平成28年12月17日 NHK新潟放送局

先月、新潟市で学校にいじめの相談をしていた高校1年生の男子生徒が自殺した問題を受けて、17日有識者による第三者委員会が新潟県庁で初めて開かれ、生徒がなぜ死に至ったのか解明するため徹底的に調査し、でるだけ迅速に問題点を明らかにする方針を確認しました。
先月、新潟市で、新潟工業高校1年生の男子生徒が列車にはねられて死亡し、自宅からは、同級生から
悪口をいわれるなどのいじめを受け、担任の教師に相談しても解決しなかったなどと記した遺書が見つかりました。
この問題を受けて、17日、有識者による第三者委員会が新潟県庁で初めて開かれ、冒頭、梅野正信会
長が、「ご遺族からの迅速かつ慎重に調査してほしいという意向を受け止めて審議したい」とあいさつしこのあと黙とうが行われました。
審議では、臨床心理士など委員を通常より4人増やし、生徒や教師などの聞き取り調査を徹底的に
行っていじめの実態を把握することや、そのうえで、生徒が自殺に追い込まれた経緯や、学校側の問題点や責任の所在を明らかにする方針を確認しました。
本格的な調査は来年早々にも始め、できるだけ迅速に提言としてまとめるということです。
梅野会長は、「なぜ生徒が死に至ったのか解明するのが私たちの責務だ。しっかりと進めていきたい」
と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/1035324491.html?t=1482014633250

 

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 平成28年12月11日 NHK

先月、新潟市で学校にいじめの相談をしていた高校1年の男子生徒が自殺した問題で、生徒は亡くなる直前に親友に対し、「これから死のうと思う。仲良くしてくれてありがとう」と、LINEでメッセージを送っていたことがわかりました。

先月21日、新潟市の新潟工業高校の1年の男子生徒が、自宅の近くで列車にはねられて死亡し、新潟県教育委員会は、いじめを苦に自殺した可能性が高いと見て調査しています。
男子生徒の40代の父親が10日、NHKの取材に応じ、自宅に残されていた生徒の遺書の内容を明らかに
しました。遺書では担任の教師にいじめの相談をしたものの、解決しなかったことが記され、「本当はもっと生きたかったけど、もう生きていける気がしない」と生徒の悲痛な思いがつづられていました。
父親によりますと、生徒は亡くなる日の前日は、ふだんより明るい様子で、夜の9時半ごろに就寝し、当日の朝、
父親が起きた時には、すでに姿が見えなかったということです。
生徒は午前5時半ごろ、列車にはねられましたが、そのおよそ30分前にLINEで、別の高校に通う親友の生徒
に対し、「これから死のうと思う。お前はもっとちゃんと生きてからこっちに来いよ。仲良くしてくれてありがとう」と、メッセージを送っていたということです。
生徒は10月下旬から3回にわたって、担任の教師にいじめのことを相談していましたが、家族には伝えず、
学校側も家族に連絡していませんでした。
父親はいじめを受けながら、打ち明けることができない子どもたちに対して、「我慢しないで親に言ってほしい。

言えない場合は、態度や行動ででもSOSを送って欲しい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161211/k10010802561000.html

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年12月10日朝日新聞 

 新潟市で11月、学校にいじめの相談をしていた市内の県立高校1年の男子生徒が列車にはねられて死亡した問題で、生徒の父親が9日、報道陣の取材に応じた。「生き地獄のような毎日でした」と書かれた生徒の遺書を示し、「元気がないとでも伝えてくれていれば……」と学校の対応に不満をにじませた。

 男子生徒は10月と11月に計3回、「複数の生徒からあだ名をつけて悪口を言われている」と担任に相談していたが、家族には伝えられなかった。高校は県教委にも報告しなかった。

 父親によると、生徒は11月20日、親友と父親と3人でカードゲームの大会に行った。自宅に帰り、午後9時半ごろ、寝る前に「おやすみ」と両親に伝えた。21日朝、父親が6時すぎに起きると、姿がなかった。

生徒は列車にはねられ死亡した。

 生徒の部屋の机には、ノートを切って書かれた遺書が置かれていた。「9月中旬から今に至るまでの平日は生き地獄のような毎日でした」「本当はもっと生きたかったけどもう生きていける気がしません」

 父親は「初めて聞いた内容。家では苦しいそぶりを見せなかった。声に出さなくても態度に出してくれたら」と話した。県教委は今月7日、いじめが自殺につながったとみて、第三者委員会に調査を依頼することを決めた。

 (加藤あず佐)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年12月6日NHK新潟放送局 

21日、新潟市で列車にはねられて死亡した高校1年生の男子生徒が「いじめ」について学校側に相談し自宅からは「いじめ」をほのめかす遺書のようなメモが見つかったことがわかりました。
新潟県の教育委員会は男子生徒はいじめを苦に自殺した可能性が高いとみて、教職員から聞き取りを
行うなどして調査することにしています。
21日午前5時ごろ新潟市西区のJR越後線の線路内で、新潟市内の県立高校に通う15歳の1年生の
男子生徒が列車にはねられ死亡し警察は現場の状況から男子生徒が自殺したとみています。
この男子生徒は、今月はじめ「校内でいじめられている」と学校側に相談していたほか、自宅からは、
「死にたい」などと書かれたいじめられていたことをほのめかす遺書のようなメモが見つかったことが新潟県教育委員会などへの取材で分かりました。
学校では、22日、全校集会を開いて、男子生徒が死亡したことや、いじめの相談を受けていたことを
生徒に伝えたということです。
県教育委員会は、男子生徒が、いじめを苦に自殺した可能性が高いとみて今後、教職員や生徒から
聞き取りを行うなどして調査することにしています。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年11月23日 NHK新潟放送局

21日、新潟市で列車にはねられて死亡した高校1年生の男子生徒が「いじめ」について学校側に相談し自宅からは「いじめ」をほのめかす遺書のようなメモが見つかったことがわかりました。 新潟県の教育委員会は男子生徒はいじめを苦に自殺した可能性が高いとみて、教職員から聞き取りを行うなどして調査することにしています。 21日午前5時ごろ新潟市西区のJR越後線の線路内で、新潟市内の県立高校に通う15歳の1年生の男子生徒が列車にはねられ死亡し警察は現場の状況から男子生徒が自殺したとみています。 この男子生徒は、今月はじめ「校内でいじめられている」と学校側に相談していたほか、自宅からは、「死にたい」などと書かれたいじめられていたことをほのめかす遺書のようなメモが見つかったことが新潟県教育委員会などへの取材で分かりました。 学校では、22日、全校集会を開いて、男子生徒が死亡したことや、いじめの相談を受けていたことを生徒に伝えたということです。 県教育委員会は、男子生徒が、いじめを苦に自殺した可能性が高いとみて今後、教職員や生徒から聞き取りを行うなどして調査することにしています。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn