行くと違うクラスの友達がいました。放課後になるのが待ち遠しかった。

自分がクラスでいじめられている時、それ以外のコミュニティーがあるということも居場所の一つなんだと思っています。

――「居場所」で、いじめられていることを打ち明けられましたか

言えなかったです。いじめられている人間であるということが、恥ずかしいと思っていたので相談はしませんでした。ただ相談できなくても、いじめを受けていることを知らない友達がそばにいたのは良かったと思います。

――市立中学2年の男子生徒が自殺してから8年。子どもの居場所をつくるため、市はどんな取り組みをしてきましたか

子どもの居場所づくりはとても大事。学校以外にフリースクールをつくるとか、(夏休み明けに)学校に行きたくないと思えば、全然行かなくてもいいと思う。いじめられた子どもの声を聞くと、「学校に行きたいけれど行けない」という子どももいます。いじめた人は学校に行っているのに。加害者は学校に行けて、いじめられた子どもが学校から疎外されてしまうのは絶対におかしい。

行きたいと思った時に行ける場所や教室を、学校内につくる必要があると考えています。

――大津市では市立の55全小中学校に、いじめ担当の教員を配置していますね

担任を持たない「いじめ対策担当教員」を置き、いじめの情報が行き渡るようにしています。2010年度に市内のいじめの認知件数は53件でしたが、昨年度は3648件。いじめの対策担当教員が情報を収集し、それまで見逃していたいじめを見つけられるようになったのは大きな成果です。

保健室も大事な居場所です。保健の先生に「おなかが痛い」って言って会いに行くだけでもいい。学校の中の居場所。大津市は学校に1人ずつだった保健の先生を複数配置し、研修を受けてもらい、「こころとからだの先生」に認定する取り組みを進めています。

――学校の外では、いじめ対策推進室を設置し、相談調査専門員が相談を受ける窓口を設けました

教育委員会以外で相談できる場所をつくるためです。相談調査専門員に臨床心理士や弁護士がおり、自宅や公園など学校以外の場所で子どもから話を聞きます。

ただ相談室に本人が連絡することは、すごく勇気がいることです。子どもたちのコミュニケーションの手段は電話よりSNSに移っています。知らない人にいきなり電話するのはハードルが高いので、17年に無料通信アプリ「LINE」の相談窓口を設けました。

昔と違うのは、今は家に帰ってからもいじめが続くということです。大津市では小学生の5割、中学生の8割がスマートフォンや携帯電話を持っています。学校でのリアルないじめがSNS上でも続いてしまう。家に帰ってから助ける手段として、LINEの相談窓口はSNS上の「居場所」なのかなと思います。

――いじめ対策で足りないと感じていることは

いじめが見つかる件数は増えたけれど、先生がいじめと思っていなかったり、発見してもその後の対応がよくなかったりしたこともあります。

大津市では、いじめの疑いがあれば24時間以内に学校が教育委員会に報告書を提出します。これまでに約1万件の報告書があります。どういう対応だと解決し、逆に重大事態になってしまうのかをAI(人工知能)で分析しています。これから先生が大量退職する時代を迎えます。若い人がたくさん入っても「経験がないからいじめの対応ができない」ということがあってはなりません。

 

いじめなどの主な相談窓口(大津市調べ)

《大津市》

*おおつっこほっとダイヤル

電話0120・025・528

弁護士や臨床心理士らの相談調査専門員が、いじめなどに関する相談に応じる。平日の午前9時~午後5時(火曜日は午後8時まで)。

*おおつ子どもナイトダイヤル

電話077・523・1501

夜間も相談員が対応する。午後5時~翌午前9時。第3日曜日は24時間対応している。

《県》

*こころんだいやる

電話077・524・2030

おおむね30歳くらいまでが対象。午前9時~午後9時。

《県教委》

*いじめで悩む子ども相談員

電話077・567・5404

電話だけでなく、直接会う相談にも応じる。平日の午前9時半~午後6時。

《県警》

*少年課大津少年サポートセンター

電話077・521・5735

少年補導に携わる職員が、いじめや非行などの相談に乗る。平日の午前8時半~午後5時15分。

《滋賀弁護士会》

*こどもの悩みごと110番

電話0120・783・998

弁護士が20歳未満の子どもやその保護者を対象に応じる。水曜日の午後3~5時。

大津いじめ自殺問題 大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が2011年10月に自殺。市教育委員会はいじめと自殺との因果関係は不明として調査を終えたが、生徒の両親が12年2月に市や元同級生3人らに損害賠償を求めて提訴(3人のうち2人が賠償命令を受けたが控訴し、大阪高裁で係争中)。一方で市の第三者調査委員会が13年1月に「(元同級生2人の)いじめが

自殺の直接的要因」とする報告書をまとめたことを受け、市は15年3月、責任を認めて両親と和解した。この問題をきっかけに「いじめ防止対策推進法」がつくられ、13年9月に施行された。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年8月21日付神戸新聞

尼崎の中2男子、電車のはねられ死亡 転校前の神戸でいじめか 神戸市教委調査へ

2018年11月、兵庫県尼崎市立中学校2年の男子生徒=当時(14)=が同市内で電車にはねられて亡くなった事故を巡り、男子生徒が前年まで在籍していた神戸市立中学校や、その前に通っていた同市立小学校でいじめを受けていた可能性があるとして、神戸市教育委員会が調査することを決めた。関係者への取材で分かった。(大盛周平、佐藤健介)

男子生徒は、神戸市立小学校5年の秋から同市立中学校1年の秋まで神戸市北区で過ごした。

母親によると、小学校の卒業を控えた17年3月、自宅を訪れた当時の担任から、男子生徒の机に「死ね」などの落書きがあったことを告げられたという。

生徒は17年秋ごろに「いじめがトラウマになっている」として引っ越し、尼崎市立中学校に転校。しかし体調を崩して入退院を繰り返し、18年11月19日、JR神戸線尼崎-立花間の踏切内で電車にはねられて亡くなった。

その後、尼崎市教委は男子生徒が自殺したとみて学校生活などを調査し、いじめはなかったと結論づけた。一方、母親は事故直後、神戸市教委にも調査を要望していた。

両市教委が協議した結果、神戸市教委が当時の教員や生徒らに事情を聴くことを決めた。ただ、自殺といじめの因果関係について、神戸市教委の担当者は「神戸を出て時間がたっており、調べることは難しい」としている。

母親は「調査を望みながらここまで待たされた。早急に事実を明らかにしてほしい」と話している。

兵庫県教委は「国のガイドラインは、学校設置者(教委)がある市町でのいじめや不登校を想定している。違う自治体にまたがる事案については示されていない」と指摘。「遺族と意見を共有し、両市教委の相談に乗りながら進めたい」としている。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年7月17日付神戸新聞

神戸・高1転落 生徒本人が徹底調査希望 調査委が初会合

神戸市東灘区の市立六甲アイランド高校で2017年12月、当時1年の男子生徒が長時間の別室指導後に校舎から転落し一時重体になった問題を巡り、原因究明に当たる調査委員会の初会合が16日、同市内であった。生徒本人が意見陳述し、徹底調査を要望した。

代理人弁護士によると、生徒はツイッターで問題を起こしたなどとして2日間で約16時間の指導を受けた後、校舎5階から転落。今は転校し、後遺症で松葉づえを使っている。生徒側は市教育委員会への不信感から、市長部局下での第三者による調査委設置を要望。調査委は市教委に置かれたが、調査権限は市長部局の行財政局に委任された。

初会合では、委員長に愛知教育大の折出健二名誉教授を選出。今後、教員や生徒らから聞き取り、生徒が転落に至った背景を検証する方針を確認した。生徒側は意見陳述で、弁解の機会がないまま別室指導で教員に「退学や」と言い渡されたことや、治療で体中に金属が入り、後遺症で嗅覚も失われるといった現状を伝えた。その上で「真実が知りたい」とし、「教委や学校に忖度せず、徹底した調査を」と求める要望書を提出した。(佐藤健介)

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年7月12日朝日新聞

子どもの自殺、再調査でいじめ認定相次ぐ 遺族も不信感

子どもが自殺した原因や背景を調べるため、教育委員会が作った第三者委員会などの判断が再調査を経て覆され、「いじめが原因だった」と認定される例が続いている。遺族からの不満もあり、第三者委員会のあり方はいじめ防止対策推進法の改正に向けた焦点の一つだが、国会議員の議論はストップしている。

「やっと長いトンネルの出口が見えました。長く苦しい2年10カ月でした」

仙台市立中2年だった息子が2016年2月に自殺した男性は、昨年末の会見でこう語った。この日、市の第三者機関「いじめ問題再調査委員会」が、いじめを認定して「(自殺と)強い因果関係があった」と答申した。

息子が命を絶った直後から、市教委はいじめが原因となった可能性に否定的な立場を取った。発生翌日の会見で、市教育長(当時)は「継続したいじめで自殺に至ったというものではないだろう」と発言した。

約2カ月後には市教委が設けた第三者委が立ち上がったが、議論は原則非公開だった。17年3月の答申は、部活の後輩から「キモイ」と言われたなどの事実を認定。「いじめによる精神的苦痛が理由の一つ」としながら、詳しい経緯や加害者を明らかにしないまま、男子生徒については「発達上の課題があり、からかいの対象になりやすかった」とした。

「いじめられて当然と、自分の息子が悪いような書きぶり」と反発した男性は、再調査を申し入れた。ちょうど同じころ、別の市立中学2年の男子生徒(当時13)が自殺をした。市教育長が「いじめというよりからかい」と説明しながら、数日後には「過去にいじめがあった」と発言して対応が定まらないなか、文部科学省が「いじめの重大事態として扱うように」と異例の指導をした。これを受ける形で、市長が16年の自殺についても、いじめ防止対策推進法に基づく再調査の実施を決めた。

市長の下に設けられた新たな第三者委は、遺族推薦の弁護士らも委員となった。18年末の答申はいじめとの因果関係を認めただけでなく、当初の第三者委の答申に対しても「発達上の課題があることを、いじめの要因として結びつける論理は正当化されるべきではない」と批判した。

青森県でも、調査がやり直された。16年8月に青森市立中学2年の葛西りまさん(当時13)が自殺したことをめぐり、市教委の常設機関「いじめ防止対策審議会」は17年、「いじめと自殺の因果関係は分からない」としたうえで「思春期うつ」を自殺の一因とする最終報告案をまとめた。だが、遺族は「根拠がない」と批判し、市長が委員の交代や再調査を市教委に要請する事態となった。

委員全員を入れ替えた再調査の末、18年8月にまとまった最終報告ではいじめが自殺の引き金になったと認められ、学校側の組織的な対応の不備が指摘された。父親は会見で「(前の)審議会でしっかり調査してもらえればここまで苦しまずに済んだ」と語り、調査のあり方について検証を求めている。

同県東北町で16年8月に町立中1年の男子生徒(当時12)が自殺した際も、同じような展開だった。町教委の審議会は自殺の背景として、いじめ以外に「本人の特性」や「思春期の心性」を挙げ、遺族が反発。新たに設けられた再調査委は昨年3月、これらの表記について「推測の域を出ず、妥当ではない」と指摘し、「学校の対応の不備が原因となった可能性を否定できない」と結論づけた。

山口県の県立高2年の男子生徒(当時17)の自殺について、県教委の第三者委が「いじめのみを自殺の要因と考えることはできない」としたのに対し、県の調査検証委は今年2月、いじめが主因とする報告書を公表。神戸市立中学3年の女子生徒(当時14)が自殺した問題では、市教委の第三者委がいじめとの自殺との関係を明確にしなかったものの、市の再調査委が今年4月、関連性を認める判断を示した。(高橋昌宏、土井良典)

いじめ被害をどのように調査・検証をするのかは、「いじめ防止対策推進法」の改正作業でも大きな論点となっている。

今の制度では、経緯や原因の解明を第三者委に依頼するのかや、その場合の委員の人選は主に教育委員会が判断している。だが、「学校側に近すぎる」という批判があり、法改正に向けた検討をしている超党派の国会議員勉強会は被害者側が求めれば、最初から首長部局のもとに第三者委を設置でき、人選にも関われないか、検討してきた。

ただ、勉強会の座長の馳浩元文科相が4月に出した試案では、この内容が「自治体の負担が大きくなる」「教育への政治介入の懸念がある」などの理由で削られた。委員の人選についても「利害関係のない者を最低2人入れる」との内容にとどまった。これに対し、自殺をした子どもの遺族らの団体が強い反発を示し、議員の中からも再考を促す声が上がっている。

学校が取り組むべき対策をどのように法律に盛り込むのかなどをめぐっても、議員の間の意見が分かれ、勉強会の議論はその後、実質的にストップした。通常国会を目指していた、改正法案の提出も見送られた。(矢島大輔)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年7月8日付朝日新聞

暴力や金銭要求、同級生らに実態調査へ 岐阜の中3自殺

岐阜市の中学3年の男子生徒が転落死し、自宅からいじめを示唆するメモが見つかった問題で、市教育委員会は8日、生徒が通っていた中学校で、いじめの実態を調べるためのアンケートを始めた。

アンケートは3年生全員と死亡した男子生徒と同じ部活動の計約200人が対象。週内にも回収し、第三者委員会が調査する。

生徒の死亡後、学校には暴力や金銭要求を受けていたとの情報が寄せられ、市教委は生徒がいじめを受けていたと判断。第三者委が年内にも調査結果をまとめる。

市教委によると、5月末、いじめ被害を示唆するメモを男子生徒の同級生が担任に渡したが、担任は一部の事柄への指導にとどめていた。担任はメモを学年副主任の教諭だけに見せ、シュレッダーで廃棄した可能性が高いという。

また、男子生徒は1、2年生のときの定期アンケートでも「嫌なことをされた」「暴言をはかれた」と記したが、進級後の新クラスごとに結果を引き継ぐ仕組みがなかったことも新たに分かった。

この問題を受け、文部科学省は8日、担当者を岐阜市に派遣し、真相の解明や再発防止、遺族への対応、他の生徒の心のケアなどについて指導した。(高木文子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年7月7日付朝日新聞名古屋本社版

「心配です」同級生らのSOS生かせず 岐阜の中3死亡

岐阜市の中学3年の男子生徒がマンションから転落死したとみられる問題で、市教育委員会は5日、男子生徒が生前にいじめを受けていたことを認めた。学校には複数の情報が寄せられていたが校内で共有されず、さらに金銭要求があったなどの情報も出て、深刻さが浮き彫りになりつつある。

男子生徒が亡くなった3日夜に会見した校長は、生徒が給食で同級生から嫌いな食べ物を押しつけられたことがあり、担任の男性教諭が指導したと説明。「いじめで、とても困っていたのは把握していない」と話した。だが、校長の知らないメモが5月末に担任教諭に届いていた。

「心配です。私も一緒に戦います。先生、力を貸してください」

差出人は同じクラスの女子生徒。B5判のルーズリーフ1枚に、男子生徒が同級生から受けた仕打ちを、日時とともに記していた。

嫌いな野菜料理を押しつけられ、唐揚げを取られていたこと。筆箱を隠されたこと。見下したような態度を取られ、接し方がひどくなってきたこと。女子生徒が「大丈夫?」と聞くと「嫌だ。やめてほしい」と話していたこと――。

担任は女子生徒に「完璧にいじめです。指導します」と返事を書いた。その日のうちに、メモに名前があった男子生徒2人を呼び、嫌いな料理を押しつけたことについて指導した。

担任は亡くなった男子生徒に「心配している仲間がいる」と伝えたが、生徒は「周りからそう思われているのは意外」と答えたという。「担任はいじめという意識が薄れ、解決できたと思ってしまった」

(校長)。メモはその後、紛失。担任がシュレッダーで廃棄した可能性が高いという。

SOSは、男子生徒が亡くなる半月ほど前にも寄せられていた。校内の定期アンケートに別の生徒が「(男子生徒が)嫌な思いをしているのではないか」と記し、いじめがあることを示唆した。その後開かれた校内の会議では給食のトラブルは報告されたが、女子生徒のメモの内容は共有されず、学校は「配慮しながら見守っていく」とだけ決定。その6日後、生徒は帰らぬ人となった。

ビンタ、ける、金銭の要求、トイレで土下座――。生徒が亡くなった後、学校側は同級生十数人から多くの情報を把握した。校長はメモの存在も、警察から問い合わせを受けて初めて知ったという。

5日の会見で、校長は「情報を共有する職員の雰囲気、平素からの指導。問題が多々あった」と話した。早川三根夫教育長は「(亡くなった生徒は)先生に言っても救ってくれないという思いがあったのだろう」と、うなだれた。今後、生徒へのアンケートを実施し、外部の識者らでつくる委員会が詳しい事実関係などを調査する。(高木文子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年7月5日朝日新聞

岐阜の中3死亡、いじめほのめかすメモ 調査委を設置へ

岐阜市内のマンション駐車場で3日、同市内の中学3年生の男子生徒が倒れているのが見つかり、その後死亡が確認された。市教育委員会は、男子生徒がいじめを受けていた可能性があるとして、いじめ防止対策推進法に基づく調査委員会の設置を決めた。年内にも調査結果をまとめる。

岐阜県警の捜査関係者によると、男子生徒の自宅からは、いじめによる自殺をほのめかす内容のメモが見つかったという。県警は、いじめを苦に飛び降り自殺を図った可能性があるとみて調べている。

市教委によると、男子生徒の学校で6月に実施した定期アンケートで「困っている仲間はいないか」との設問に「(死亡した男子生徒が)嫌な思いをしていると思う」と回答した生徒がいた。また、5月末には、男子生徒が、給食の時間に同級生から嫌いな食べ物を押しつけられたこともあった。いずれも学校側が死亡した男子生徒への聞き取りを実施し、対象生徒を指導するなどして、経過を見守っていたという。

男子生徒が通っていた中学校では4日、校長が校内放送で生徒が亡くなったことを伝えた。スクールカウンセラーが生徒の心のケアにあたり、夜には保護者説明会が開かれた。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年7月4日付河北新報

<仙台・高1自殺>今月下旬以降に追加調査を実施 第三者委方針

宮城工高1年の男子生徒=当時(15)=が2018年8月に自殺した問題で、県教委の第三者委員会「いじめ防止対策調査委員会特別部会」の第5回会合が3日、県庁であった。第三者委は、7月下旬以降に追加の聞き取り調査を実施する方針を明らかにした。  非公開の会合後、取材に応じた部会長の長谷川啓三東北大名誉教授(臨床心理学)によると、会合の中でこれまでの調査内容を検討した結果、教員の指導内容に不明確な部分があることから、再調査が必要と判断した。対象は教員と生徒10人前後を想定する。  5月にあった第4回会合後、第三者委の委員と県教委の担当者が遺族の自宅を訪ね調査の進行状況を報告したという。次回会合は9月上旬に開く予定。第三者委は本年度中に事実関係や再発防止策などを盛り込んだ報告書をまとめる方針。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年7月4日付朝日新聞

中1自殺、顧問の指導との関連性に校長が言及

さいたま市で昨年8月に市立南浦和中学1年の男子生徒(当時13)が自殺した問題で、同校の益子慶次校長(60)が2日夜、報道陣に答え、生徒が所属したバドミントン部顧問の行き過ぎた指導が「自殺を招いた複雑な事情の一部となった可能性がある」と関連性に触れた。ただ、他の生徒への聞き取りでは、この生徒への直接の暴言は確認できず、今後の調査を待つとの姿勢を示した。

遺族は「顧問の行き過ぎた指導が自殺の原因の疑いがある」と訴え、第三者委員会による真相究明を市教委に要請。4日に同委員会が立ち上がる。

益子校長によると、顧問の暴言などを確認したのは昨年4月に校内で実施した体罰などに関するアンケート。当時2年の部員4人が「バカ」と言われたり胸ぐらをつかまれたりしたと回答した。

そこで益子校長が口頭で注意し、顧問が保護者や部員に謝罪した。ただ、その後も7月に、「1を言ったら10をやらないといけないんだぞ」と言われたり、夏休みに「圧を感じた」指導を受けたりしたという生徒もいた。

自殺後に生徒が部活で悩んでいたと聞かされた際、顧問の指導が原因の一部として「あったのかな」と考えたが、「一番の原因とは考えていない」と述べた。

益子校長は取材に先立って開かれた緊急の保護者会で約320人を前に、自殺の事実を伏せて不慮の事故とした経緯を説明。「『自殺をおおごとにしたくない』との遺族の意向を尊重し、学校から

提案した」と話したという。

益子校長は報道陣に「不慮の事故扱いとすることについては(もともと)市教委から『そういう選択肢もある』と提示された」と発言。これに対し、市教委は「当時の記録はないが、こちらから提案した

とは考えにくい」と否定している。

遺族は2日午前の会見で「自殺を公表すると、マスコミが駆けつけ大変なことになる」などと校長らに言われ、不慮の事故扱いに同意したと主張している。

益子校長はそうした説明は一切ないとした一方で、昨年12月に遺族から第三者委員会の立ち上げなど詳細調査の実施を求められた際には、「自殺の事実が外部に漏れ、根も葉もないうわさの流出の可能性がある。成育歴や家庭の状況を聞かれる」と、詳細調査のデメリットを伝えたことを明らかにした。(吉岡資、森治文)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年7月3日付毎日新聞

「被害者推薦の委員入れ、再立ち上げを」 山梨・中1自殺未遂の第三者委が意見書

山梨県北杜市で自殺を図った当時中学1年の女子生徒(14)がいじめを訴えたにもかかわらず学校側が「重大事態」と判断しなかった問題で、市教委が設置した第三者委員会(委員長=八巻佐知子弁護士)は3日、「第三者委を解散し、被害者推薦の委員を入れ、再度立ち上げるべきだ」とする意見書を市教委に提出した。

生徒側は第三者委のメンバーに自らが推薦する委員を入れることなどを要望していた。これに対し意見書は「(市教委が生徒側の)要望を詳細に聞き取り、対応を検討した事実はない」と指摘。

その上で「解散すべきだとする被害者側の要望に応じるべきだと判断した」としている。

市教委の担当者は「内容を精査し、教育委員会を開催し対応を検討する」と話した。

生徒は2017年11月に自殺を図りその翌月に文書でいじめ被害を訴えた。市教委は昨年7月に第三者委を設置していたが、委員選定を巡って被害者側と折り合わず、本格的な調査は始まっていない。【野呂賢治】

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn