2021年2月17日付東京新聞

前橋・高2自殺 報告書の全文判明 重要証言削除し送付 遺族「都合悪い部分隠蔽では」

伊藤有紀さん(遺族提供)

伊藤有紀さん(遺族提供)

 前橋市の群馬県立勢多農林高二年だった伊藤有紀さん=当時(17)=が二〇一九年二月に自殺した問題で、県教育委員会が設けた有識者の県いじめ問題等対策委員会がまとめた調査報告書の全文が分かった。県教委は当初、死に関連した複数の重要な証言や指摘を削除して一部だけを遺族に送付した事実が判明。父親(65)は取材に「非人道的なやり方だ。最初から全文を渡すべきだった。都合の悪い部分を隠蔽(いんぺい)したと感じる」と厳しく批判している。 (菅原洋、市川勘太郎)
 報告書の本文の全文は七十一ページだが、昨秋に遺族へ送付したのは二十八ページ。このため、父親は県教委に全文を情報公開請求し、今月上旬に全文が公開された。
 この問題では、報告書は一九年一月にクラス発表の配役を巡り、同級生の言動に有紀さんへのいじめがあったと認定した。
 しかし、いじめの言動があった同じ日に、有紀さんが「死ねと言われた」と訴えたことは証言がないとしていじめと認めなかった。有紀さんはその二週間後に亡くなった。
 この訴えについて、全文では「同級生が『死ね』みたいなことを言っていた。(有紀さんに)聞こえてたような」との証言があるが、当初の送付分では削除。別の同級生が「『死ね』のフレーズは使用したかもしれない。(有紀さんには)直接言っていない」と証言した部分も削除された。
 父親は「娘に『死ね』と言った同級生らが有識者の調査に素直に認めるわけない。この証言は遺族にとって重要だ。削除したのは許せない」と語気を強めた。
 さらに全文では、有紀さんが「亡くなる当日かその少し前か、三〜四人の友人に『私もうすぐで死んじゃうのかな』と言っていた」との証言もあるが、当初の送付分では削除。父親は「娘のSOSだったのではないか」と声を震わせた。
 一方、有紀さんは自殺未遂をしていたが、把握した学校側が県教委への報告などを怠っていた事実が既に判明している。
 全文では提言で自殺未遂に触れ「学校の組織的な事後的対応が不十分であったことは、自死防止の観点から問題があった」と指摘。当初の送付分ではこの指摘も削除された。父親は「教育委員会や学校にとって都合の悪い部分を隠蔽したのでは」と憤っている。
 県教委によると、報告書の全文を当初は送付しなかったのは、有識者の委員会による判断。県教委が削除し、要点を遺族へ送った。情報公開で全文を開示したのは、条例などに基づいた県教委の判断という。担当者は「削除は意図的ではない。結果的に(遺族にとって重要な部分は)残らなかった」と説明している。
シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2020年12月2日付東京新聞群馬版

前橋高2いじめ1

亡くなった伊藤有紀さん=遺族提供

 前橋市の群馬県立勢多農林高二年だった伊藤有紀さん=当時(17)=が昨年二月に自殺したとみられる問題で、県いじめ問題等対策委員会が先月三十日夜に公表した調査報告書の概要は、いじめは亡くなった主要因ではないとする結論となった。父親(64)は取材に「亡くなる前に同級生に『死ね』と言われたことや、いじめを訴えるメモも多く残したのに、いずれもいじめと認められず、納得できない。亡くなった原因もいじめときちんと認めず、怒りを感じる」と語気を強めた。 (菅原洋、市川勘太郎)
 この問題では、同高が昨年三月に基本調査結果を公表。同一月にクラス発表の配役を巡り、同級生の言動に有紀さんへのいじめがあったと認定した。
 しかし、いじめの言動があった同じ日の直後に、有紀さんが「死ねと言われた」と訴えたことは証言がないとしていじめと認めなかった。有紀さんはその二週間後に亡くなった。
 さらに、有紀さんは醜いネズミ「ハダカデバネズミ」に似ているという趣旨を言われたことなどを二十七枚のメモに残していたが、いずれも証言がないとしていじめと認めなかった。
 このため遺族がいじめ委の調査を求め、昨年四月から弁護士や大学教授らが出席して二十三回開かれた。
 県教委といじめ委は三十日夜、県庁で記者会見。調査報告書は七十一ページだが、遺族の了承が得られていないとして四ページの概要の公表にとどめた。
 概要によると、基本調査がいじめと認定した配役を巡る同級生の言動は「配役が『何であいつなんだ』など(有紀さんを)非難する悪口を言った事実、苦痛を感じていた事実がある」としていじめと認定した。
 しかし、その直後に有紀さんが「死ねと言われた」と訴えた点は「確認できなかった」とした。
 二十七枚のメモもいじめとは「認定できない」とし、会見でいじめ委の小磯正康委員長(弁護士)は「メモのみでは認定できず、考え過ぎと考えられるものもあった」と説明した。
前橋高2いじめ2

記者会見する小磯委員長=いずれも前橋市で

 小磯委員長は亡くなった要因に触れ「いろいろなものが複合的だ。いじめの要因があったとしても主要ではない」と述べたが、詳細は「遺族の了承が得られていない」として繰り返し言及を避けた。
 同席した遺族推薦の臨時委員の池末登志博弁護士は「さまざまな点で委員が同じ方向を向いて議論したことはなく、論点で意見が分かれたこともある。最終的に一致させるようにした」と明かした。
 父親は「報告書はまず送ってもらい読んでから、小磯委員長から説明を受けるかや、公表するかについて判断したい」と考えていた。このため「遺族が報告書を受け取る前に、勝手に概要を公表したのは許せない」と憤った。
シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2020年12月1日付朝日新聞

前橋の高校生自殺、いじめ「主要因ではない」 第三者委

前橋高2いじめ

群馬県教育委員会に調査結果を答申する第三者委員会の小磯正康委員長(左)=2020年11月30日午後4時1分、群馬県庁、森岡航平撮影

群馬県立高校2年の女子生徒(当時17)が昨年2月に自殺し、遺族が「学校でのいじめが原因だった」と訴えている問題で、県教育委員会が設置した第三者委員会は30日、調査結果を県教育長に答申した。いじめにあたる言動があったと認める一方、「自死の要因としては主要なものではない」「複合的なもの」とし、自殺との因果関係は認めなかった。

遺族の要望で昨年4月に設置された第三者委は、大学教授や弁護士らが同級生や教職員、両親らへの聞き取りやアンケートをもとに事実関係を検証し、再発防止策を話し合ってきた。

亡くなる直前に学校行事の配役をめぐり、他の生徒の「何であいつなんだ」などの発言に女子生徒が苦痛を感じていたとみられる点を、「いじめ」と認めた。学校の調査もこれをいじめと認定しており、新たないじめは確認されなかった。

第三者委の詳細な報告書は「遺族の了解が得られていない」として30日時点では公表されなかった。答申は、学校で教職員がいじめを正確に認知できる態勢が整っていなかったと指摘し、徹底した研修の実施などを求めた。(森岡航平)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2020年3月31日付東京新聞

前橋・高2死亡 いじめ新認定なく、遺族憤り 対策委が調査経過報告書

有紀さんの自室。亡くなった当時のままで、遺族は片付けられないでいる=前橋市で

有紀さんの自室。亡くなった当時のままで、遺族は片付けられないでいる=前橋市で

 前橋市の県立勢多農林高二年だった伊藤有紀さん=当時(17)=が昨年二月に自殺したとみられる問題で、県教育委員会が有識者らに依頼した県いじめ問題等対策委員会による調査経過報告書の内容が三十日、判明した。ただ、遺族が求めているいじめの新たな認定や死との因果関係は含まず、聞き取りやアンケートの回答内容すらも入っていない。遺族は取材に「一年間かかってこの内容とは、遅過ぎる。イライラが募る」と憤っている。(菅原洋)

◆死との因果関係含まず「再調査要請も」

 関係者によると、報告書は約十ページ。弁護士、精神科医、臨床心理士ら計約六人の委員が、昨年四月から今月まで十三回開いた会合や聞き取りなど調査の日程を羅列している。
 聞き取りは有紀さんの両親、教職員十一人、クラスの生徒十三人、中学時代の友人ら六人、有紀さんが通院したとみられる医療機関の二人、県教委職員四人に実施した経緯を記した。
 アンケートはクラスの生徒三十八人、部活動で関係があった生徒二十人に配布。回答はクラスで二十一人、部活動で九人からあったという。
 今後の対応については「引き続き検証作業を行うとともに、死亡に至る過程や心理の検証、再発防止策について審議していく予定」と記載。「なお、最終的な調査報告書については、検証結果や再発防止に向けた提言を整理した上、あらためて報告したい」と記し、最終報告の時期やその見通しも触れていない。
 有紀さんの父親(64)は聞き取りやアンケートへの協力者が少ない点に「学校が当初、生徒たちに娘の件について口止めし、子どもたちが萎縮しているからではないか」と指摘している。
 有紀さんの死を巡っては、学校が一年前に基本調査結果を公表。亡くなる約二週間前、ホームルームの時間にクラス発表の配役を打ち合わせ、ヒロイン役となった有紀さんに対して生徒が複数の否定的な発言をした。学校はこの点については、いじめと認めている。
 しかし、打ち合わせ後の当日、有紀さんが生徒から「死ねばいいのに」と言われたと訴えている点や、一年時に醜いハダカデバネズミに似ていると言われたという訴えを含む二十数枚のメモに書き残した点は、いじめと認めていない。
 父親は「(いじめ委の最終)報告に時間がかかっているだけに、学校の調査から進展がないと受け入れらない。いじめを新たに認め、死との因果関係も認定してもらわなければ、再調査の要請も考えたい」と強調している。
亡くなった伊藤有紀さん(遺族提供)

亡くなった伊藤有紀さん(遺族提供)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年5月24日付東京新聞

前橋・高2女子死亡 県いじめ対策委 遺族要請も委員交代せず

制服がかかったままの部屋=前橋市で

前橋・高2女子死亡1

前橋市の県立勢多農林高2年だった伊藤有紀さん=当時(17)=が2月に自殺したとみられる問題で、県教育委員会が第三者として依頼した県いじめ問題等対策委員会の委員1人について、父親(63)が公平・中立の観点から交代を要請したものの、実現していないことが23日、分かった。文部科学省の「子供の自殺が起きたときの背景調査の指針」は、第三者委による調査の公平・中立性などに対する遺族の要望を「十分に配慮する必要がある」と求めている。 (菅原洋、市川勘太郎)

高校時代に笑顔を見せる伊藤有紀さん=遺族提供

前橋・高2女子死亡2

「県教委の対応に納得できず、不信感が募る。娘を亡くして絶望しているのに、つらさに追い打ちを掛けられた」。父親は目を潤ませながら声を絞りだす。

父親が問題にするのは、五人いる委員のうち一人が桐生市で二〇一〇年に小学六年の女子児童が自殺した問題で、この調査委の委員を務めた事実だ。報告書はいじめが自殺原因の一つと認めながらも、両親から聞き取りせずに「家庭環境などの要因も加わった」と指摘。両親が強く反発した経緯がある。伊藤さんの父親は「人道的な調査ではない。両親から話を聞いていないのに、どうして家庭環境も指摘できるのか」と疑問を投げ掛ける。

父親は県教委の対策委には五人全員に不満がある。委員三人は前身の委員会の設置当初の一一年から委員。うち一人は県の審議会や別の委員会でも長年委員を務める。別の審議会で長年委員を務める人もいる。県の委員ではそれぞれ報酬が出ている。残る委員も県内の公職を務める。

全国では、いじめの第三者調査に対して公平・中立の観点から厳しい批判が続出し、各地で遺族側から第三者委の委員を地元以外から推薦するなどの動きが相次いでいる。

父親は「県から長年報酬を受け取ったり、県などと付き合いがあったりする人が、公平・中立にできるのか」と語気を強めた。

父親は今月上旬に県教委へ委員の交代を電話で求め、十七日に県教委を訪れたが、「特定の委員を除外しない」などと文書で回答があった。県教委の総務課は「桐生の委員会と委員一人が重なる事実を確認したが、父親が求めた事実関係を調査したものの、確認できなかった」と述べた。

県教委は二十二日夜、二回目の対策委を開き、父親から委員交代の要請があった件を報告。本年度をめどに報告書などを出せるように目指す。

三月末に同校による基本調査で一部でいじめがあったと認めたが、父親は「学校は都合のいいことは認めて後は認めない。不十分」と批判している。

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年4月11日付朝日新聞群馬版

高2自殺 第三者委員会がいじめとの関連を調査へ

前橋市で2月に群馬県立高校2年の女子生徒(17)が自殺した事案で、県教育委員会は10日、臨時の県教委会議を開き、第三者委員会での調査を決定した。4月中にも初会合がある。

3月末に報告された学校の基本調査の妥当性を検証し、いじめ行為の有無や自殺との関連を調査する。

第三委「県いじめ問題等対策委員会」は弁護士や精神科医、教育関係者ら5人で構成される県教委の常設の付属機関。今回の自殺がいじめ防止対策推進法の「重大事態」に相当するとし、改めて事実関係を確認。必要に応じて関係者から聞き取りなどをする。

学校の調査は、教職員や同級生から聞き取りなどを実施。一部言動でいじめを認めたが、自殺との関連は第三委の判断に委ねるとした。いじめを苦にした自殺として原因究明を求めている両親は反発している。(丹野宗丈)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年4月1日付朝日新聞

群馬高2自殺、学校がいじめ認定 原因究明は第三者委へ

前橋市で今年2月に自殺した群馬県立高校2年の女子生徒(17)について、学校は31日、原因究明を求めていた両親に調査結果を報告した。いじめにあたる言動が一部であったと認めた一方、自殺との関連の判断は県教育委員会が設ける予定の第三者委員会に委ねる考えを示した。

学校によると、教職員や同級生の聞き取りのほか、女子生徒の死後に見つかったメモなどを調査。1月18日にあった予餞(よせん)会(3年生の送別会)の打ち合わせで、クラス発表の配役をめぐる他の生徒の発言に女子生徒が苦痛を感じた点をいじめと認定した。

女子生徒の母親から昨年7月、「娘が(授業を苦に)自殺未遂を図った」と連絡があったり、一昨年10月に担任らの指導で女子生徒が涙を流して帰宅したりした事例も明らかにした。

学校は「生徒からの相談への組織的な対応に課題があった」とし、校長が謝罪した。(丹野宗丈、森岡航平)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年3月13日付朝日新聞群馬版

「これからもいじる」同級生の?手紙 高2自殺

群馬いじめ1

いじめられていたことをうかがわせる女子生徒が残したメモ=2019年3月9日午後6時53分、前橋市内

群馬いじめ2

女子生徒の自宅に入る校長=2019年3月12日午後4時49分、前橋市

群馬いじめ3

祭壇の遺影を見つめる女子高生の父親=2019年3月9日午後6時59分、前橋市内

いじめ解明へ第三者委 県教委

前橋市の踏切で今年2月、群馬県立高校2年の女子生徒(17)が電車にはねられ死亡した事故で、いじめを原因とした自殺だと主張している両親が12日、自宅を訪れた校長らに対し、第三者委員会の設置を要望した。これを受け県教委は、いじめの有無や因果関係を確認している学校の調査終了を待って、その妥当性を検証するため第三者委を設ける見通しだ。

女子生徒は2月1日、前橋市大胡町の踏切で電車に飛び込み、自殺した。高校入学の数カ月後から周囲の生徒に嫌がらせを受け、「いじめる生徒がいる」などと家族に相談し、女子生徒の死後にはいじめを示唆するメモも見つかったとして、父親(63)は詳しく調べるよう求めている。

校長らは12日午後5時前、花束を持って女子生徒の自宅を訪れた。校長は約30分間の両親とのやりとりやいじめの有無について報道陣には明かさず、1枚の紙に書かれたコメントを読み上げた。「更に詳細な状況を調査する必要がある」「いじめの有無を含んだ調査を、引き続き行う」などと述べた。

学校側が両親に示した調査の中間報告によると、学校は教員や女子生徒の同級生全員から聞き取りを実施。女子生徒が今年1月、ほかの生徒から「『死ね』と言われた」というトラブルを

担任に相談していたことが確認されたという。女子生徒の残したメモ書きが今月6日に両親から学校へ提供されたのを受け、このメモや作文などの調査を進め、改めて両親に説明するとしている。

父親は取材に、「今日は紙を渡されて読まれただけ。一体何しに来たのか」と憤った。さらなる調査のため、第三者委の設置を要望したという。

こうした状況を受け、県教委高校教育課は、いじめ防止対策推進法の「重大事態」にあたるとして、第三者委を設置する考え。ただ、資料の精査や他の生徒の心のケアに時間を要し、学校の調査終了は来月になる可能性もあるという。

同課の高橋章生徒指導係長は「家族の意向に添った調査が一番大事。家族と相談しながら、設置の時期などを決めたい」と話した。(丹野宗丈、山崎輝史)

 

「耐えられない」「気持ちが押しつぶされそうだ」――。2月1日に自殺した県立高校2年の女子生徒(17)がいじめや人間関係に悩んでいたことをうかがわせる25枚ほどの手書きのメモは、遺品の筆記用具入れの中にあった。亡くなってから2週間ほど経って父親(63)が見つけた。日付や時間を記したものや同級生と思われる名前が複数書かれたもの。調査のため、学校や県警に提供したという。

両親によると、娘へのいじめを初めて知ったのは高校1年の秋ごろ。路上で泣きながら帰宅する姿を目にした母親が尋ねると、「いじめてくる同級生がいる」と打ち明けた。担任の教員に訴えても取り合ってもらえず、逆に1時間ほど個室で大声で指導されたと話した。両親はすぐに学校で担任らと面会。「学校は『絶対にいじめなどはないようにします』と約束したが、結局は守ってもらえなかった」と父親は憤る。残されたメモには「先生は私の言葉を信じてくれなかった。ネットで悪口を言われているのは本当なのに」との記述もあった。

その後も帰宅後に30分もの間手を洗い続けたり、腹痛や頭痛などの体調不良を訴えたりしていた。亡くなる1年ほど前から精神かにも通院してカウンセリングも受けたという。「中学までは笑顔が絶えない明るい性格だったが、高校に入ってから別人のように表情が暗くなってしまった」と父親。「腫れ物に触るようで、理由を聞くに聞けなかった」と悔やむ。

今年1月ごろから体調が悪化し、特に頭痛に悩まされていた。それでも「大丈夫」と気丈に振る舞い、学校には通っていた。ただ、母親や姉には亡くなる1週間ほど前に「同級生から死ね、と言われた」などと明かしたという。

亡くなった日は学校で体調が急変し、家族が付き添って受診。医師から勧められて3日後に入院することになっていた。だが帰宅直後、自宅から姿を消し、600メートルほど離れた踏切で自ら命を絶った。

「なんで娘から目を離したのか」「学校に通わせなければよかった」と悔やむ両親。メモと一緒に同級生が書いたと思われる手紙も見つかった。「遅くなりましたが、誕生日おめでとうございます。

(中略)これからも貴方(あなた)様をいじるような事がありますがご了承下さい」と書かれていた。父親は訴える。「娘も悔しかったはず。いじめた同級生や放置した学校を許せない」(森岡航平)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年3月9日付朝日新聞群馬版

群馬の高2女子、いじめで自殺か 「もうつかれた」メモ

前橋市内の踏切で2月に電車にはねられ死亡した群馬県立高校2年の女子生徒(17)が、「もうつかれた」「耐えられない」などと書かれたメモを残していたことが県教育委員会や県警への取材でわかった。県教委などはいじめを苦に自殺した可能性がある、とみて調べている。

女子生徒は2月1日午後7時前、前橋市大胡町の上毛電鉄踏切で電車にはねられ、死亡した。残された数十枚のメモには、「先生は私の言葉を信じてくれなかった。ネットで悪口を言われているのは本当なのに」などと記されていた。

父親(63)によると、女子生徒は入学した数カ月後から周囲の生徒に嫌がらせを受けていたという。「いじめる生徒がいる」と家族に話し、体調不良も訴えた。教員から呼び出されて個室で厳しく指導され、泣きながら帰宅することもあったという。

亡くなる1カ月ほど前から体調が悪化。事故当日は、家族が付き添って病院で受診。帰宅後に姿が見えなくなったという。

父親らは県警と学校に、いじめがあったと相談。学校は友人らに聞き取りすると同時に、県警も関係者に話を聞くなどして、調べている。県教委は「学校による調査報告を待っている段階。

家族の意向も踏まえ、第三者委員会の設置も検討したい」としている。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn