≪東広島市指導死裁判 第16回弁論準備 広島地方裁判所≫

【日時】平成30年1月15日(月) 13:30

【法廷】209号法廷

〇原告ら

1 予見可能性及び因果関係の主張について平成30年2月16日までに提出する。

2 被告東広島市提出の「文書提出命令申立について3」(平成30年1月12日付け)について,同書面2項(11)、にある文書14の特定及び同書面にある除外事由の主張に対する反論を前項の期日までに提出する。

3平成29年10月25日付け検証の申立については、これを撤回する。

〇被告東広島市

原告ら第10準備書面にある求釈明に対する回答について,近日中に提出する。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪個人情報不開示処分取消等請求事件(アンケート開示)第1回弁論≫

【日時】平成29年12月7日(木) 10:00

【法廷】広島高等地方裁判所

〇一審原告

1 平成29年8月22日付け控訴伏陳述

2 平成29年11月30日付け控訴答弁書陳述

〇一審被告

1 平成29年8月28日付け控訴状陳述

2 平成29年11月30日付け控訴答弁書陳述

〇当事者双方

原判決記載のとおり原審口頭弁論の結果陳述

〇一審原告

平成29年10月11日付け控訴理由書陳述

平成29年10月17則寸け控訴理由書陳述

〇裁判長

一審被告は,個人の特定に繋がらない範囲で,更に記載事項の具体化ができないか検討されたい。

〇一審被告

1 アンケートの実施前に聴取された保護者,教職員がどのような経緯で聴取されたのかを明らかにすると個人を特定することになると考えている。

2 アンケートの実施後に聴取された教職員が,全員,アンケートの回答者か,確認して明らかにする。

3 本件条例14条7号力,キに該当する当該各事務及びその前提としての同号本文記載の市の機関としての事務は,それぞれ何を指すのか,具体的に明確にする主張を記載した準備書面を,平成30年1月15日までに提出する。

〇一審原告

一審被告においては,一審原告が主張するマスキングによってもなお個人が特定されることになる理由についても主張して頂きたい。

後に提出予定の一審被告の準備書面に対する反論及びマスキングに関する主張を記載した準備書面を,平成30年2月15日までに提出する。

〇裁判長

一審原告の控訴答弁書9頁の4項(2)の「時機に遅れた攻撃防御方法」記載の「去下されるべきである」との申出について,一審被告の意見を聴いた上で,その申出を却下する。

 

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪個人情報不開示処分取消等請求事件(指導の経緯)第7回弁論≫

【日時】平成29年11月22日(水) 10:00

【法廷】広島地方裁判所 305号法廷

原告

1 平成29年10月25日付け原告準備書面2陳述

2 甲8黒塗り部分については,以下のとおりである。

(1)次にある黒塗り部分は,原告代理人においてマスキング処理を施した。

ア 1枚目の7行目の「そこに」の直後

イ 1枚目の15行目

(2)その余の黒塗り部分は,別事件を本案とする証拠保全手続きにおいて,原告の提示命令の申立てに対し裁判所が提示命令を却下した部分について,被告担当者においてマスキング処理を施した。

被告

平成29年11月15日付け準備書面4陳述

準備事項等

被告

次のとおり準備する。【提出期限:11月15日】

本件文章の黒塗り部分の指摘事項について認否の可否を検討し,できる場合は,認否を記載した準備書面を提出する。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪東広島市指導死裁判 第15回弁論準備 広島地方裁判所≫

【日時】平成29年11月1日(水) 14:30

【法廷】209号法廷

〇原告ら

1 準備書面(10)(平成29年10月5日付け)及び11準備書面(平成29年10月25日付け)各陳述

2 予見可能性及び因果関係の主張について年内をめどに提出する。

〇被告東広島市

1 上記準備書面の求釈明に対する回答について検討する。

2 原告ら申立ての文書提出命令申立(平成29年(モ)第147号)に関して,文書提示命令申立について2(平成29年10月31日付け)により反論の書面を提出しているが,蒸し返しであるとの主張の他に個々の文書に対して提示義務がないことの法的根拠付けの主張をするかどうか検討する。

3 原告らからの検証の申し出(平成29年10月25日付け)については,写真が甲第6号証として提出されていることからも必要なしと考える。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪個人情報不開示処分取消等請求事件(指導の経緯)第6回弁論≫

【日時】平成29年10月11日(水) 10:00

【法廷】広島地方裁判所 305号法廷

準備事項等

原告

次の事項を記載した事項を提出する。【提出期限:10月25日】

(1)本件条例13条3号の除外事由について補充の主張

(2)マスキング部分の内容の指摘

被告

次のとおり準備する。【提出期限:11月15日】

(1)前回予定していた原告準備書面1に対する反論

(2)今回予定されている原告の準備書面に対する認否ないし反論

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪東広島市指導死裁判 第14回弁論準備 広島地方裁判所≫

【日時】平成29年9月11日(月) 14:30

【法廷】209号法廷

〇被告東広島市

1 準備書面(10)(平成29年9月8日付け)陳述

2 原告ら申立ての文書提出命令に対して被告から意見書面を提出したが、それに対して反論がなされたので、それに対する反論の書面提出をする。

〇原告ら

上記準備書面に対する反論の書面及び同(8)と同(9)にある求釈明に対する検討をする。
【提出期限10月27日】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

判 決

1 東広島市教育委員会が平成26年12月3日付けで原告に対してしか別紙文
書目録記載9ないし]。1記載の各文書に関する個人情報不開示決定のうち,
同目録記載9の各文書を不開示とした部分を取り消す。
2 東広島市教育委員会は,原告に対し,別紙文書目録記載9の各文書を開示す
る旨の決定をせよ。
3 原告のその余の請求をいずれも棄却する。
4 訴訟費用はこれを11分し,その10を原告の負担とし,その余は被告の負
担とする。

(別紙)
文書目録

1 調査委員会が実施した「生徒アンケニト」のアンケートの回答者が直接記載
した原本
2 調査委員会が実施した「生徒アンケート(10月29[ヨ当日]」のアン
ケートの回答者が直接記載した原本
3 調査委員会が実施した「保護者アンケート」のアンケートの回答者が直接記
載した原本
4 調査委員会が実施したF教員アンケート」のアンケートの回答者が直接記載
した原本
5 「アンケート集計結果 生徒アンケート」
6 「アンケート集計結果 生徒アンケート(10月29日当日)」
7 「アンケート集計結果 保護者アンケート.
8 「アンケート集計結果(教員)」
9 調査委員会が実施した「関係教職員への聴取記録」
10 調査委員会が実施した「保護者への聴取記録」
11 調査委員会が実施した「聴取承諾生徒への聴取記録」

以上

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

≪東広島市指導死裁判 第13回弁論準備 広島地方裁判所≫

【日時】平成29年7月26日(水) 10:00

【法廷】209号法廷

〇被告東広島市

1 準備書面(6)(平成29年5月18日付け),準備書面(7)(平成29年5月18日付け),準備書面(8)(平成29年7月14日付け)及び準備書面(9)(平成29年7月14日付け)各陳述

2 原告ら文書提出命令についての意見書及び第9準備書面に対する反論の書面を,提出する。
【提出期限:平成29年8月31日】

〇原告ら
1 求釈明(平成29年7月11日付け)陳述
2 上記被告東広島市からの反論の書面が提出された後、原告としては専門家に意見を求め,それを後日提出したいと
考えている。
〇日本スポーツ振興センター
原告らからの求釈明のある文書の提出について検討する。
【提出期限:平成29年8月31日】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn