令和元年7月8日付朝日新聞

暴力や金銭要求、同級生らに実態調査へ 岐阜の中3自殺

岐阜市の中学3年の男子生徒が転落死し、自宅からいじめを示唆するメモが見つかった問題で、市教育委員会は8日、生徒が通っていた中学校で、いじめの実態を調べるためのアンケートを始めた。

アンケートは3年生全員と死亡した男子生徒と同じ部活動の計約200人が対象。週内にも回収し、第三者委員会が調査する。

生徒の死亡後、学校には暴力や金銭要求を受けていたとの情報が寄せられ、市教委は生徒がいじめを受けていたと判断。第三者委が年内にも調査結果をまとめる。

市教委によると、5月末、いじめ被害を示唆するメモを男子生徒の同級生が担任に渡したが、担任は一部の事柄への指導にとどめていた。担任はメモを学年副主任の教諭だけに見せ、シュレッダーで廃棄した可能性が高いという。

また、男子生徒は1、2年生のときの定期アンケートでも「嫌なことをされた」「暴言をはかれた」と記したが、進級後の新クラスごとに結果を引き継ぐ仕組みがなかったことも新たに分かった。

この問題を受け、文部科学省は8日、担当者を岐阜市に派遣し、真相の解明や再発防止、遺族への対応、他の生徒の心のケアなどについて指導した。(高木文子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年7月7日付朝日新聞名古屋本社版

「心配です」同級生らのSOS生かせず 岐阜の中3死亡

岐阜市の中学3年の男子生徒がマンションから転落死したとみられる問題で、市教育委員会は5日、男子生徒が生前にいじめを受けていたことを認めた。学校には複数の情報が寄せられていたが校内で共有されず、さらに金銭要求があったなどの情報も出て、深刻さが浮き彫りになりつつある。

男子生徒が亡くなった3日夜に会見した校長は、生徒が給食で同級生から嫌いな食べ物を押しつけられたことがあり、担任の男性教諭が指導したと説明。「いじめで、とても困っていたのは把握していない」と話した。だが、校長の知らないメモが5月末に担任教諭に届いていた。

「心配です。私も一緒に戦います。先生、力を貸してください」

差出人は同じクラスの女子生徒。B5判のルーズリーフ1枚に、男子生徒が同級生から受けた仕打ちを、日時とともに記していた。

嫌いな野菜料理を押しつけられ、唐揚げを取られていたこと。筆箱を隠されたこと。見下したような態度を取られ、接し方がひどくなってきたこと。女子生徒が「大丈夫?」と聞くと「嫌だ。やめてほしい」と話していたこと――。

担任は女子生徒に「完璧にいじめです。指導します」と返事を書いた。その日のうちに、メモに名前があった男子生徒2人を呼び、嫌いな料理を押しつけたことについて指導した。

担任は亡くなった男子生徒に「心配している仲間がいる」と伝えたが、生徒は「周りからそう思われているのは意外」と答えたという。「担任はいじめという意識が薄れ、解決できたと思ってしまった」

(校長)。メモはその後、紛失。担任がシュレッダーで廃棄した可能性が高いという。

SOSは、男子生徒が亡くなる半月ほど前にも寄せられていた。校内の定期アンケートに別の生徒が「(男子生徒が)嫌な思いをしているのではないか」と記し、いじめがあることを示唆した。その後開かれた校内の会議では給食のトラブルは報告されたが、女子生徒のメモの内容は共有されず、学校は「配慮しながら見守っていく」とだけ決定。その6日後、生徒は帰らぬ人となった。

ビンタ、ける、金銭の要求、トイレで土下座――。生徒が亡くなった後、学校側は同級生十数人から多くの情報を把握した。校長はメモの存在も、警察から問い合わせを受けて初めて知ったという。

5日の会見で、校長は「情報を共有する職員の雰囲気、平素からの指導。問題が多々あった」と話した。早川三根夫教育長は「(亡くなった生徒は)先生に言っても救ってくれないという思いがあったのだろう」と、うなだれた。今後、生徒へのアンケートを実施し、外部の識者らでつくる委員会が詳しい事実関係などを調査する。(高木文子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年7月5日朝日新聞

岐阜の中3死亡、いじめほのめかすメモ 調査委を設置へ

岐阜市内のマンション駐車場で3日、同市内の中学3年生の男子生徒が倒れているのが見つかり、その後死亡が確認された。市教育委員会は、男子生徒がいじめを受けていた可能性があるとして、いじめ防止対策推進法に基づく調査委員会の設置を決めた。年内にも調査結果をまとめる。

岐阜県警の捜査関係者によると、男子生徒の自宅からは、いじめによる自殺をほのめかす内容のメモが見つかったという。県警は、いじめを苦に飛び降り自殺を図った可能性があるとみて調べている。

市教委によると、男子生徒の学校で6月に実施した定期アンケートで「困っている仲間はいないか」との設問に「(死亡した男子生徒が)嫌な思いをしていると思う」と回答した生徒がいた。また、5月末には、男子生徒が、給食の時間に同級生から嫌いな食べ物を押しつけられたこともあった。いずれも学校側が死亡した男子生徒への聞き取りを実施し、対象生徒を指導するなどして、経過を見守っていたという。

男子生徒が通っていた中学校では4日、校長が校内放送で生徒が亡くなったことを伝えた。スクールカウンセラーが生徒の心のケアにあたり、夜には保護者説明会が開かれた。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年7月3日付朝日新聞

中3男子死亡、飛び降りか いじめ調査へ 岐阜市教委

3日午前8時すぎ、岐阜市のマンション駐車場で人が倒れていると通行人から消防に通報があった。岐阜県警によると、倒れていたのは、市内に住む中学3年生の男子生徒(14)で、病院に搬送後、出血性ショックにより、死亡が確認された。男子生徒は全身を強く打っており、県警は、飛び降り自殺を図った可能性もあるとみて調べている。

男子生徒の死亡を受けて、岐阜市教育委員会は同日夜、会見を開いた。市教委によると、5月末、亡くなった男子生徒が、給食の時間に同級生から嫌いな食べ物を押しつけられたことがあったという。担任が把握し、押しつけた生徒を指導。同校では、その後の経過を見守っていたという。

同校では、6月17日に全校を対象とする生活アンケートを実施。その際、亡くなった生徒の回答にはいじめを受けていることを示す内容はなかったという。

市教委では、外部委員で構成するいじめ調査委員会を設置し、調査する方針。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn