平成30年10月13日東京新聞

川口の中学生3度自殺未遂 母「早く動いてくれれば」

埼玉川口市いじめ

「いじめはまだ解決していない」と訴える男子生徒の母親=埼玉県川口市で

埼玉県川口市の市立中学校三年の男子生徒(14)が、入学当初からのいじめを苦に三度の自殺未遂を図っていた問題で、生徒の母親(43)が十二日、本紙の取材に応じた。

生徒は担任教師に助けを求めたが、対応されず、第三者調査委員会の設置も遅かった。母親は「学校や市教育委員会がもっと早く動いていれば、こんなことにならなかった」と憤った。

母親によると、男子生徒は入学間もない二〇一六年五月ごろから、所属するサッカー部の先輩や同級生ら十数人から仲間外れやからかい、暴言を受けるようになった。九月には、いじめの内容や加害生徒の名前を記し「助けてください」と訴える手紙を担任教諭に複数回、手渡した。だが、何の対応もなく、自宅で首つり自殺を図った。

その後も学校の動きは鈍く、男子生徒は十月、二度目の自殺を図った。二度目の自殺未遂を受け、学校はようやく無記名のいじめ調査をしたが、母親は教頭から電話で「いじめは認められなかった」と伝えられた。

一七年四月、男子生徒は自宅近くのマンションから飛び降り、頭や太ももなどの骨を折る大けがをし、車いす生活になった。市教委が、いじめ調査の第三者委員会を設置したのはその七カ月後。母親には知らされなかった。いじめ防止対策推進法では、自殺未遂など命にかかわる事案は「重大事態」とし、教育委員会は速やかに第三者委員会を設置しなければならない。

川口市教委の岩田直代指導課長は「学校に対応を任せたのと、男子生徒から事情を聴ける状態ではないと保護者から聞いていたので、設置が遅れた。設置の説明も担当がしたと聞いている」と説明している。

今年六月、学校で加害生徒から謝罪を受ける席が設けられ、いじめにかかわった生徒の半数ほどは謝罪し、関係は改善した。一方、その席で「自殺を他人のせいにするな」と非難する保護者もいたという。母親は「息子の望みは、いじめた生徒から謝罪をしてほしいだけなのに、かなえられない」と悔しさをにじませた。 (浅野有紀、柏崎智子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年5月10日埼玉新聞

<飛び降り中3死亡>顧問に「リーダー続ける」…決意の2日後に死亡

  川口市立中学3年の女子生徒(14)が歩道橋から飛び降りて死亡した問題で、生徒が通っていた中学の男性校長(55)が9日、埼玉新聞の取材に応じ、女子生徒が死亡の2日前に部活のことで顧問に相談していたことを明らかにした。女子生徒は「続ける」と決意した2日後の5日朝、部活の練習に向かう途中に死亡した。

 校長は女子生徒について「部活の中で人間関係のトラブルを抱えていたことは把握していたが、いじめとは認知していなかった」と述べ、「生徒の保護者に連日面会した結果、いじめがあったのかどうかを視野に入れた客観的な調査が必要と判断し、市教委に伝えた」と語った。

 校長によると、女子生徒は吹奏楽部の人間関係でトラブルを抱えていた。しばしば衝突があり、顧問教諭が話を聞いて和解を指導。その都度解決を図り、校長にも報告があった。このトラブルを学校として、いじめとは認識していなかった。

 しかし女子生徒の死亡後、校長が連日保護者と接触した際、保護者から「娘からいじめられた、と聞いていて、その都度学校に相談してきた」と強い訴えがあり、校長は客観的な調査が必要だと判断したという。

 女子生徒は打楽器のパートリーダーを務めてきたが3日、部活顧問の女性教諭に「このままリーダーを継続するかどうか」について相談した。顧問は、このまま続ける▽2年生部員に譲る▽ほかの3年生に譲る―のいずれかを選ぶように勧めた。女子生徒は10分近く考えている様子だったが「もう1回やります」と話した。顧問は「バックアップするよ」と激励したという。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年5月9日埼玉新聞

女子中生、飛び降り死亡 顧問らに「部活やめたい」、母も相談/川口

  川口市立中の女子生徒(14)が歩道橋から飛び降りて死亡した問題で、女子生徒が今年1月「部活をやめたい」などと部活の顧問や担任教諭に相談していたことが8日、市教委の調査で分かった。

同じ時期、母親も校内の教育相談室に「娘が人間関係で悩んでいるようだ」と相談していたという。

 女子生徒は吹奏楽部に所属、打楽器部門を務めていた。しばらく部活を休んでいたがその後、女子生徒は「音楽は続けたい」と話し部活に戻ってきたため、担任や顧問は見守っていたという。

 市教委の井上清之教育部長(57)は「相談に乗っている最中のことであり、学校としては気に掛けていた生徒だった。それだけに生徒の死は学校にとっては大変つらいことだった。市教委としても女子生徒の死の背景について慎重に調べなくてはいけないと思う」と語った。

 今年4月の校内アンケート調査で、女子生徒は勉強のことや将来の進路、部活などで悩んでいると書いたが、いじめを受けたとは書いていなかった。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn