平成29年8月29日中国新聞
いじめ影響の可能性
広島の中3死亡第三者委調査へ

 広島市佐伯区の五日市観音中3年の女子生徒が7月に同校で死亡し、後にいじめを受けていたことが判明した問題で、市教委は28日、いじめを苦に命を絶った可能性があるとして、第三者でつくる「市いじめ防止対策推進審議会」に調査を諮問する考えを示した。
 中区役所で開いた教育委員会議で、市教委の担当者が、悪口や嫌がらせなど女子生徒に対する少なくとも7件のいじめを認知した経緯や学校側の対応を説明。
「いじめを苦に命を絶った」とする遺族の訴えも踏まえ、いじめ防止対策推進法が定める「重大事態」に当たるとして、審議会で調査を進めるとした。
 審議会は同法に基づき市教委が2014年7月に設置し、学識経験者や専門家たち5人で構成。来月初旬に諮問する予定で、調査内容の詳細は遺族の意向を確認しながら決めるという。これまで教員から聞き取りをするなど調査を進めていた学校側とも情報を共有する。
 生徒の両親は、「第三者による調査組織の調査が適切に行われ、このような事件が起きた背景が少しでも解明されることを期待するばかりです」とのコメントを代理人の弁護士を通じて出した。
 この日、同校では3年生の授業が再開し、学年集会があった。大下茂校長によると、学年主任が女子生徒の死を悼み、「相手の立場を考えて行動できるように」などと呼び掛けた後、全員で黙とうをしたという。
 (野田華奈子、有岡英俊、新山京子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月28日河北新報
青森中学生いじめ自殺1年 遺族の不信感強く
あれから1年
亡くなった男子生徒の小さい頃の写真と仏壇。今月19日には同級生らがお菓子を持って訪れた=青森県東北町
あれから1年、
いじめによる子どもの自殺に関するパネル展で、家族から葛西さんへのメッセージを読み上げる剛さん=26日、青森市

 昨年8月に青森県内で、2人の中学生がそれぞれ、いじめ被害を訴えて自殺してから1年がたった。息子、娘の一周忌を迎えた遺族は、現在も続く原因究明の調査に「今度こそは遺書の内容を読み取って」「曖昧な調査はしてほしくない」と思いを募らせる。

<10月末までに報告>
 「19日が迫ってくるのが怖かった。1年がたったけど、息子が亡くなって、もう戻ってこないという事実に変わりはない」昨年8月19日にいじめ被害を示唆する遺書のようなメモを残して自殺した東北町上北中1年の男子生徒=当時(12)=の母(50)は、一周忌をこう振り返った。
 男子生徒が自殺した翌月、町いじめ防止対策審議会による調査が始まった。12月にまとまった調査報告書では、男子生徒に対する校内でのいじめを認めたものの、自殺に至ったのはいじめのほか、小規模の小学校から人数の多い中学校へ進学したストレス、思春期の影響などの複数の要因があると結論付けた。
 納得のいかなかった遺族は今年1月、町に再調査を要請。3月に町いじめ問題再調査委員会が設置され、現在も調査報告書を再検討している。
 男子生徒の母は「本人が自殺の一番の原因はいじめだと書き残している。この一言では、駄目ですか。息子が残したメモを、遺書として扱ってほしい」と調査への思いを吐露した。再調査委は10月末までに報告書案を遺族に報告する方針だ。

<「日に日につらく」>
 昨年8月25日に自殺した青森市浪岡中2年の葛西りまさん=当時(13)=の父剛さん(39)は、今年の8月25日を普段
通り過ごした。剛さんは「特別な日にしたくなかった。今も亡くなった事実を受け入れたくないが、時間がたつと思い出す機会
が増え、日に日につらくなっている」と話す。
 自殺から4カ月後の昨年12月、市いじめ防止対策審議会は葛西さんへのいじめを認定した。今年3月に調査報告書案を
遺族へ説明したが、葛西さんが思春期特有のうつだった可能性があるとの記載について、具体的な根拠を示せなかった。
 不信感を持った遺族は翌4月、内容の一部再検討や一部委員の解任を要望した。審議会や市教委は応じなかったが、
5月末、審議会の全委員が任期満了に伴い退任。退任間際に、審議会は「(自殺には)いじめ以外の要因がないと断言できる
情報を得られなかった」として自殺が「いじめを含むさまざまな要因が関わった死」との見解を示した。
 宙に浮いた報告書案は、顔触れを一新する審議会の資料になる。新たな委員は全国規模の職能団体からの選出が決まり、
現在も選任作業が続く。剛さんは「いじめさえなかったら娘は亡くなっていないという家族の気持ちを、正面から受け止めて
もらえていない。曖昧な調査結果からは曖昧な再発防止策しか生まれない」と語った。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月28日朝日新聞
野球部員「100m走100本」で熱中症 コーチの指示

 私立美濃加茂高校(岐阜県美濃加茂市)硬式野球部の2年男子生徒(16)が部活動中に重度の熱中症で救急搬送され、集中治療室で一時治療を受けたことが分かった。コーチである男性非常勤講師(26)の指示で100メートル走を100本以上した後だったという。
 同校によると、コーチは8月16日午後1時ごろ、生徒に100メートル走を100本命じ、さらに30本を追加。
生徒は練習開始から約3時間後、残り数本のところで意識がもうろうとなって倒れたという。給水はコーチの許可を得るよう指示され、この間に生徒が補給したのは2回だった。16日の美濃加茂市の最高気温は27・8度だった。
 当時、近くには監督(33)もいた。監督はこうした練習内容を了承し、室内練習場で別の部員を指導しながら、この生徒の様子も時折見ていたという。
 生徒は搬送先の病院の集中治療室で5日間治療を受けるなど、1週間入院した。その後、自宅で療養し、28日は登校予定といい、野球を続ける意思を示しているという。
 生徒は主力として期待されていたといい、コーチは生徒の生活態度を理由に「気合を入れ直さないといけない」と考えたという。
 同校から連絡を受けた県高校野球連盟は25日、同校に報告書提出を求めた。同校は26日、コーチを無期限指導停止、監督を厳重注意の処分とし、部の保護者会を開いて再発防止策などを説明した。赤崎耕二校長は「体罰に近い行き過ぎた指導だった。生徒の健康管理を徹底し、二度と事故が起きないようにしたい」とコメントした。
 同校野球部は1973年創部で部員数54人。夏の甲子園に80、90年の2回、出場した。今夏の成績は岐阜大会8強だった。
■「事実なら体罰そのもの」
 〈体罰問題に詳しい日本体育大の森川貞夫名誉教授(スポーツ社会学)の話〉 事実なら、生徒への一方的な押しつけで体罰そのもの。高野連も注意喚起をしているのに、今どき信じがたい。なぜ健康管理がしっかりできなかったのか、学校の責任も問われる。仮に「気合」を入れ直すためであっても、なぜその練習をするのか本人が理解しなければ意味がない。指導者は科学的なトレーニング法を学習し、実践しなくてはならない。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月26日中国新聞
罰でランニング部活の高1重体
  東京の特別支援学校

 東京都教育委員会は25日、知的障障害特別支援学校「都立永福学園」(杉並区)で高等部1年の男子生徒(15)がバスケットボール部の活動中、熱中症で意識不明の重体になったと発表した。顧問の教員が、指示した時間内に走れなかった罰として科した追加のランニング中に倒れたという。
 生徒の意識は回復しておらず、都教委は「長時間のランニングは体罰に当たり、不適切な指導だった」としている。
 都教委によると、生徒には軽度の知的障害がある。21日午後、顧問の男性教員(31)が生徒ら7人に校舎の外周約450びを1分25秒以内で走り、それを超えた秒数分、罰として外周を走るよう指示。全員が罰を受け、生徒は2分8秒だったため43周(約19♂)走ることになったが、21周走ったところで体調不良になり、練習を終えた。23日午後に残り22周を走っていた途中で倒れ、熱中症による脱水症状で救急搬送された。
 当時、杉並区の気温は32度で、2周ごとに休憩と水分を取るようにしていたという。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月26日中国新聞
死亡中3「いじめあった」
広島市教委臨時校長会で認識

広島市佐伯区の市立中3年の女子生徒が7月に同校で死亡した問題を受け、市教委は女子生徒がいじめを受けていたとの認識を示した。大半の学校が28日以降に授業を再開するのを前に25日、臨時園長・校長会を東区内で開催。いじめの兆候を見逃さず迅速に対応するよう各学校に求めた。
 市教委はこれまでの学校の調査で、女子生徒に対する少なくとも計7件の悪口やからかいを把握。「7件の事案を把握した時点で、いじめがあったと認識した」としている。
 会議は冒頭を除き非公開。市立小中高校の校長や幼稚園長たち約230人が出席し、糸山隆教育長が「学校という教育の場で生徒の尊い命が失われたのは痛恨の極み」と訓示。教職員が感度を高めるよう求め「ささいな兆候でもいじめの疑いを持つ」「組織的に対応できるよう教職員全員で共通理解を図る」など6項目の留意点を説明した。
 続いて担当者が「持ち物を隠す」「悪口を言う」など、いじめが疑われる行動の具体例を紹介。各校での教職員研修を求めた。
(野田華奈子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月25日朝日新聞青森版
いじめ自殺から1年、調査今も
青森いじめ自殺1
葛西りまさんの写真を見ながら話す父親の剛さん=青森市
青森いじめ自殺2
葛西りまさんが亡くなったJR北常盤駅には、りまさんの好きなバラの花束が供えられていた=藤崎町
青森いじめ自殺3
亡くなった葛西りまさん=遺族提供

 県内の中学生2人が、いずれもいじめを訴える文書を残して自殺して1年になる。第三者委員会による調査が
行われたが、認定された「背景」や「原因」に、それぞれの遺族が強く反発。やり直しの調査が今も続いている。
 青森市立中2年だった葛西りまさん(当時13)は昨年8月25日午前10時ごろ、JR奥羽線北常盤駅で電車に
はねられ死亡。スマートフォンに「もう、二度といじめたりしないでください」と書き残していた。東北町立中学1年
だった男子生徒(当時12)は同月19日午前5時半ごろ、自宅の小屋で自殺しているのが見つかった。自室には
「いじめがなければもっと生きていたのにね」と書かれたメモが残されていた。
 青森市と東北町の教育委員会は同年9月から有識者らによるいじめ防止対策審議会で、それぞれ事実関係を
調査。どちらもいじめがあったと認定した。ところが、自殺の「背景」や「原因」をめぐり、遺族との見解の相違が
あらわになった。
 りまさんの問題では3月、報告書案が自殺の背景の一つとして「思春期うつ」を挙げたことに、遺族が「根拠がない」
と強く反発。一部の委員の解任や再調査を求めた。最終報告が出されないまま、任期満了を理由に委員全員が
退任。新たな委員はまだ6人中3人しか決まっていない。
 昨年12月に答申された東北町の最終報告書は、自殺の原因について、本人の特性や思春期の心性など様々な
背景が複合的に関与していたと判断。これに対し、遺族は「(調査に)不審な点が多い」として、町長に再調査を要請
した。これが認められ、3月に町長直轄の再調査委員会が立ち上がり、関係者への聞き取りをやり直すなどしている。
■初動きちんと 子ども目線で
 大津市の中学生いじめ自殺をきっかけに、2013年いじめ防止対策推進法が成立し、学校や自治体などに客観的
な事実を明らかにする迅速で公平な調査が義務づけられた。しかし、調査方法やその内容に遺族が異議を唱える
ケースが全国で相次いでいる。
 いじめで自殺した子の遺族らでつくる川崎市のNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」理事の小森美登里さんに
よると、同法が定めているにもかかわらず、初動調査が遅れたり、遺族との情報共有を怠ったりする場合が多いという。
小森さんは「教育現場に法律が浸透していない」と指摘したうえで、「遺族は学校で何があったかを知りたいだけ。
初動調査がきちんとしていれば第三者委も必要ない」と話す。
 一方、13年に神奈川県内の中学生が自殺した問題で、第三者委の委員長を務めた小林正稔・神奈川県立保健
福祉大教授(コミュニティ心理学)は、遺族の希望通りでなくても、理解してもらえる調査をすることが大切だと指摘する。
「原因を明らかにすることではなく、遺族や子どもと同じ目線で考え、どういう状況だったのかを明らかにすることが、
再発防止のために最も大切なことだ」と話した。(山本知佳)
■報告案「根拠ある説明ない」葛西さん父親
 葛西りまさんが亡くなって25日で1年。父・剛さん(39)に現在の思いを聞いた。
 遺骨は、居間にある仏壇横の棚に置いたまま。剛さんは「まだ受け入れられない、認めたくないという思いがあります」
と話す。
 棚を埋め尽くすのは、ポップコーンやチョコレート、ミッフィーのぬいぐるみ、バラの花……。すべて、りまさんが好き
だったものだ。買い物に行くとつい買ってしまう。母と姉は、季節ごとにりまさん用の新しい靴や洋服を買い、今月も
紺色のワンピースを買ったばかりだ。
 いじめの調査には積極的に協力した。ただ、聞き取りの際、複数の委員のうち質問をするのは1人だけで、「真剣に
聞いてくれているようには見えなかった」。それでも、最後にはしっかりした報告書が出てくると信じていた。
 それだけに、報告書案に記されていた「思春期うつ」という言葉に衝撃を受けた。説明を求めても、納得できる根拠は
なかった。「何があったかを知りたいだけなのに、説明できないまま委員の任期は終わった。(真実とは)別の結論を
つくっているようだ」。声に力が入る。
 新しい委員もまだ半数しか決まっていない。「(調査が)いつ始まるのかもわからない。市教委には怒りしかない」

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月25日朝日新聞
中3自殺「学校の対応不十分」 関係悪化でストレス蓄積
中3自殺
記者会見した第三者調査委員会の福田晧一委員長(左から2人目)ら=24日午後、愛知県一宮市役所
 愛知県一宮市立浅井中学校3年の男子生徒(当時14)が2月に大阪市内のビルから飛び降りて自殺した問題で、検証していた第三者調査委員会(福田晧一委員長)は24日、「学校の対応が不十分だった」とする報告書を公表した。
教員との関係悪化でストレスが蓄積したことなどが自殺につながったという。
 男子生徒の自殺をめぐっては、担任への不信感を募らせていたと遺族が主張。昨秋の体育祭で生徒が骨折した際に担任が対応しなかったことや、プリント配布を何度もさせた行為などがあったと訴えていた。また、当時の校長が「教員によるいじめとの認識」と発言したが、後に撤回。市教委が設置した第三者委が検証していた。
 報告書によると、男子生徒は体育祭でけがをした際、担任の対応に不満を持って関係が悪化した。さらに、2月の三者面談で進路指導の教員から「全部落ちたらどうする」と言われたことなどでストレスを増大させたという。
 第三者委は「(男子生徒は)物事を否定的に捉えやすく、白黒はっきりさせたがる性格だったこともあり、自ら命を絶つ方向に進んでいったと考えられる」と推定。支援が必要な生徒なのに、教員間で情報が共有されなかった点などを批判した。一方、遺族が主張した「プリントの配布」や、当時の校長が発言した「教員によるいじめ」は、いずれも「認められなかった」。学校の対応が不適切だったかどうかも言及しなかった。
 報告書を受け取った市教委の中野和雄教育長は記者会見で、「学校として至らぬ点があったのは痛恨の極み。
相手の思いをしっかり理解し、くみ取ることができなかった。再発防止に努めたい」と話した。
 男子生徒の父親(50)は「とても納得いくような報告書ではない。あれだけ調査して、肝心なことが書いていない。
いろいろな要因が取り上げてもらえず、まるでこちら側に非があるかのようだ」と批判している。(中野龍三、浦島千佳)
■これまでの経緯
2017年2月6日 男子生徒が大阪市内のビルから飛び降り自殺
       10日 愛知県一宮市教育委員会が自殺を発表し、「悩んでいたことに気づかなかった」と書面でコメント。
遺族側は「学校に再三相談していた」と抗議
11日 市教委が「不適切だった」とコメントを撤回
  12日 PTA臨時総会で学校側が「教員によるいじめとの認識」と発言
  13日 学校側が会見し、前日の発言は「遺族の意向をくみ取って話した」と説明を一転。いじめの有無は第三者調査委員会で検証するとした。市教委の聞き取りに担任は「いじめはしていない」と説明していることが判明
  17日 市教委が第三者委を設置
  23日 第三者委が初会合
6月2日 遺族側が第三者委に「調査状況を知らせるよう求めたが回答がない」として抗議書を提出
8月24日 第三者委が検証報告書を公表

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月21日東京新聞社説
いじめ自殺 遺族に寄り添い調査を

 子どもの自殺といじめの関係が疑われる重大事態に直面したとき、なぜ遺族に寄り添った調査がされないのか。
学校や教育委員会、そして第三者調査機関の振る舞いが不信を招く事案が相次ぐ。
 例えば、二年前、茨城県取手市の女子中学生が「いじめられたくない」と日記に書き残して自殺した事案では、市教委の無知と事なかれ主義が浮き彫りになった。
 市教委は第三者機関を設ける前に、学校はいじめを確認できなかったとして「重大事態ではない」と議決していた。
頭からいじめを否定する姿勢が、遺族の怒りを買ったのは当然だ。
 いじめ防止対策推進法は、いじめが疑われれば重大事態ととらえ、教委や学校の下に組織を設けて調べ、情報を提供するよう定めている。ましてや、遺族は同級生の目撃証言を自力で得てもいた。
 国の指導を受けて、市教委は調査から撤退した。遺族の要望に沿って、県が新たに第三者機関を置く。二度と失敗は許されない。
 誰のために、何のために重大事態を調べるのか。教育行政や第三者機関の側と、遺族ら被害者の側とで、その認識が食い違っていては不毛な結果しか生まない。
 第三者機関の任務は、自殺の背景にいじめがあったとの前提に立ち、事実を解明することだ。「真相を知りたい」と願う遺族の心情に寄り添い、それに誠実に応える調査でなくてはならない。
 そのためにも、遺族が構成員の人選に参加し、加害者側はもとより、教委や学校からの独立性を担保することが重要だ。調査の目的は、あくまで悲劇を繰り返さないための教訓を学ぶことにある。
 自殺に至る過程には、多様な要因が複雑に絡み合っている。だが、家庭環境や個人的発達のありように不用意に踏み込めば、遺族の信頼を失う恐れがある。
 一年前、青森市の女子中学生が自殺した事案では、市教委の第三者機関がまとめかけた結論に遺族が反発し、棚上げ状態に陥った。
 いじめは自殺の直接の引き金とは言い切れず、思春期うつだったとされたからだ。これでは自己責任に帰するに等しい。
 第三者機関には、いじめとは無関係の領域を子細に分析する権限はあるのか。また、なぜその必要性があるのか疑問が拭えない。相手の刑事、民事の責任を追及するための調査ではないはずだ。
 いじめがなければ、死なずにすんだかもしれない。その切実な問いへの答えこそが望まれている。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月17日朝日新聞東京本社版「声」
いじめ自殺、再調査遅すぎる
 高校教員 宍倉潔(千葉県 54)

 茨城県取手市で女子中学生が自殺した問題で、当時の調査の責任者だった市教育委員会の元教育部長らが両親に謝罪した。自殺したのは2年も前の話だ。今ごろ何の意味があるのか。
 日記にはいじめをうかがわせる記述があったが、市教委は両親に「いじめは認められなかった」と報告していた。
しかし文部科学省から調査の見直しの検討を指導され、市に代わり県に新たな調査委員会を設置することになったという。
 市教委が向いているのは生徒ではなく、文科省なのである。ご両親の怒りと嘆きはいかばかりだろうか。
 市教委の報告をおかしいと感じた教師もいたかと思うが、現場の声が聞こえてこないことも気にかかる。県が新たに調査するというが、加害者はすでに中学を卒業しており、詳細に調べるには時間が経ちすぎている。
学校や教育委員会が迅速かつ適正に動いていたならば、いじめも自殺も防げていたかもしれない。そして、加害者への適切な指導もできたかもしれない。
 今回、機能していなかった市教委の罪は極めて重い。何の処分も加えられないのであれば、教育委員会など不要である。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年8月17日朝日新聞
飛び降り 女子高生2人自殺か パチンコ店屋上から

 16日午前8時40分ごろ、北海道中標津町東5南1のパチンコ店脇の路上に「若い女性2人が倒れている」と通行人から110番があった。救急隊が駆け付けたが、2人とも頭を強く打っており、間もなく死亡が確認された。
道警は、一部3階建てのパチンコ店の屋上から飛び降りた自殺とみて、動機などを調べている。
 道警などによると、2人はそれぞれ中標津町と大阪市内に住む15歳の高校1年生で親友同士。大阪の生徒は中学のころに中標津から大阪に転居し、夏休みで帰省していた。現在のところ、いじめは確認されていないが、2人とも周囲に将来や世の中に対する悲観的なことを口にしていたという。発見時、2人は私服姿だった。
 パチンコ店は外側にらせん階段やはしごが設置され、階段入り口の高さ約1.5メートルの扉には鍵のかかったチェーンが取り付けられているという。道警は、2人が扉を乗り越えて地上から十数メートルある屋上に上がり、飛び降りたとみている。
 現場は中標津町中心部の商店街。パチンコ店の近所に住む男性(63)は「パトカーと救急車が来て気づいた。
びっくりした」と驚いた様子。中標津町の生徒が通っていた高校の関係者は「特に変わったそぶりもなく、動機に思い当たることはない」と語った。【本間浩昭、真貝恒平、日下部元美】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn