平成29年8月28日朝日新聞
野球部員「100m走100本」で熱中症 コーチの指示

 私立美濃加茂高校(岐阜県美濃加茂市)硬式野球部の2年男子生徒(16)が部活動中に重度の熱中症で救急搬送され、集中治療室で一時治療を受けたことが分かった。コーチである男性非常勤講師(26)の指示で100メートル走を100本以上した後だったという。
 同校によると、コーチは8月16日午後1時ごろ、生徒に100メートル走を100本命じ、さらに30本を追加。
生徒は練習開始から約3時間後、残り数本のところで意識がもうろうとなって倒れたという。給水はコーチの許可を得るよう指示され、この間に生徒が補給したのは2回だった。16日の美濃加茂市の最高気温は27・8度だった。
 当時、近くには監督(33)もいた。監督はこうした練習内容を了承し、室内練習場で別の部員を指導しながら、この生徒の様子も時折見ていたという。
 生徒は搬送先の病院の集中治療室で5日間治療を受けるなど、1週間入院した。その後、自宅で療養し、28日は登校予定といい、野球を続ける意思を示しているという。
 生徒は主力として期待されていたといい、コーチは生徒の生活態度を理由に「気合を入れ直さないといけない」と考えたという。
 同校から連絡を受けた県高校野球連盟は25日、同校に報告書提出を求めた。同校は26日、コーチを無期限指導停止、監督を厳重注意の処分とし、部の保護者会を開いて再発防止策などを説明した。赤崎耕二校長は「体罰に近い行き過ぎた指導だった。生徒の健康管理を徹底し、二度と事故が起きないようにしたい」とコメントした。
 同校野球部は1973年創部で部員数54人。夏の甲子園に80、90年の2回、出場した。今夏の成績は岐阜大会8強だった。
■「事実なら体罰そのもの」
 〈体罰問題に詳しい日本体育大の森川貞夫名誉教授(スポーツ社会学)の話〉 事実なら、生徒への一方的な押しつけで体罰そのもの。高野連も注意喚起をしているのに、今どき信じがたい。なぜ健康管理がしっかりできなかったのか、学校の責任も問われる。仮に「気合」を入れ直すためであっても、なぜその練習をするのか本人が理解しなければ意味がない。指導者は科学的なトレーニング法を学習し、実践しなくてはならない。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月7日朝日新聞
北海学園大アメフット部員、練習中に倒れ死亡 熱中症か

 札幌市清田区の北海学園大清田ラグビー場で6日午後2時10分ごろ、練習中の同大のアメリカンフットボール部員から「熱中症のような症状で、目を開いたまま呼びかけに反応しない」と119番通報があった。部員の斉藤純希さん(21)=同市西区=が意識不明の状態で病院に運ばれたが、間もなく死亡した。
 札幌豊平署によると、斉藤さんは約30人の部員とともにランニングの練習中に倒れたという。同署は熱中症の可能性もあるとみて死亡原因を調べている。
 気象庁によると、6日の札幌市の最高気温は29・2度だった。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月7日朝日新聞
練習後走り倒れた女子マネジャー死亡 新潟の高校野球部

 新潟県加茂市の加茂暁星高校で7月、野球部の練習直後に倒れ、意識不明になっていた2年生の女子マネジャー(16)が、5日に入院先の新潟市内の病院で亡くなったことが県警への取材で分かった。死因は低酸素脳症だった。
 同校によると、女子生徒は7月21日午後5時半すぎ、同校から約3・5キロ離れた野球場での練習に参加。午後7時半ごろに練習を終え、男子部員と一緒に走って学校に戻った直後、玄関前で倒れたという。
 女子生徒は普段、球場を行き来する際は、用具などを積み込むマイクロバスに乗っていた。この日はけがをした部員がバスに乗るなどしたため、監督が「マネジャーはマイペースで走って帰るように」と指示していた。女子生徒が倒れた直後、駆けつけた監督は「呼吸は弱いけれどある」と判断し、救急車が来るまでの間、AED(自動体外式除細動器)は使用しなかったという。
 女子生徒は救急搬送された病院で治療を受けていたが、5日午後6時すぎに亡くなった。加茂署は業務上過失致死の疑いも視野に、関係者から事情を聴く方針。同校は朝日新聞の取材に対し、「生徒のご家族には誠意を持って対応し、このようなことが起こらないように対策を取りたい」とコメントしている。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年4月25日朝日新聞西部本社版

校内の柔道大会で後遺症 福岡県に1億2千万円賠償命令

  福岡市の県立高校で2011年、柔道の試合で頭を打ち重度の後遺症が残ったとして、当時1年だった男性(22)と両親が福岡県に計約2億6900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、福岡地裁であった。平田直人裁判長は「事故を未然に防止する注意義務に違反した」と過失を認め、県に計約1億2400万円の支払いを命じた。

 判決によると、11年3月、校内で開かれた武道大会で、男性はクラス対抗の柔道の試合に出場。

同級生と対戦中に転倒して畳で頭部を打ち、頸髄(けいずい)損傷などで四肢まひなどの重度の後遺症が残った。

 判決は、前年度の大会でも骨折など2件の事故があったのに、原因分析や予防策を協議した形跡がないと指摘。また生徒らの歓声で盛り上がり、冷静さを欠く試合になって事故が起きる可能性があったとし、「大会固有の危険性を十分に説明し、指導したとは認められない」と結論づけた。

 県側は「生徒の安全面に配慮した指導をした」などと主張していた。県教育委員会の城戸秀明教育長は「判決内容を慎重に検討し対応を考える。今後も安全指導の徹底を図っていきたい」とコメントした。(加藤美帆)

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年12月23日 大分合同新聞

  竹田市の竹田高校剣道部で練習中に重い熱中症(熱射病)で倒れ死亡した工藤剣太さん=当時(17)=の両親が、当時の顧問らに賠償責任を負わせるため、県に求償権を行使するよう求めた訴訟の判決で、大分地裁は22日、「元顧問に重過失があった」とする両親の主張を認め、元顧問に100万円の支払いを請求するよう県に命じた。
 両親の代理人弁護士は「学校事故における過失の程度を争った訴訟で、公務員の重過失を認めた判決は全国でも
初めてとみられる。画期的な判決」と評価。両親は「公務員であっても個人として責任を問われることを示した判決。

学校での子どもの安全を守ることにつながる」と述べた。
 事故があったのは2009年8月。事故の賠償責任が問われた別の民事訴訟の判決は、県などに賠償金の支払いを
命じた。両親は今回の訴訟で、県の賠償金について「元顧問らが負担するべきだ」と主張。国家賠償法は、公務員に重過失があった場合は、県が公務員に賠償金を負担させる「求償権」を持つと定めており、訴訟では元顧問らの重過失を認定するかが最大の焦点となった。
 竹内浩史裁判長は「事故当時、剣太さんは竹刀を落としたのに、気付かず竹刀を構えるしぐさを取った。熱射病による
異常行動と容易に認識できたのに、元顧問は何ら合理的な理由もなく演技をしていると決めつけ、練習を継続させた」と指摘。「元顧問は『演技するな』と言い、剣太さんを前蹴りし、倒れた剣太さんにまたがって10回ほど頬を平手打ちした。

適切な措置を取らなかったばかりか、状態を悪化させるような不適切な行為にまで及んだ。注意義務違反の程度は重大であり、その注意を甚だしく欠いた」として重過失があったと認定した。
 その上で、別の訴訟に基づく賠償額のうち、保険で賄うことができずに県が負担した200万円が「求償権の上限」と認定。

事故時の施設の状況や勤務条件などを考慮し、求償上限の半分に当たる100万円を元顧問に求償できると結論づけた。
 両親は当時の副顧問にも賠償金を負担させるよう求めていたが、竹内裁判長は「元副顧問は注意義務に違反した過失は
あるが、元顧問を補佐する立場であり、状態を悪化させるような不適切な行為はしていない」として、元副顧問に重過失があったとは認めなかった。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年11月6日 東京新聞

命守るのは指導者 部活中や体罰子どもの死亡ゼロへ

スポーツ指導者を多数輩出する日本体育大は七日から、部活動や体育の授業中の事故や体罰で子どもを亡くした遺族らを講師に招いた研修会を始める。実際に起きた事例を学び、安全への意識を高める狙い。講師の一人で、二〇〇三年七月に高校の部活動で長女を亡くした草野とも子さん(66)=東京都江戸川区=は「教員になる人たちには、親のつらさ、悲しさと命の大切さを分かってほしい」と話している。 (小林由比)

草野さんの長女恵さん=当時(15)=は専修大付属高校(杉並区)一年の時、バレーボール部の合宿中に倒れ、二日後に熱中症と急性硬膜下血腫で亡くなった。

湿度が70%近い真夏の体育館で、一つの動きをできるまで繰り返させられた。経験が浅かった恵さんは水を飲む時間すらなかった。二日目には吐き気などの熱中症の症状があったにもかかわらず、顧問の指示で練習を続け、転倒した際に床で頭を強打した。症状が悪化しても、顧問は病院に連れていかず、コートの外にいた恵さんは意識を失った。

病院に駆けつけた草野さんは、人工呼吸器につながれ、目を半分見開いたままの恵さんを前に、泣き叫ぶしかなかったという。

「なぜあんなに元気だった娘が亡くならなくてはいけなかったのか」 学校から詳しい説明はなく〇六年、学校を相手に損害賠償訴訟を起こし、〇九年に和解した。和解条項には、学校に専門家らによる安全対策委員会を設置することが盛り込まれ、自らもメンバーに加わった。

「娘と同じ目に遭う子が二度と出ないよう学校や教員の意識を変えたい」。その一心で、今も学校に通い続ける。

学校側も草野さんの声に耳を傾け、安全対策に力を入れている。

「スポーツ指導者に無知や、健康や命を大切にする認識がないことは許されない」と草野さんは言う。「命は一度消えたらもう灯をともせない。次世代の教員として子どもたちの命を預かる学生たちに、そのことを伝えたい」 

◆安全意識低い現状に危機感 企画の南部准教授

研修会を企画したのは、体育学部の南部さおり准教授。法医学が専門で、前任の横浜市立大では柔道事故などを医学的に検証し、学校に指導や対応を提言してきた。その中で「指導者になる人たちが子どもの命を守るという視点で自分を律したり、合理的な判断をするための教育を受けていない」と、現状に対する危機感を強く

感じたという。

今年四月から日体大でスポーツ危機管理学の教員として、運動中の子どもが熱中症になったり、脳振とうを起こしたりしたときの危険性や、体罰、指導がきっかけで子どもが自殺に追い込まれる「指導死」などの問題を教えている。

スポーツの分野で国内トップクラスの学生たち自身が、熱中症などの危険な状況を経験していることが多いといい、「それが普通という感覚を持つのは怖い」と指摘する。

研修会は、講義を受ける学生だけでなく、幅広く教職志望の学生らに聞いてもらおうと初めて企画。遺族ら八人に講師を依頼した。「先生の卵」を対象に遺族が講師を務める研修会は全国でも珍しいという。

初回の七日は住友剛・京都精華大教授(教育学)が学校事故の現状について講演するほか、剣道部で体罰を受け亡くなった子どもの遺族らが参加する。第二回(十二月十二日)は、草野さんらが講演。第三回(来年一月三十日)は、いじめや指導死がテーマ。一般の人も無料で参加できる。会場は日体大世田谷キャンパス。申し込み、問い合わせは南部准教授=045(479)7115=へ。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

朝日新聞デジタル 平成28年9月24日5:00

柔道事故死ゼロ、止まる 部活中、昨年以降3人死亡3人重体 全柔連が注意喚起

3年間死亡事故ゼロが続いていた中学・高校の柔道の部活動で、昨年から今年にかけて3人の生徒が死亡する事故が発生した。同時期、3人の生徒が意識不明になる重大事故も起こった。事態を重く見た全日本柔道連盟は事故防止対策の徹底を呼びかけている。▼3面=事故の傾向は

全柔連への事故報告で明らかになった。昨年5月に大外刈りを受けた福岡市の中1女子が急性硬膜下血腫で死亡。同8月に横浜市の高1男子が柔道部の坂道ダッシュの練習中に倒れて熱中症で亡くなり、今年4月には仙台市の高3男子が袖釣り込み腰をかけた相手と倒れ込んで頸椎(けいつい)などを損傷して死亡した。

中学で武道が必修化された2012年度から3年間は死亡事故はゼロだった。部活動で再び死亡事故が発生した要因として、必修化を機に指導現場でもたれた緊張感が薄れてきたのではとの指摘がある。必修化された柔道の授業では重大事故は報告されていない。

名古屋大学大学院の内田良准教授(教育社会学)の調査によると、11年度までの29年間に部活動や授業など学校の柔道で118人(中学40人、高校78人)が死亡した。大多数が部活動中の事故だった。

事故には、いくつかの傾向がある。まず被害者は1年生が多い。内田准教授の調査によると、1年生が中学で53%、高校では65%。入部間もない初心者や、進学して練習レベルに慣れない段階の事故とされる。それと呼応して、全柔連が03~14年に障害補償・見舞金を給付した重大事故57件を発生月別にみると、4~9月が84%を占めている。

受傷部位は頭部が多く、かけられた技は大外刈りが多い。全柔連が03~14年に報告を受けた頭部外傷の重大事故で技が判明している29件のうち、大外刈りが15件で最も多かった。ほかに背負い投げ、大内刈りが3件ずつ、払い腰、体落としが2件ずつで続いた。

また、頭部外傷の事故の中には、技をかける側とかけられる側の体重差や技能差が大きいケースがあることもわかっている。

09年度までの12年間に日本スポーツ振興センターが見舞金を給付した中学・高校の部活動の死亡・重度障害事故(318件)では、柔道が50件で最も多く、野球35件、バスケット33件、ラグビー31件が続いた。武道の必修化に際して、柔道の安全対策は大きな課題になっていた。

重大事故の再発を受けて全柔連は7月28日、「元気に家を出た子どもたちの安全を守り、無事に家に帰すのは柔道指導者の義務」と強く注意喚起し、啓発活動を促す文書を都道府県連盟などに送っている。(編集委員・中小路徹)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

NHK大分放送局

平成28年9月8日

剣道部死亡賠償訴訟で弟が証言

 7年前に県立竹田高校の男子生徒が剣道の部活動中に熱中症で倒れて亡くなった事故をめぐって、生徒の両親が剣道部の顧問ら2人に賠償金を支払わせるよう県に求めている裁判で、同じ部活動に参加していた生徒の弟が出廷し、当時の状況などを証言しました。
この事故は、平成21年8月、当時、県立竹田高校の2年生だった工藤剣太さんが剣道の
部活動中に熱中症で倒れ、その後亡くなったものです。
両親が県と顧問の教師ら2人などを訴えた裁判では教師2人が適切な措置を取らなかった
ことが認定され県などに4600万円あまりの賠償を命じる判決が確定しました。
しかし法律の規定から公務員が職務中に与えた損害は県が代わって賠償すべきだとして
2人は賠償責任を問われず、両親は、これを不服として去年12月、大分地方裁判所に訴えを起こしました。
裁判では、教師2人に個人として責任を負わせるだけの重大な過失があったかどうかが争点で
きょうの裁判には当時剣道部で同じ練習に参加していた弟の風音さんの証人尋問が行われました。
この中で風音さんは「兄は、練習中に竹刀を落としたことに気づかないなど異常な状況でしたが、
顧問の教師は『演技をするな』と言って平手打ちをするなど適切な措置をとらなかった」と証言しました。
裁判のあと母親の奈美さんは「悲しい事件をなくすためにも、悪いことをすれば個人で責任を
負わなければならないという前例を作って、全国に広げていきたいです」と話していました。
次回の裁判は来月20日の予定で、顧問の教師への証人尋問が行われる予定です。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/5075394861.html?t=1473379397512

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

朝日新聞奈良版 平成28年9月6日

部活中の熱中症死亡「不適切指導」 無給水でランニング

 

 奈良県生駒市立大瀬中学校の生徒が部活動中に倒れ、熱中症が原因で亡くなった事故について、市教委は5日、「不適切な指導があった」と発表した。第三者による調査委員会で改めて事故の原因を調べ、再発防止策を検討する方針だ。

 大瀬中で8月16日朝、ハンドボール部の1年の男子生徒(12)が35分のランニング後に倒れ、病院で翌日、熱中症による腎不全で亡くなった。市教委は、大瀬中が26日に出した調査報告書で「ランニング中に水分をとらせなかった」「通常は30分間なのに、5分長く走らせた」指導について不適切と判断したという。

 顧問は3人で、中心になって指導してきた教師が練習試合に同行したため、別の教師と交代。その際、30分走る時は15分で給水という指導方法が引き継がれなかった。また、スタートが通常より5分遅く、生徒らが25分で走るのをやめたのを教師が「ごまかした」と判断。30分走った後、さらに5分走らせたという。

 市教委も不適切と認め、今月初めに遺族に謝罪したという。(筒井次郎)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年1月26日 朝日新聞

高校部活での熱中症死訴訟、徳島県敗訴が確定

徳島県立阿波西高校の野球部員だった男子生徒(当時17)が2011年、練習中に熱中症で死亡したのは監督の男性教諭が予防措置や応急処置を怠ったためだとして、両親が県に5500万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第一小法廷(大谷直人裁判長)は県側の上告を退ける決定をした。

21日付。監督の過失を認め、県に対し約4500万円を両親に支払うように命じた二審・高松高裁の判決が確定した。

14年3月の一審・徳島地裁は、生徒が倒れた直後に監督が119番通報をしたことなどから「過失があるとはいえない」と判断し、両親の請求を棄却した。一方、15年5月の控訴審判決は、練習中、男子生徒の体調に異常が出ていたのに練習を中止させず、倒れた後も体を冷やすなどの応急処置をとらなかったことについて、監督の注意義務違反を認めた。

決定を受けて、徳島県の佐野義行教育長は「適切に対応してまいりたい」とのコメントを出した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn