平成30年2月20日NHK大分放送局

部活中に死亡 不服申立て認めず

9年前、県立竹田高校の男子生徒が剣道の部活動中に亡くなった事故で、大分地方検察庁が業務上過失致死の疑いで書類送検された当時の顧問らを不起訴にしたことに対し、生徒の両親が福岡高等検察庁に不服を申し立てていましたが、申し立ては認められませんでした。 この事故は平成21年8月、県立竹田高校2年の工藤剣太さんが剣道の部活動中に熱中症で倒れて亡くなったもので、当時の顧問と副顧問の2人の教諭が業務上過失致死の疑いで書類送検されました。 これに対し大分地方検察庁は、平成24年に2人を不起訴にし、その後、両親の申し立てで、大分検察審査会が「不起訴は不当」とする議決をし、改めて捜査を行いましたが、平成26年に再度、不起訴と判断しました。 こうした大分地検の処分に対し、両親は去年5月、福岡高等検察庁に不服申し立てを行っていましたが、福岡高検によりますと、今月16日付けで「申し立ては認められない」と判断したということです。 20日、福岡高検を訪れ今回の判断が伝えられた工藤剣太さんの両親は、来月にも最高検察庁に不服を申し立てるということです。 母親の工藤奈美さんは「これから先、学校で傷つく子どもたちが減るように大切な命を守っていくために、来年の時効まで、あきらめずに声をあげ続けていきたい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/5075343931.html

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年2月20日付朝日新聞名古屋本社版夕刊

「指導死」から子ども守るには 名古屋でシンポ開催へ

教師の指導による子どもの自殺について考えるシンポジウム「『指導死』はなぜ起こるのか」が25日午後1時から、名古屋市中村区のウインクあいちである。遺族らが不適切な指導について警鐘を鳴らす。

「指導死」親の会が主催。学校でお菓子を食べ、教師の指導を受けた翌日に中学2年の次男(当時13)を自殺で亡くした大貫隆志さん(61)=同会

代表世話人=や、野球部内で体罰を見聞きしたことが一因で高校2年の次男(当時16)が自殺した山田優美子さん(48)らがパネルディスカッションで体験を話す。

昨年3月、教師による厳しい叱責が原因で中学生が自殺した福井県池田町の事例も踏まえ、子どもを死に追いつめる指導の問題点を検証する。

スクールソーシャルワーカーを養成する日本福祉大の野尻紀恵准教授(教育福祉学)の講演もある。

山田さんは「学校現場を敵視するのではなく、子どもの命を守る指導のあり方を先生も一緒に考えてほしい」と呼びかける。資料代1千円(学生500円)、定員60人。問い合わせは「指導死」親の会(4104@2nd-gate.com)。(小若理恵)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年2月20日付河北新報

<仙台中2自殺>遺族会見「早期の再調査再開を」

仙台市泉区の南中山中2年の男子生徒=当時(14)=が2016年2月に自殺した事案を再調査する市いじめ問題再調査委員会の議事が打ち切られた問題で、男子生徒の父親が19日、市役所で記者会見した。委員構成を維持した上で、村松敦子委員長の交代と、早期の再調査再開を要望した。  再調査委は17日、弁護士の村松氏と精神科医で遺族推薦の野田正彰委員との間で激しい発言の応酬があり、村松氏が「このメンバーでの審議継続は難しい」と議事を打ち切った。  父親は「委員を選び直すには時間がかかり、再調査がさらに遅れる」とする一方、「独断と偏見で打ち切りを決めた」と村松氏の交代を求め、正副委員長のどちらかに遺族推薦委員を就かせることを提案した。  17年3月に「いじめによる精神的苦痛が自殺の一因」と答申した市教委第三者委員会委員への聴取が実現していないことが、再調査が進まない原因だと強調した。会合で市教委や村松氏を繰り返し非難する野田氏を「言葉遣い(の問題)はあると思うが、指摘に間違いはない」と擁護した。  郡和子市長は取材に「委員の人選はベストだったと思う。村松氏からの報告を待ちたい」と語った。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年2月20日毎日新聞

南相馬中2自殺 「複数男子生徒の継続的いじめが主原因」

南相馬中2自殺調査委

阿部貞康教育長(左)に答申する第三者委員会の若杉裕二委員長=福島県南相馬市原町区本町の南相馬市役所で2018年2月19日午後7時1分、

高井瞳撮影

 

市教委の第三者委が最終報告書を答申

日記などでいじめを訴えていた福島県南相馬市立中2年の女子生徒(当時14歳)が昨年2月に自殺した問題で、市教委の第三者委員会(委員長、若杉裕二弁護士)は19日、「複数の男子生徒による継続的ないじめが自殺の主な原因」とする最終報告書を市教委に答申した。担任教諭らがいじめを止められなかったことについて、「いじめの情報を一部の教員が抱え込んでいた」などと学校側の対応能力を問題視している。

女子生徒は昨年2月11日夜、自宅の自室で自殺した。報告書は市教委の調査と同様、複数の男子生徒に「汚い」とばい菌扱いされたり、わざと体をぶつけられたりするいじめがあったと認定した。

また報告書は、学校側の問題に言及。教員間で話し合いの時間がとれず情報が一部の教員にとどまり、他の教員のバックアップ体制が不十分だったと指摘した。また、校長は一般教員との距離に隔たりがあり、リーダーの役割が不十分とした。教諭らによる週1回の生徒指導委員会も、経過報告で終わることが多く、具体的対応策の検討などが行われていなかったと非難した。

詳細は21日公表だが、関係者によると、校長にはいじめの存在すら報告されていなかった。【大塚卓也】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年2月18日付河北新報

発言応酬で議事打ち切り いじめ再調査委員会、空中分解も 

仙台市は17日、いじめ防止対策推進法に基づくいじめ問題再調査委員会の第6回会合を市役所で開いた。弁護士の村松敦子委員長と、精神科医で遺族推薦委員の野田正彰氏の間で激しいやりとりがあり、村松氏が「このメンバーでの審議継続は難しい」と議事を打ち切った。

泉区の南中山中2年の男子生徒=当時(14)=が2016年2月に自殺した事案の再調査中に、委員会は空中分解寸前となった。  野田氏は1月20日の第5回会合で、市教委の第三者委員会が南中山中の事案に関する答申書をまとめた経緯を説明するため出席していた大越裕光教育長に「あなたたちが(男子生徒を)殺したんだよ」と発言した。  17日の会合で、村松氏が野田氏に「いじめ防止を目的とする本委員会にふさわしくない。相手を困惑させ、威嚇し、侮辱する発言は自重してほしい」と注意すると、野田氏は反発。進行を遮り、「決めたことを実行せず、うそばかりついている」などと村松氏を批判した。  議事の打ち切りに、出席した他の4委員から賛否双方の意見が出たが、村松氏が職権で決定した。村松氏は「委員の選任、解任を含め、郡和子市長に判断してほしい」と述べた。委員の去就に発展すれば、再調査が大幅に遅れる可能性がある。  会議終了後、男子生徒の父親は野田氏の発言を「一般の人には暴言に聞こえても、遺族の気持ちを代弁してくれた」と話した。傍聴者の1人は「委員会は誰かを断罪する場所ではないのでは」と首をかしげた。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年2月17日朝日新聞大阪本社版

市賠償の半額分支払い、元顧問に命令 バスケ部生徒自殺

 桜宮高校

桜宮高校では、体罰防止の取り組みが続いている=大阪市都島区

大阪市立桜宮高校バスケットボール部の男子生徒が顧問だった男性から暴行を受けて自殺した問題で、市が遺族に支払った賠償金の半額を元顧問の男性に求めた訴訟の判決が16日、大阪地裁であった。長谷部幸弥裁判長は元顧問に、請求通り4361万円の支払いを命じた。

公務員の賠償責任を被害者・遺族が直接問うのは法的に困難ななか、生徒の両親は今回の判決が教育現場の暴力の抑止力になれば、と望んでいる。

部の主将だった生徒は元顧問から暴力や暴言を受け、2012年12月に自殺。元顧問は傷害罪などで有罪判決を受けた。遺族は13年、市を相手に東京地裁に損害賠償請求訴訟を提起。判決に基づき、市は遅延損害金を含め8723万円を支払った。

今回の大阪地裁判決は、市が支払った賠償金と元顧問の暴行の因果関係を認定。元顧問は「判決に従う」としており、市の請求通りの支払いを命じている。

東京地裁に起こした損害賠償請求訴訟で、遺族が元顧問の責任を直接問えなかったのは法の制約からだ。

国家賠償法は、公務員が職務で誰かに損害を与えた場合、国や自治体が賠償責任を負うと定めている。1955年には最高裁で公務員個人の責任を否定する判決が確定。警察官ら公務員が公権力を行使する際に萎縮しないための配慮と考えられてきた。教師や医師は民間の組織に属するケースもあるが、公立施設で働いていれば、不法行為の責任を、受けた相手から直接問われることはない。

一方で、国賠法は今回のように公務員個人に故意や重い過失があった場合、国や自治体が本人に支払いを求める「求償権」があるとも定めている。

今回、市は賠償金の原資は税金で、元顧問には重い過失があったとして負担を求めることを検討。交渉したが折り合いがつかず、17年11月に提訴していた。

生徒の両親はこの5年余りの間、元顧問に「誠意を見せてほしい」と思い続けてきた。母親は「直接責任を負うことで、今後、二度と同じことが起きないよう、抑止力になることを願います」と話す。

 

「公務員個人の責任、明確化」

今回の判決について、立命館大学法科大学院の松本克美教授(民法)は「求償権の規定があっても行使される例は少なく、公務員個人の責任を明確にした意義がある」と評価した。「ブラック部活動」の著書がある名古屋大大学院の内田良・准教授(教育社会学)も「教育の範疇を超えた事案について、自治体は積極的に教師に賠償を求めていくべきだ。でなければモラルハザードが起きる」と述べた。

ただ、教育現場からは困惑の声も上がる。大阪市の公立中学校で運動部の顧問をする40代の男性教諭は体罰はあってはならないとした上で「もし(指導に)失敗すれば、我々が教育委員会から訴えられるというのは複雑な思いだ」と話す。別の中学校の管理職の男性も「行政と教員の負担割合がなぜ半々なのか。明確な基準がなく、あいまいではないか」と語った。(大貫聡子、金子元希)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年2月16日朝日新聞群馬版

ハンマー事故の第三者委員会初会合 事故現場視察

 ハンマー投げ事故

グラウンドのハンマーの投てき場所を視察する検証委員会のメンバーや学校関係者ら=県立藤岡中央高校

昨年12月、県立藤岡中央高校で陸上競技部員が投げた競技用ハンマーがサッカー部員にあたり、死亡した事故を受け、県教育委員会が設置した第三者検証委員会の初会合が15日、同校であった。5人の委員が現場を視察し、当時の陸上競技部やサッカー部の顧問から事故の発生状況などについて聴いた。

検証委は、陸上競技や法学、医学の専門家5人で、委員長には東京学芸大の渡辺正樹教授が選ばれた。会合の途中、検証委や学校関係者ら約20人は、グラウンドに出て、ハンマーの投てき場所を見て回り、投てき場所のネットを揺らすなどして設備の安全性などを調べた。薄暗くなった午後6時過ぎには、事故当時と同様に夜間用の照明をつけて、グラウンドの見え方なども確かめた。

会合終了後、内容について会見した県教委によると、両部は一つのグラウンドを分割して使っていたが、ある委員は、その状況について、特別な状況ではないとの見解を示した。ただ、安全確認について両部でルール化されたものはなかったという。

当時、ハンマーを投げた生徒は声を出して安全確認をしたが、聞き取りの結果では、サッカー部員は誰も声に気づいていなかった。過去にはハンマーがサッカーゴールにぶつかることも何度かあり、部員や顧問も知っていたが、校長ら管理職は知らなかったという。

検証委は今後も会合を開き、半年をめどに報告書をまとめる方針。(山崎輝史)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年2月15日朝日新聞本社版

「学校しんどい」中2女子が自殺 母親、学校側に不信感

兵庫県尼崎市立中2年の女子生徒(当時13)が昨年12月、「学校がしんどい」などとするメモを残して自殺していたことがわかった。市教委は生徒間のトラブルが背景にあった可能性があるとして、いじめの有無などを調査する学識者らの第三者委員会を立ち上げる方針を固め、準備を進めている。

遺族や市教委によると、女子生徒は昨年12月20日夕方、自宅で首をつった状態で発見され、死亡が確認された。現場には「学校がしんどいです。

もう無理です」などと本人が書いたメモが残されていたという。

学校は全校生徒対象のアンケートや一部生徒への聞き取りを実施。市教委は1月下旬、「長期にわたる暴行などの情報はないが、生徒間でトラブルがあった可能性はある」と判断し、詳細調査のため第三者委設置を遺族に打診したという。

これに対し、女子生徒の母親は14日に会見を開き、「アンケートなどで得られた情報について学校に説明を求めても、ほとんど教えてもらえない」「学校や市教委が十分な調査をしないまま第三者委を立ち上げても、真相解明ができるのか疑問」と不信感を表明。同日、これまでの調査結果の開示などを求める申入書を市長と教育長に提出した。(宮武努)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年2月15日神戸新聞

学校しんどい」中2自殺 第三者委設置へ

兵庫県尼崎市内の中学2年の女子生徒=当時(13)=が昨年12月に自殺したことを受け、同市教育委員会は14日、有識者らによる第三者委員会を設置する方針を明らかにした。生徒は「学校がしんどい」とのメモを残して亡くなっており、いじめの有無などについて専門家が詳しく調査する。

生徒は12月20日に亡くなった。学校はその後、全校生徒へのアンケートや個別の聴き取りを実施。しかし、学校の調査に限界があるとして、市教委が第三者委の設置方針を決めた。

一方、生徒の母親らが14日、市役所を訪れ、市長と教育長宛てに申入書を提出。学校側が当初承諾したアンケート結果の開示を後に市教委が拒んだことや、調査結果の情報がわずかしか伝えられなかったことなどで不信感を持ったといい、調査結果の速やかな開示▽遺族の意向が確認されないまま生徒の死が報道された経緯の説明▽在校生に対する十分なケア-などを求めた。

会見を開いた母親は「もう無理です」とも書かれていた生徒のメモに触れ、「心がどんどん重くなるような積み重ねがあったのかもしれない」と話した。

(岡西篤志)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年2月14日付福井新聞

指導死、必要以上に追い詰めないで「指導死」親の会共同代表に聞く

 指導死大貫さん

「子どもを必要以上に追い詰めないでほしい」と訴える大貫さん=昨年12月、東京都内

2000年9月に当時中学2年生の次男陵平さんを、指導をきっかけにした自死で失った「指導死」親の会共同代表の大貫隆志さん(61)=東京都=に、あるべき指導について聞いた。「指導の目的は子どもが行いを振り返り、学んでいくことにあるはず。自分の言葉が子どもの成長の糧になっているか考えながら、必要以上に追い詰めないでほしい」と訴えた。

-「指導死」はどのような場合に起きるのか。

「生徒を複数人で囲んで説教したり、反省文を提出させたり、教師へ謝罪させるときなど。やっていないのに言い分を聞いてもらえない“冤罪”もある。

やったことは小さいことなのに罰則はすごく重い。指導死のうち88%が教師からの暴力ではないことが大きな特徴。暴力を伴わない、特に悪いとは思えない指導を教師が行い、でも子どもが死んでしまう。指導中に1人きりにしてしまい、そのときに命を絶つケースも非常に多い」 「コップに生きる力という水がたまっている。それが『お前はだめだ』と言われるたびに減る。最後の一滴まで絞られ、『生きている価値がないんだ』と思ってしまう。叱責はこの水を減らす行為。君なら分かってもらえる、本来の君だったらこんなことしないと思うから言ったんだよ-といった言葉で水を補わないといけない。適切な指導なら(逆に)水は増えるかもしれない」

-池田中の生徒が自死した事件をどう思う。

「担任の声が大きかったことはもちろん影響しているが、声が大きかったからだけではなくて、生徒の存在を否定するような形で指導がなされた、そのことがつらかったのではないか。『生徒会辞めていいよ』という一言がどれほどつらかったか」

-生徒指導で思うことは。

「教師と生徒は圧倒的に力関係が違う。教師のさりげない一言が響く。にもかかわらず執拗な指導をしてしまう。教師の“業界用語”に『指導が入る』というのがある。指導で子どもがしゅんとする様子を言っているようだ。でも、それは子どもが傷ついているだけ。教師は自分の言葉がその子の学びになっているか、成長の糧に役立っているのか、反応を丁寧に探っていく必要がある」

-子どもの問題行動を見たとき教師はどうすべきか。

「なぜそうしたのかを共感をもって聞く。好きな歌手に憧れてまねをしてみたのかもしれない。親がすごく厳しくて、反発したのかもしれない。何かしら理由があるはず。例えばスカートを長めにしたときは『いつもと違うよね』と声を掛けるチャンス。“変化”という情報を発信しているのになぜ生かさないのだろうか」

-指導死をなくすには。

「今すぐできることがある。全国で73件起きている指導死のうち、指導中にその場所、あるいは抜け出して命を絶ったケースと冤罪型を合わせると24人。

ほんのちょっとの配慮で救える命だった。子どもが教師の振るまいで、いとも簡単に死んでしまうという危機感を持ってほしい」

-親の会の活動を通じて思うことは。

「命を失う子どもを、遺族をこれ以上増やしたくない。会の活動から10年たち、指導をきっかけに子どもが死ぬ可能性があるという認識は広がっているが、件数は減っていない。学んで成長する、いろんな人と出会う場であるはずの学校で子どもが命を奪われることがあってはいけない」

 

■大貫陵平さん(当時13歳)の指導死■

・昼休みに学校で友達からチューイングキャンデーを一つもらって食べる。

・一緒にお菓子を食べた生徒9人と、12人の教師による1時間半の指導を受ける。

・反省文を書くよう指示を受ける。

・翌日の担任からの電話で、「来週の臨時学年集会で全員の前で決意表明してもらう」「親にも学校に来てもらう」ことを告げられる。

・担任からの電話の40分後、自宅マンションから飛び降りる。

・遺書には「死にます ごめんなさい たくさんバカなことして もうたえきれません バカなやつだよ 自爆だよ じゃあね ごめんなさい 陵平」と書かれていた。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn