平成29年12月30日 神戸新聞

六甲アイランド高生転落 停学より一般的「特別指導」運用に各校苦悩

神戸六甲アイランド特別指導

「学校関係者以外立入禁止」の看板が校門に立つ神戸市立六甲アイランド高校=29日午後、神戸市東灘区向洋町中4

神戸市東灘区の市立六甲アイランド高校で1年の男子生徒が校舎5階から転落して重体となってから、29日で1週間が過ぎた。

男子生徒は会員制交流サイト(SNS)上のトラブルを巡り、転落直前の2日間、クラスとは別室で教諭からの説諭や反省文を書く

などの指導を長時間受けていた。こうした指導は大半の高校が実施しているが、生徒が自殺した原因の一つとされる事例もあり、

運用の難しさが浮かび上がる。(広畑千春、井上 駿)

神戸市教育委員会によると、同校では今月発覚したツイッター上のトラブルについて、男子生徒を含む数人が別々の個室で指導を受けていた。男子生徒に対する聞き取りや説諭は21、22日に30分~1時間。反省文書きや自習などを含めると21日は7時間半、22日は8時間45分に上り、他の生徒より長かったという。

男子生徒は22日、別室で担任との面談や自習をする「学年指導」を25、26日に半日ずつ受けると決まり、保護者の来校を待っていた午後5時ごろ、敷地内で倒れているのが見つかった。校舎5階から転落したとみられている。市教委は今回の指導を「比較的軽いもの」と説明する一方、「全体として長時間だったことは否定できない」としている。

同校関係者によると、同校では月に数回、「学年指導」より重い「特別指導」として、問題行動を起こした生徒に対し別室で行動を説明させたり、反省文や日記を書かせたりしていた。長いときは2週間程度に及び、「指導が厳しく、落ち込む生徒もいた」という。

文科省の調査(2009年)では約82%の高校が、学校教育法施行規則が定める退学・停学・訓告の懲戒処分以外に、謹慎や

別室指導など「事実上の懲戒」を実施していた。兵庫県内の公立高教員によると、同校のような学年指導や特別指導は一般的で、

各校が内規を設け、生徒指導担当教員らが会議で指導内容を決めることが多いという。

県立高教員の一人は「かつて停学が多かったが、進学や進級に影響が大きく、今は別室指導が一般的」と話す。不適切な写真の

投稿などSNS上のトラブルが増えており、「事実解明が難しく指導が長時間化している。『炎上』すれば名前や学校名が拡散し、

生徒や学校に多大な影響が及ぶ。厳しく指導せざるを得ない」と苦悩をにじませる。

文科省は内規で定めた別室指導を認め、適切な運用を求めているが、指導内容については各校任せというのが実情。2015年

に奈良県で男子高校生が自殺した事案では、漫然と別室指導を繰り返したことが原因の一つとされている。

京都精華大学の住友剛教授(教育学)は「指導の方法や内容の妥当性だけでなく、日ごろの男子生徒の状況や、学校が何を

問題としてどのような配慮をしながら指導したのかなど、背景から丁寧に調べ、公表することが不可欠」と指摘している。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年12月26日神戸新聞夕刊

神戸の高1男子転落 市教委「比較的軽い指導だった」

神戸六甲アイランド軽い指導

記者会見する神戸市教育委員会の大谷真一学校教育部長(中央)ら=26日午前、神戸市役所(撮影・大森 武)

神戸市東灘区の六甲アイランド高校で1年の男子生徒が校舎5階から転落し、重体となっている問題で、市教育委員会の大谷真一学校教育部長らが26日、市役所で会見を開いた。市教委との一問一答は次の通り。

 

-男子生徒に対し、どのくらいの時間、どのような指導を行っていたのか 「21日は昼食などの休憩を含み、午前8時から午後3時半まで。22日は午前8時から午後4時45分まで。事実確認と指導のほか、それ以外は本人が状況を記した文章に基づいて反省文を書いたり、勉強をしたり」

-22日以降はどのような指導をする予定だったのか

「25日に、受けられなかった英語のテストと担任の面談、26日には冬休みの課題をしながら担任と面談。次のステップに進むために励ますような感じ。両日とも半日の予定だった」

-今回の指導には、複数の生徒に対してだったのか

「そうだ。何人かは明らかにできないが、それぞれ個別に指導していた」

-SNS上でのトラブルとは

「ツイッターに関するトラブルで、内容は個人的なことなので差し控える」

「ふざけ合いの程度で、いじめなどではない」

-トラブルに関する指導は全体で何分なのか

「教員の聞き取りや指導は21日が35分、22日は1時間程度」

-22日の男子生徒の様子は

「担任らによると、淡々としていた。変わった様子もなかった」

-転落と指導との因果関係をどう捉えているか

「非常に丁寧に配慮しながら対応していたと聞いている。このような結果になり重く受け止めている。本人が指導をどう受け止めたかは分からない。一日も早い回復を願っている」

-学校側の責任は

「男子生徒から聞き取りができていないので、現時点では申し上げられない」

-21日の7時間半、22日の8時間45分という指導は長いのか

「実質的な指導は35分と1時間。ほかは反省文を書かせるなど、自主的な学習の時間。比較的軽い指導と考えている」

-ほかの生徒や教員への聞き取りは

「現在行っている」

-今回以外にも自殺未遂などが起きているが

「学校と連携しながらいろいろやっている。取り組みを進める中で今回のことは重く受け止める」

-ほかに指導を受けた生徒は何か話しているのか

「(教員から)語気強く言われた、という生徒は1人いた」

-22日の指導を終えてから転落するまでは

「保護者に男子生徒を引き渡すために待機させていた」

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年12月26日朝日新聞大阪本社版

神戸市立高 指導後に高1飛び降り 2日連続面談、自習

神戸市立六甲アイランド高校(同市東灘区)で22日夕、同校1年の男子生徒(16)が校舎5階から転落し、意識不明の重体になっていることが26日わかった。ネット上での生徒間トラブルについて、前日から転落直前まで2日間にわたり教員から指導を受けており、市教委が関連を調べている。

兵庫県警東灘署などによると、22日午後5時ごろ、同校から「敷地で男子生徒が倒れている」と119番があった。校舎5階の窓が開いており、自ら飛び降りたとみられる。

市教委によると、今月、短文投稿サイト「ツイッター」で、特定の生徒を対象にした書き込みからトラブルに発展。指導は教員3人が複数の生徒を対象に、2日間にわたり実施された。21日は7時間半、22日は8時間半かけ、教員の面談による事実確認・指導は各30分~1時間で、残りの時間は反省文の作成や自習をさせた。25、26日は面談の予定だった。生徒が転落したのは、22日の指導終了後、保護者の迎えを待つ間だった。

市教委は「こういう事態になったことを重く受け止めている」と陳謝。「大半が自習や反省文の作成で、指導時間が長いとは考えておらず、転落との因果関係はわからない」とし、保護者の意見も聞きながら今後の調査を検討する。【栗田亨】

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年12月26日神戸新聞

高1生、8時間指導直後に転落 SNSトラブルで

神戸六甲アイランド高1

校舎5階から男子生徒が転落した神戸市立六甲アイランド高校=神戸市東灘区向洋町中4

神戸市東灘区の市立六甲アイランド高校で1年の男子生徒が校舎5階から転落し、重体となっている問題で、男子生徒は転落直前、会員制交流サイト(SNS)を巡る生徒間のトラブルについて約8時間にわたり教諭らから事情を聴かれ、反省を促されるなどの指導を受けていたことが25日、神戸市教育委員会などへの取材で分かった。23日以降、クラスと離れた別室での指導を受けることが決まっていたといい、市教委は「指導が適切だったのかどうかも含めて調査する」としている。(井上 駿、広畑千春)

学校関係者らによると、男子生徒は今月発覚したツイッター上のトラブルについて22日、始業前から1階の個室でトラブルの内容や経緯などを聴かれるなどした後、休憩や自習を挟みつつ、翌日以降に別室での指導を受けることを告げられた。指導を終えた十数分後の午後5時ごろ、敷地内で倒れているのが見つかった。校舎5階の窓が開いており、ここから転落したとみられる。

同校の関係者によると、同様の指導では、朝から1人で別室に入り、一日の予定を書き出し、それを実践できたかなどの反省を記したり、学校や家族について作文を書いたりするという。期間は2週間近くに及ぶこともあったといい、生徒指導担当教諭から「高校を辞めるか」

などと強い口調で言われた生徒もおり、関係者は「指導を受けた後、かなり落ち込んだ様子の生徒もいた」と話した。

市教委は、男子生徒に関して「指導の中身や期間については明らかにできない」とする一方で、「指導の際は、生徒の人権に十分配慮している」と強調。「男子生徒の転落と指導の関係については、現段階では分からず、詳細は差し控える」としている。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年12月24日神戸新聞

高1生、校舎から転落 転落前、別室で担任と会話

神戸市東灘区の市立六甲アイランド高校で、1年の男子生徒が校舎から転落し重体になっている問題で、転落前に、担任が男子生徒と教室以外の別室で話していたことが23日、市教育委員会などへの取材で分かった。

市教委などによると、転落のあった22日は終業日で、6時限目まで授業があった。男子生徒は大掃除などの後、男性担任に呼ばれ、1階の部屋で話した。内容や生徒の様子は「調査中で答えられない」としている。アンケートなどでは、いじめや家庭、部活動での悩みを抱えている様子はなかった

という。

男子生徒は22日午後5時すぎ、敷地内で倒れているのを発見された。校舎5階の窓が開いており、ここから転落したとみられる。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn