平成29年12月21日東京新聞茨木版

取手・中3自殺「丁寧に向き合って」 初会合で遺族訴え

取手いじめ遺族

取手市で二〇一五年十一月、市立中学三年生の中島菜保子さん=当時(15)=が「いじめられたくない」と書き残して自殺した問題で、県が設置した調査委員会の初会合が二十日、県庁で開かれた。自殺の背景、取手市教育委員会の対応などを調べる。出席した遺族は「娘の気持ちなどに丁寧に向き合っていただきたい」と訴えた。 (鈴木学)

菜保子さんが亡くなって二年。会合で、菜保子さんの父・孝宜さん(46)は委員らに対し「私たちが調べた内容以上に生徒たちの関係を掘り起こすことは難しいかもしれない。私たちができなかったことは、不適切な表現かもしれないが、加害生徒や先生への聞き取りだ。そういったことを総合的に捉え、一つ一つ丁寧に向き合っていただきたい」と訴えた。

大井川和彦知事は「ご遺族の気持ちに寄り添いながら誠実に調査を進め、結果を踏まえ県の教育環境の改善に努める」と述べた。

調査委のメンバーは市川須美子・独協大法学部教授(教育法)、蒲田孝代弁護士、栗山博史弁護士、臨床心理士の佐竹由利子さん、ソーシャルワーカーの竹村睦子さん、森嶋昭伸・日本体育大児童スポーツ教育学部教授(学校教育)

の六人。委員の任期は二年。知事のあいさつ後、会合は非公開で、今後の進め方などを協議した。

この問題で、取手市教委は、菜保子さんの自殺について「いじめによる重大事態に該当しない」と結論付けた上で第三者委を設置したが、両親の求めで今年六月に解散した。

両親は「市教委との信頼関係が完全に失われている」として、新たな調査委は県で設置するよう、県教委と市教委に申し入れた。それに応じ、県も異例の設置を決めた。

中島さん

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年12月15日毎日新聞東京本社版

取手いじめ 友の自殺「学校は隠した」 元同級生が不信感

取手いじめ

美帆さん(仮名)は、誕生日に中島菜保子さんからプレゼントされたネックレスを大事に持っている。奥の写真は生前の菜保子さん

=茨城県取手市で、玉腰美那子撮影

 

2015年11月に茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)がいじめへの苦しみを日記に残して自殺した問題で、20日に開かれる県の第三者調査委員会を前に、同級生だった4人が毎日新聞の取材に応じた。学校や市教育委員会が当時、「受験への配慮」を理由に自殺の事実などを伏せたまま生徒らに調査した上で「いじめはなかった」と結論づけたことについて、「隠さず言ってほしかった」と異口同音に語った。2年が過ぎても、大人たちへの不信感を拭えないという。【玉腰美那子】

 

うわさあったのに

取材に応じたのは、菜保子さんと同級生だった友人の女子生徒4人で、いずれも現在は高校2年の17歳。

菜保子さんと中3で同じクラスだった令佳さん=仮名=は、亡くなった翌日の全校集会を鮮明に覚えている。生徒の間では「自殺した子がいる」とのうわさが流れていたが、校長は菜保子さんの自殺を「思いがけない突然の死」と伏せた。「受験に配慮したのかもしれないけど、隠されると気になる」と語り、友人として菜保子さんの死に向き合うため「きちんと言ってほしかった」と言う。

市教委の聞き取り調査は自殺から1~2カ月後にあったが、ここでも自殺を伏せての「カウンセリング」名目だった。自宅が近所の実香さん=仮名=は、「最近学校どう」「菜保子さん変わったことなかった」と遠回しに聞かれた。しかし、生徒たちの間では既に「いじめがあった」との空気が広がっていた。「いじめを認めたくないから隠したんだと思う。先生たちにもそう感じた」と語った。

中2の時に同じクラスだった美帆さん=仮名=は、菜保子さんから誕生日に贈られたネックレスを大切に持っている。自宅で自殺を図った11月10日、菜保子さんが学校で泣いているのを偶然見かけた。「どうしたの」と声を掛けたが、返事はなく、それが最後に見た姿となった。「(自殺を伏せた)市教委の聞き取りでは、いじめのことが思いつかなかった」と悔やんでいる。

幼なじみだった加奈さん=仮名=も「死んでしまうほど苦しんでいたとは」と自分を責めるように言った。加奈さんは思う。

「ああしていれば、こうしていればと考える。すごく悲しい」

 

取手市立中3女子生徒の自殺

茨城県取手市で2015年11月10日、市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)が自宅で自殺を図り、翌日死亡した。

市教委は「受験への配慮」を理由に自殺の事実を伏せて調査し、いじめ防止対策推進法の「重大事態」に該当しないと結論。

市教委は第三者調査委を設置したが、両親が「公平な調査を」と反発し、今年6月に第三者委は解散した。県が新たに第三者委を設置し、原因を調べる。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年12月12日NHK水戸放送局

いじめ調査委 専門家6人選定へ

おととし、茨城県取手市の女子中学生が「いじめられたくない」と書き残して自殺した問題を受けて、茨城県が設置することになった新しい調査委員会の委員に、弁護士や大学教授など6人の専門家が選定される見通しとなったことがわかりました。 調査委員会の初めての会議は今月20日に開かれ、いじめの有無や自殺の背景などを調査することにしています。 おととし11月、「いじめられたくない」と書き残して自殺した取手市の中学3年生、中島菜保子さん(当時15)をめぐっては、市の第三者委員会が「いじめはなかった」という前提で調査を行うなど対応が問題となりました。 このため、遺族の要望を受けて特例として新しい調査委員会が茨城県に設置されることになり、必要な条例の整備や委員の選定を進めてきました。 その結果、調査委員会の委員には、遺族の要望を踏まえて2人の弁護士のほか、大学教授が2人、いじめに詳しい専門家と臨床心理士の2人の合わせて6人が選定される見通しとなったことがわかりました。 調査委員会では今後、いじめがあったかどうかや自殺に至った背景、それに学校や市の教育委員会の対応についても調査を進めることにしていて、初めての会議は今月20日に開かれる予定です。 これについて、中島さんの父親の考宜さんは「私たち遺族の思いが反映された委員会になり、安どしています。娘に向き合った公平な調査を慎重に進めてもらいたいです」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20171212/1070001056.html

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年11月10日毎日新聞
取手・中3自殺 両親苦悩の2年 第三者委、再調査へ
取手いじめ知事再調査
菜保子さんの写真を見返す父考宜さん(右)と母淳子さん。自宅にはピアノの演奏や旅行などで笑顔を見せる菜保子さんの
写真が飾られている=茨城県取手市で7日午後1時8分、玉腰美那子撮影

2015年11月にいじめられて苦しんでいる思いを日記に残し、自ら命を絶った茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)の父考宜(たかのぶ)さん(46)と母淳子さん(47)が、いじめの有無や自殺との因果関係を改めて調べる県の第三者委員会が近く設置されるのを前に、毎日新聞の取材に応じた。いじめを認めなかった市教委の第三者委が解散して5カ月。両親は「今度こそ真実を明らかにしてほしい」と語る。【玉腰美那子】
菜保子さんが自殺して11日で2年。考宜さんは今も朝に目が覚めるたび「何かできなかったのかという絶望感」にさいなまれている。菜保子さんの部屋は、お気に入りのぬいぐるみや韓国アイドルのポスター、ノートが置かれた机など「あの日」のままだ。
「いじめがあったのではないか。調べてほしい」
両親が学校に訴えたのは、自殺から5日後に菜保子さんの日記を見つけたからだった。「いじめられたくない」「(ひとり)ぼっちはいや」。悲痛な訴えを目にした淳子さんは「やっぱりいじめが……。こんなに苦しんでいたの」と驚き、娘の気持ちに気づけなかった自分も責めた。
ところが、学校が全校生徒を対象に「いじめの有無」について行ったアンケート調査では、菜保子さんの名前も自殺の事実も伏せられていた。「いじめは認められない」と発表されたのは、16年3月に同級生が卒業した直後。2人は不信感を募らせた。
さらに2人の心をかきむしったのは、市教委が同級生らに「(菜保子さんが)ピアノで悩んでいた様子はなかったか」と尋ねていたと聞いたからだった。
2歳のときにピアノを習い始めた菜保子さんは「ピアニストになりたい」と夢を語っていた。ピアノを専門的に学ぶため東京の私立高への進学を決めていた。2人は「あれほど本気でピアノに取り組んでいたのに、それを苦にして自殺するなんてありえない。
菜保子の努力を踏みにじっている」と振り返る。
毎日新聞の情報公開請求で開示された16年3月16日の臨時市教委の議事録を見ると、「いじめはなかった」とした根拠として、アンケートや聞き取り調査の結果の他に、もう1項目が挙がっている。しかし「公にすれば個人の権利を害する恐れがある」として黒塗り(非開示)にされている。考宜さんは「ピアノを原因にしているのではないか。まだ何か隠している」と疑う。
考宜さんは「(自殺後の)市教委の対応が正しかったかも含めて、今度こそしっかり調査し、真実と向き合う大人の姿を見せてほしい」と求める。

【ことば】取手中3女子生徒の自殺
2015年11月10日、茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)が自宅で自殺を図り、翌日死亡した。市教委は「受験への配慮」を理由に自殺の事実を伏せて調査し、いじめ防止対策推進法の「重大事態」に該当しないと結論。市教委は第三者調査委を設置したが、両親は「公平な調査を」と反発し今年6月に第三者委を解散。県が12月上旬にも新たな第三者委を設置する。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年11月7日朝日新聞茨木版
取手いじめ自殺問題 知事が遺族と初面会
取手いじめ知事面会
大井川和彦知事(右)と面会する遺族=県庁

取手市で市立中学3年の中島菜保子さん(当時15)が自殺した問題で、大井川和彦知事は6日、中島さんの両親と初めて面会した。先月の県議会では、知事のもとに調査委員会を設置する条例案を可決。大井川知事は「被害者の気持ちに寄り添い、何が起きたのか客観的に調査する」とし、この問題に最優先で取り組む意向を示した。
大井川知事と遺族は県庁で面会。菜保子さんの父・考宜(たかのぶ)さんは「傷がいえることはなく、むしろ悲しみが増している。菜保子のため、今後の子供たちのためにしっかり調査をしていただきたい」と要望。大井川知事は「少しでも教育環境の改善につなげるようにしないといけないと思っている。疑問がわくことがあれば、遠慮なく連絡いただきたい」と応じた。
この問題を巡っては取手市教育委員会が昨年3月、「いじめによる重大事態に該当しない」と議決し、調査委を設置。
両親はいじめがあったと訴え、調査委の解散を求めた。市教委は今年5月に議決を撤回、6月に調査委を解散した。
両親は市教委との信頼関係が失われたとして、知事のもとでの新たな調査委設置を要望。いじめ防止対策推進法では、調査委の設置は市町村教委としているため、県は市から事務の委託を受ける形で対応することを決めた。県は現在、委員の選定を進めており、12月上旬にも調査委を発足させる方針だ。(箱谷真司)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年9月27日毎日新聞
自殺の事実、学校伏せる 死亡当日

 茨城県取手市で2015年11月、市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)がいじめを苦にする書き込みを日記に残して自殺した問題で、学校側が死亡当日、「受験を控えた同級生たちへの配慮」を理由に自殺の事実を伏せる方針を両親に伝えていたことが分かった。市教委はこれまで「遺族の意向もあった」と説明していたが、両親は毎日新聞の取材に意向を否定しており、自殺当初から事実を隠そうとしていた疑いが強まった。
 「市教委が自殺の事実を隠した」とする毎日新聞の報道を受け、菜保子さんの父考宜(たかのぶ)さん(46)と母淳子さん(47)が当時の資料を調べ、判明した。それによると、菜保子さんが病院で死亡した同年11月11日午後、中学校の男性教頭(当時)が自宅を訪問。「受験を控えた3年生ということを考えると、不慮の事故で亡くなったという形で話をさせてほしい。いろいろな意味での教育的配慮だ」と話し、自殺の事実を他の生徒に伏せる方針を伝えた。
 その後、教頭は「調査は進めたい」とし、アンケートなどを行う方針を伝えた。これに対し、淳子さんが「死に損にならないようお願いしたい。ちゃんと調べてほしい」と泣きながら懇願すると、教頭は「責任を持って調べたい」とだけ答えた。
 毎日新聞の情報公開請求で開示された公文書によると、市教委はこの日の夜に臨時会合を開き、自殺の事実を伏せて「突然の思いがけない死」と生徒たちに伝える方針を決定。学校は12日に全校集会を開き、菜保子さんの自殺を「思いがけない突然の死」と生徒たちに説明した。
 両親は16日に日記を見つけ、いじめを調査するよう求めたが、学校は自殺の事実を伝えないまま、菜保子さんの名前を出さずにアンケート調査を実施。「いじめは確認できない」と結論づけた。
 考宜さんは、学校側がいう意向を示したことはないとし、「最初から菜保子の死と真摯に向き合っていなかったことが分かる。子どもを盾に保身を図っていたとしか思えない」と話した。取手市教委と当時の教頭は「回答を控えたい」として、取材に応じなかった。【玉腰美那子】

「全体的な事実把握調査を」大井川知事
 茨城県取手市立中3年の中島菜保子さんが自殺した問題で、先月の県知事選で初当選した大井川和彦知事が26日の就任会見で、「全体的な事実関係を把握する。スピード感を持って調査したい」と述べ、いじめの有無にとどまらず、市教委の対応も調査する方針を示した。
 この問題を巡っては、市教委が2016年3月に「いじめによる重大事態に該当しない」と議決したが、今年5月に文部科学省の指導を受けて撤回。橋本昌前知事は先月、遺族の要望を受け、知事直轄の新たな第三者調査委員会を設置する意向を示していた。大井川知事もこれを引き継ぐ意向で、10月3日に開会する定例県議会に第三者委設置の条例案を提出する方針。
 菜保子さんの父考宜さん(46)は「真摯で誠意ある公平な調査をしてほしい」と話した。【玉腰美那子】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月31日読売新聞茨城版
いじめ防止条例化へ 検討委員会が初会合…取手・中3自殺

 取手市立中学校3年の中島菜保子さん(当時15歳)が自殺した問題で、いじめ防止対策推進条例の制定に向け、市教育委員会が設置した有識者の検討委員会が30日、藤代庁舎で初会合を開いた。市教委は来年4月の条例施行を目指す。
 委員長に長野雅弘・聖徳大児童学部教授、副委員長に学識経験者の松浦勉氏が選ばれた後、市教委が、いじめ防止の基本方針や、児童生徒の自殺などの重大事態を調査する常設の対策委員会設置などを盛り込んだ条例案の骨子を提示。委員からは「予防に重点を置いた条例にするべきだ」「子供の発信に周囲の大人が気付くことが重要」といった意見が出された。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月21日東京新聞社説
いじめ自殺 遺族に寄り添い調査を

 子どもの自殺といじめの関係が疑われる重大事態に直面したとき、なぜ遺族に寄り添った調査がされないのか。
学校や教育委員会、そして第三者調査機関の振る舞いが不信を招く事案が相次ぐ。
 例えば、二年前、茨城県取手市の女子中学生が「いじめられたくない」と日記に書き残して自殺した事案では、市教委の無知と事なかれ主義が浮き彫りになった。
 市教委は第三者機関を設ける前に、学校はいじめを確認できなかったとして「重大事態ではない」と議決していた。
頭からいじめを否定する姿勢が、遺族の怒りを買ったのは当然だ。
 いじめ防止対策推進法は、いじめが疑われれば重大事態ととらえ、教委や学校の下に組織を設けて調べ、情報を提供するよう定めている。ましてや、遺族は同級生の目撃証言を自力で得てもいた。
 国の指導を受けて、市教委は調査から撤退した。遺族の要望に沿って、県が新たに第三者機関を置く。二度と失敗は許されない。
 誰のために、何のために重大事態を調べるのか。教育行政や第三者機関の側と、遺族ら被害者の側とで、その認識が食い違っていては不毛な結果しか生まない。
 第三者機関の任務は、自殺の背景にいじめがあったとの前提に立ち、事実を解明することだ。「真相を知りたい」と願う遺族の心情に寄り添い、それに誠実に応える調査でなくてはならない。
 そのためにも、遺族が構成員の人選に参加し、加害者側はもとより、教委や学校からの独立性を担保することが重要だ。調査の目的は、あくまで悲劇を繰り返さないための教訓を学ぶことにある。
 自殺に至る過程には、多様な要因が複雑に絡み合っている。だが、家庭環境や個人的発達のありように不用意に踏み込めば、遺族の信頼を失う恐れがある。
 一年前、青森市の女子中学生が自殺した事案では、市教委の第三者機関がまとめかけた結論に遺族が反発し、棚上げ状態に陥った。
 いじめは自殺の直接の引き金とは言い切れず、思春期うつだったとされたからだ。これでは自己責任に帰するに等しい。
 第三者機関には、いじめとは無関係の領域を子細に分析する権限はあるのか。また、なぜその必要性があるのか疑問が拭えない。相手の刑事、民事の責任を追及するための調査ではないはずだ。
 いじめがなければ、死なずにすんだかもしれない。その切実な問いへの答えこそが望まれている。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月17日朝日新聞東京本社版「声」
いじめ自殺、再調査遅すぎる
 高校教員 宍倉潔(千葉県 54)

 茨城県取手市で女子中学生が自殺した問題で、当時の調査の責任者だった市教育委員会の元教育部長らが両親に謝罪した。自殺したのは2年も前の話だ。今ごろ何の意味があるのか。
 日記にはいじめをうかがわせる記述があったが、市教委は両親に「いじめは認められなかった」と報告していた。
しかし文部科学省から調査の見直しの検討を指導され、市に代わり県に新たな調査委員会を設置することになったという。
 市教委が向いているのは生徒ではなく、文科省なのである。ご両親の怒りと嘆きはいかばかりだろうか。
 市教委の報告をおかしいと感じた教師もいたかと思うが、現場の声が聞こえてこないことも気にかかる。県が新たに調査するというが、加害者はすでに中学を卒業しており、詳細に調べるには時間が経ちすぎている。
学校や教育委員会が迅速かつ適正に動いていたならば、いじめも自殺も防げていたかもしれない。そして、加害者への適切な指導もできたかもしれない。
 今回、機能していなかった市教委の罪は極めて重い。何の処分も加えられないのであれば、教育委員会など不要である。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月5日東京新聞茨木版
取手中3自殺「ようやくスタートライン」

県教委から回答書を受け取った後、会見する中島考宜さん(中)と淳子さん(右)=県庁で

取手中3自殺

 取手市の市立中学に通っていた中島菜保子さん=当時(15)=が、三年生だった二〇一五年十一月に「いじめられたくない」と日記に書き残して自殺した問題で、県が四日、新たに第三者委員会の設置を決めた。
遺族側は「ようやくスタートラインに立った。娘に向き合った調査を」と、真相解明に向けて真摯な姿勢で取り組むことを強く望んだ。(山下葉月)
 両親は四日午前、県教委から第三者委の設置を伝えられた後、県庁で会見した。父親の考宜さん(45)は新たな第三者委が行う調査について「進め方は慎重に協議を重ねていきたい」と、厳しい表情を崩さなかった。
 両親は、菜保子さんが亡くなってから一カ月後の一五年十二月、学校と市教委の調査で、いじめの証言が得られなかったことに疑念を抱き、独自に生徒への聞き取り調査を開始。同級生二十人と会って話を聞くと、いじめを示唆する証言が次々と出てきた。
 考宜さんは「既に一年九カ月という年月を失っている。過去にさかのぼって調査することになるが、手を抜かずにやってほしい」と語った。母親の淳子さん(47)は「娘にきちんと向き合った調査をして」と訴えた。両親の代理人の弁護士は「両親の集めた証言が学校の調査で出てこなかった。不十分な調査のやり直しをきっちりしてほしい」と県に要望した。
 両親は先月、県教委と市教委に、第三者委の設置や人選について、申し入れ書を提出。第三者委は、両親と県教委が推薦する委員それぞれ二人と委員長の五人で構成し、委員長は日弁連に派遣してもらうよう要請していた。
県教委の担当者は「遺族と協議しながら人選を進める」と話した。
 取手市教委も県庁で会見。今後、県の調査に全面的に協力していく考えを示した。矢作進教育長は「ご遺族の信用を失ったことで県に調査委が設置されることを、申し訳なく思っている」と改めて謝罪した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn