平成30年2月15日朝日新聞本社版

「学校しんどい」中2女子が自殺 母親、学校側に不信感

兵庫県尼崎市立中2年の女子生徒(当時13)が昨年12月、「学校がしんどい」などとするメモを残して自殺していたことがわかった。市教委は生徒間のトラブルが背景にあった可能性があるとして、いじめの有無などを調査する学識者らの第三者委員会を立ち上げる方針を固め、準備を進めている。

遺族や市教委によると、女子生徒は昨年12月20日夕方、自宅で首をつった状態で発見され、死亡が確認された。現場には「学校がしんどいです。

もう無理です」などと本人が書いたメモが残されていたという。

学校は全校生徒対象のアンケートや一部生徒への聞き取りを実施。市教委は1月下旬、「長期にわたる暴行などの情報はないが、生徒間でトラブルがあった可能性はある」と判断し、詳細調査のため第三者委設置を遺族に打診したという。

これに対し、女子生徒の母親は14日に会見を開き、「アンケートなどで得られた情報について学校に説明を求めても、ほとんど教えてもらえない」「学校や市教委が十分な調査をしないまま第三者委を立ち上げても、真相解明ができるのか疑問」と不信感を表明。同日、これまでの調査結果の開示などを求める申入書を市長と教育長に提出した。(宮武努)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年2月15日神戸新聞

学校しんどい」中2自殺 第三者委設置へ

兵庫県尼崎市内の中学2年の女子生徒=当時(13)=が昨年12月に自殺したことを受け、同市教育委員会は14日、有識者らによる第三者委員会を設置する方針を明らかにした。生徒は「学校がしんどい」とのメモを残して亡くなっており、いじめの有無などについて専門家が詳しく調査する。

生徒は12月20日に亡くなった。学校はその後、全校生徒へのアンケートや個別の聴き取りを実施。しかし、学校の調査に限界があるとして、市教委が第三者委の設置方針を決めた。

一方、生徒の母親らが14日、市役所を訪れ、市長と教育長宛てに申入書を提出。学校側が当初承諾したアンケート結果の開示を後に市教委が拒んだことや、調査結果の情報がわずかしか伝えられなかったことなどで不信感を持ったといい、調査結果の速やかな開示▽遺族の意向が確認されないまま生徒の死が報道された経緯の説明▽在校生に対する十分なケア-などを求めた。

会見を開いた母親は「もう無理です」とも書かれていた生徒のメモに触れ、「心がどんどん重くなるような積み重ねがあったのかもしれない」と話した。

(岡西篤志)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年12月25日神戸新聞

「部活疲れた」中2女子自殺か 部屋にメモ残し首つ

兵庫県尼崎市立中学2年の女子生徒(13)が20日に自宅で首をつった状態で亡くなっていたことが24日、関係者への取材で分かった。女子生徒の部屋には「学校の部活動に疲れた」という内容のメモが残されており、自殺の可能性があるという。

関係者によると、20日午後4時45分ごろ、尼崎市内の自宅で家族が発見し、119番。搬送先の病院で死亡が確認された。

2段ベッドの上部にかけた電気コードのようなものが、首に巻きついていたという。女子生徒は中学校で運動部に所属。尼崎市教育委員会は、いじめの有無も含め関係者から事情を聴いている。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn