平成29年1月26日河北新報

<青森中1自殺>遺族の意向 町が再調査へ

  青森県東北町の上北中1年の男子生徒=当時(12)=が昨年8月にいじめ被害を示唆するメモを残して自殺した問題で、町は25日、遺族の要望に応え、いじめ防止対策推進法に基づく再調査を実施すると決めた。
 着手時期は未定。再調査は町が新たに設ける付属機関が担当する。町総務課によると、有識者ら5人程度で
構成する。
 斗賀寿一町長は「慎重を期して検討した結果、遺族の意向を踏まえて再調査の実施を決定した」との談話を
出した。
 町の決定に対し、男子生徒の母親(50)は「時間はかかってもいいので、息子の最後のメッセージであるメモの
内容をきちんと読み解いてほしい」と訴えた。
 町いじめ防止対策審議会は昨年12月、男子生徒へのいじめを認めた上で、複数の要因で自殺したと結論
付ける調査報告をまとめた。これに対し、遺族は今月11日、「納得のいく内容でない」として再調査を求める文書を町に提出していた。

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年12月27日 河北新報

  青森県東北町の上北中1年の男子生徒=当時(12)=が8月にいじめ被害を示唆する遺書のような書き置きを残して自殺した問題で、町いじめ防止対策審議会は26日、男子生徒へのいじめを認めた上で、複数の要因で自殺したと結論付ける答申書を町教委に提出した。
 答申などによると、男子生徒は別の生徒から「菌」扱いされたり、一部の女子生徒から「汚い」と言われるなどの
いじめを受けていた。
 男子生徒は5月以降、保護者や同級生らに「(自分は)死んじゃえばいい」などと自殺を示唆する発言をした。

保護者は教員に伝えていたが、情報は学校全体で共有されず、男子生徒の死に関する発言が減ったことから、危険性はないと判断した。
 学校は男子生徒の学習を支援するため、授業に集中していない場合、後ろの席の生徒に合図を送るよう依頼した。

後ろの席の生徒は男子生徒のいすを蹴るなどして合図を送ったが、本人と保護者に説明をしていなかったため、6月の教育相談で男子生徒が「後ろの席の生徒がいすを蹴ってくる」と訴えた。
 他にも小学4年の頃から「生きにくさ」を感じ、自殺を考えていたことや小規模の小学校から人数の多い中学校へ
進学したストレス、思春期の影響、2学期を迎える直前の緊張などを自殺の要因に挙げた。
 記者会見した審議会の荒谷国人会長(元小学校長)は「各委員の専門的な知見から慎重に調査を進めてきた。

デリケートで難しい事案だった」と話した。
 町教委から答申の説明を受けた男子生徒の母親は「調査に足りない部分があり、納得のいく内容ではなかった。

内容をよく読み、再調査を要請するつもりだ」と涙ながらに語った。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年11月1日 河北新報

<青森中1自殺>「複数によるからかいあった」

  青森県東北町の上北中1年の男子生徒=当時(12)=が8月にいじめ被害を示唆する遺書のような書き置きを残して自殺した問題で、町いじめ防止対策審議会は31日、「複数の生徒による、からかいや心ない言葉があった」とする中間報告を町教委に提出した。町教委は同日、遺族に中間報告を説明した。
 町教委は中間報告を非公表とした。町教委によると、中間報告の内容は遺族や男子生徒が通っていた
小中学校の関係者に対する聞き取り調査の結果を反映した。遺族と学校関係者の話で食い違う部分があるため、事実関係をさらに調査する必要があるという。
 漆戸隆治教育長は「いじめと思われる行為があったと捉えている。現段階では聞き取りがまだ不完全
なため、中間報告の公表は難しいと判断した」と話した。
 中間報告について説明を受けた男子生徒の父(49)は「『複数の生徒』という部分は知らなかった。

学校で何が起きていたのかをより深く追及してほしい」と語った。
 審議会は、いじめの事実関係、死に至った背景や再発防止策などをまとめた最終報告を年内に町教委
へ提出する方針。

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成9月13日 朝日新聞

生徒「死にたい」、学校側訴え把握 青森中1自殺

  8月に青森県東北町の町立中学校1年の男子生徒(当時12)が自殺した問題で、生徒が生前、家族に同級生からの嫌がらせを訴えた上で「死にたい」と話していたのを、学校側が把握していたことが、関係者への取材でわかった。学校は嫌がらせは確認できないとして、同級生への指導はしていなかった。

 遺族らによると、男子生徒は席替えで席が近くなった同級生から嫌がらせを受けていると話し、悩んでいたという。母親は6月13日に学校を訪れ、生徒が「(自分が)死んじゃえばいい」と漏らしていることを担任に伝えた。席替えを求めたが、担任は「定期テストが終わるまではできない」とし、同30日まで席替えをしなかった。学校は6月中に生徒と同級生の双方から事情を聴いたが、具体的なトラブルは把握できないとして同級生への注意などはしなかった。町教育委員会には、席替えをしたことなどを理由に、解決済みとして報告していたという。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn