平成30年7月16日18:35 神戸新聞NEXT

神戸・中3自殺 再調査委で遺族が意見陳述/全文

垂水中3遺族意見陳述

再調査委員会の委員長に就任し、あいさつする吉田圭吾神戸大大学院教授(中央)=16日午前、神戸市役所

2016年10月、神戸市垂水区で市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺し、いじめを証言した同級生らの聞き取りメモが隠蔽(いんぺい)された問題で、16日に発足した神戸市の再調査委員会で、女子生徒の母親が意見陳述した。全文は次の通り。

「まず、各方面においてご活躍中でご多忙の皆さま方が再調査委員会の委員としてご就任をご承諾いただき、心から感謝を申し上げます。また、神戸市長さまにおかれましては再調査の決断をしていただいたこと、こども家庭局や弁護士の先生方には、再調査開始にむけての段取りにおいて遺族の意見に耳を傾け、丁寧な協議を積み重ねていただき、感謝しております。皆さま本当にありがとうございます。

私の娘は、動物や絵を描くことや手芸が大好きな、素直で穏やかな心の優しい子でした。また優しさだけではなく、人に流されない自分の考えをしっかりもっていた強さもありました。

そんな娘が一昨年の10月6日の朝、いつものように『行ってきます』と家を出たまま、登校途中に自宅近くを流れる小川で自らの命を絶ってしまいました。私たちは、学校から、娘が登校していないとの連絡を受け必死に探しましたが、自宅のすぐそばである現場の近くまで行きながら見つけてあげることはできませんでした。

娘に対しては本当に申し訳なく思っております。

娘の死後、どうしてこんなことになってしまったか訳がわからず、現実のこととして受け止めきれず涙もでなかったのですが、娘の同級生たちからいじめがあったことを聞いた時は本当に驚きました。

たくさんの聞いたこともない生徒の名前、男子生徒の名前、担任の先生のパワハラ、学校におけるスクールカーストの話。

娘が生きている時に気付いてあげることができなくて本当に娘には申し訳なかったです。

それから私はいろいろな立場の生徒から、高校受験を控える中何度も足を運んでもらい、たくさん話を聞かせてもらいました。

娘がつらかった様子、いじめの話を聞くことは親として本当に言葉では言い表すことができないくらい、悲しく、悔しく、つらいことでしたが、それでも私は『娘に何があったかを知りたい』一心で聞き取りをしました。

その一方で第三者委員会も立ち上がり、私も当初はきちんと調査をしてくれるものと期待しておりました。

しかし、第三者委員会とさまざまなやりとりを重ねるうちにだんだんと不信感に変わっていきました。それでも私が聞き取ったようないじめに関することは第三者委員会も把握できているはずとの思いで昨年8月に受け取った報告書は、いじめの事実をいくつかは認めているものの、いじめの背景もわからない、いじめの広がりについてもふれられていない、自殺といじめの関係も明らかにしない、などいろいろな点において納得できるものではありませんでした。

また、その後の追加調査に応じないという第三者委員会の消極的な対応や、教育委員会によるメモの隠蔽など信じられないこともたくさんありましたが、今回、再調査という機会を与えていただきました。

新しい調査委員会の方々にお願いがあります。

娘の同級生によると、娘へのいじめは仲間はずれや陰口など陰湿でわかりにくく、周りの雰囲気や態度によるいじめと言っていました。分かりやすい暴力とかではないので、娘に対するいじめは、なかなか分かりにくいかもしれませんが、陰口や仲間はずれなどの陰湿ないじめによって精神的に追い詰められるつらさをいじめられる子の立場になって考えていただきたい、また親が思うように『何があったのか知りたい』という思いで調査をしていただきたいと願っております。

また、2年生の時の仲間はずれ・悪口・陰口といういじめは既に他の同級生・部活・男子生徒にまで広がっていたのではないか、それが3年生になった後にも継続し、さらに広がっていったのではないか、そして容姿中傷発言や身体的攻撃にまでつながっていったのではないか、を深く調査してほしいと思います。

2年次のいじめの一部は当時学校の知るところとなっていましたが、特定の生徒とのクラス分けで対応が終わってしまっています。この時に、いじめの広がりを学校がきちんと把握していれば、3年次にいじめが継続し、娘を苦しめ、絶望に追いやることはなかったのではないか、と悔やまれてなりません。2年次から、いじめ防止対策推進法や神戸市・学校のいじめ対策の指針に基づいた対策が取られていなかったことが、3年次のいじめの継続・広がりを招き、娘の自殺につながっていったのではないか、学校の対応の問題点も明らかにしていただきたいと思います。

私も娘の自死に対しては反省や後悔はたくさんあり、娘には申し訳ない思いでいっぱいです。しかしどんなに考えても、いじめがなかったらこんなことにはならなかったという考えにたどり着きます。

早いものでもう娘の死から1年9カ月が過ぎ、関係者はそれぞれの道を歩んでいる中で再調査の運びとなり、また事情を知っている生徒の記憶もあいまいになってきたりして、難しい面もあると思います。

しかし私は、もう二度と娘のようないじめに苦しむ子をだしてほしくはないです。

本件の再調査の事例が全国で同じようないじめで苦しんでいる人たちへのいじめ対策の一考となり、いじめの解決に少しでも寄与できればと願っております。

再発防止策につながる報告書となるよう、委員会におかれましては、娘に対して、どのようないじめがなぜ行われたのか、その背景を含めて、明確にしていただくとともに、娘がなぜ自ら命を絶つことになったのかを明らかにしていただくように切にお願い申し上げます。

以上よろしくお願い申し上げます」

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年7月16日18:35神戸新聞NEXT

神戸・中3自殺 市設置の再調査委が発足、初会合

垂水中3遺族意見陳述

再調査委員会の委員長に就任し、あいさつする吉田圭吾神戸大大学院教授(中央)=16日午前、神戸市役所

2016年10月、神戸市垂水区で市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺し、いじめを証言した同級生らの聞き取りメモが隠蔽された問題で、市が設置した再調査委員会の初会合が16日、同市役所であった。黙とうの後、意見陳述した女子生徒の母親は「娘に対してどのようないじめが行われたのか、なぜ娘が命を絶つことになったのかを明らかにしてほしい」と訴えた。

いじめ防止対策推進法に基づく再調査で、市教育委員会の設置した第三者委員会は昨年8月、容姿中傷発言などをいじめと認定する調査報告書をまとめたが、今年4月、遺族は自殺との関連など調査が不十分として久元喜造市長に再調査を申し入れた。その後、第三者委が「破棄」と扱っていた聞き取りメモの隠蔽が発覚。久元市長が再調査を決め、弁護士、精神科医ら委員5人を選任した。

会合では、久元市長が「いじめへの学校の対応や、事案発生後の学校・教育委員会の対応の問題点を明らかにし、具体的な再発防止策を提言してほしい」とあいさつ。委員長には吉田圭吾・神戸大大学院教授(臨床心理学)が選ばれた。

生徒の母親は意見陳述で悪口や仲間外れなど第三者委が認定したいじめについて、関連性や広がりを生徒間の関係や学校の対応など背景を含めて調べるよう求めた。

吉田委員長は会見で「遺族の気持ちに寄り添いつつ、公平中立な調査を進めたい」と述べた。今後、弁護士ら数人を補助委員に任命し、関係者への聞き取り調査などを行い、年内にも報告書をまとめる。(井上 駿、広畑千春)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年7月16日付朝日新聞青森版

自殺原因はいじめ 報告書案、遺族「納得できる」

 青森市中2いじめ

会見で時折言葉を詰まらせながら話す葛西りまさんの父、剛さん=2018年7月15日午後5時4分、青森市、中野浩至撮影

青森市立中学2年の葛西りまさん(当時13)が2016年8月に自殺した問題で、市いじめ防止対策審議会は15日、遺族に報告書の原案を示し、意見を聴取した。父の剛さん(40)は終了後会見し、思春期うつを自殺の背景に挙げた前審議委の報告と異なり、いじめが自殺につながったと認められたとして「しっかり調査され、おおむね納得できるものだった」と述べた。

聴取は非公開で、対策審委員6人全員、剛さんと担当弁護士が約180ページの原案について約3時間にわたって協議した。剛さんは会見で「驚いた。前回とは全く別物」と切り出した。

前回報告で4件とされたいじめの認定数は、「うざい」といった悪口やLINE上で仲間はずれにする行為など20件以上に上り、剛さんが初めて知るものもあったという。

自殺について、前回問題になった思春期うつや家庭環境に起因したとの記述はなく、いじめを根本原因とみなす内容だった。学校側についても、いじめに悩むりまさんのサインを見逃したと指摘されているという。

一方で剛さんは、原案には再発防止のために学校側の体制がどうあるべきかという意見や、報告書作成途中で委員全員が変わった前回審議会についての検証が欠けているとして、修正案に盛り込むよう何度も求めたことも明らかにした。

一連の調査では、審議会の委員が任期満了となったとしてやり直され、調査報告の日程が当初予定から大幅に遅れた。剛さんは「報告が納得できるものだとしても、娘が苦しんで亡くなった事実を再度突きつけられたようで複雑。一回で調査してくれれば苦しまずに済んだ。今までの時間は何だったのか」と述べた。

審議会は原案の修正について協議し、遺族に修正案を再度示した上で8月上旬にも報告書を確定し、市教育長に答申する見通しだ。(土井良典)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年7月7月14日付京都新聞

「校舎80周走れ」生徒倒れ救急搬送 滋賀・中学部活顧問が指示

大津市の南郷中で、ソフトテニス部2年の男子生徒が部活動中に「校舎周囲を80周走れ」と顧問の教諭から指示され、途中で倒れて救急搬送されていたことが13日、同中や市教委への取材で分かった。生徒は熱中症と診断され、同中は「行き過ぎた指導だった」と謝罪した。

同中と市教委によると、生徒は12日午後の部活動中、練習中にミスが目立ったことなどを理由に、30代の男性顧問から「校舎周囲を80周走ってこい」と命じられた。午後5時10分ごろ、生徒が倒れているのを校内で作業をしていた工事業者が見つけた。生徒は救急搬送され、その日の夜に退院し、13日は学校を休んで静養したという。

生徒が走らされた校舎外周は1周約230メートルで、80周で18キロ超になる。生徒が倒れたのは9周目だったという。気象庁によると、大津市の12日午後5時の気温は30・1度だった。

同中は、13日夜に保護者説明会を開き、経緯を説明した。平松靖之教頭は「行き過ぎた不適切な指導で、保護者におわびする。すでに顧問を指導した。今後は、安心した学校生活が送れるよう努めていく」とコメントした。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年7月12日 神戸新聞

神戸・中3自殺 いじめ再調査委16日発足

2016年10月、神戸市垂水区で市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺し、同級生らの聞き取りメモが隠蔽された問題で、神戸市は11日、いじめと自殺との関連などを調べる再調査委員会を16日に発足させると発表した。委員には、加古川市のいじめ自殺問題で第三者委員会委員長を務めた吉田圭吾・神戸大大学院教授(臨床心理士)ら5人を選定。初回会合では遺族も意見陳述し、年内の取りまとめを目指す。

再調査は、いじめ防止対策推進法に基づく。市こども家庭局が委員会を設け、吉田教授ら有識者2人、弁護士2人、精神科医1人の計5人で調べる。

神戸の自殺を巡っては、市教育委員会が遺族に非公表で第三者委を開催。第三者委は昨年8月、女子生徒へのいじめを認める報告書をまとめた。しかし遺族は自殺との関連の調査が不十分として今年4月、久元喜造市長に再調査を申し入れた。直後にメモの隠蔽が発覚し、久元市長は再調査を決定。市が遺族の意向を踏まえ人選を進めてきた。

久元市長は、11日の定例会見で「市教委の第三者委は必ずしも遺族の信頼が得られる形ではなかった」と指摘。「いじめへの対応を調べる中で、市教委や学校のあり方も問われるだろう」と述べた。(広畑千春)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年7月12日付東京新聞神奈川版

鶴見の中学校 跳び箱事故 市教委報告書「指導の手引」とズレ

鶴見中跳び箱事故

び箱事故で、首の後ろに大きな手術のあとが残る男子生徒=県内の病院で

横浜市鶴見区の市立中学校で昨年5月、保健体育の跳び箱の練習中に首を脱臼骨折し、胸から下にまひが残る中学3年の男子生徒(15)が本紙の取材に応じ、「二度と同じようなけががないよう、授業の改善を」と訴えた。市教育委員会が先月末にまとめた事故の報告書では原因があいまいにされており、男子生徒は「しっかり調べてほしい」と求めている。 (梅野光春)

事故当時、体育館ではクラス三十八人が習熟別に四グループに分かれて跳び箱を実施。男子生徒は五段(高さ約九十センチ)の六人グループの一人で、跳び箱の上で前転する「台上前転」の後、次の順番で開脚跳びをした際に事故に遭った。

報告書によると、手をついた時に腰が高くなって体勢を崩し、跳び箱の向こう側に敷かれたマットに首から落ちたという。男子生徒は「右手が滑り、やばいと思った。マットから起きようとしたが、体は全然動かなかった」と振り返る。

市内の病院で手術を受けた際、「この部分を骨折して歩けるようになった人はほぼいない、と説明を受けた」と母親(39)が明かす。手術後しばらくは首も回せず、たんを吸い出すチューブをのどに入れた時期もあった。現在は平たん地なら車いすで自走できるが、胸から下にまひが残り、県内の病院でリハビリ中だ。

事態は深刻なのに、原因究明は不十分なままだ。各校に配られる文部科学省「器械運動 指導の手引」には跳び箱の注意事項を明記している。その中に、台上前転のような「回転系」の後に、開脚跳びなど「切り返し系」をやると「回転感覚が残っていて事故につながる」とある。

男子生徒は「この順番はだめだと、先生は知っていたのか」と疑念を感じている。しかし市教委は「その点は担当教諭に確認していない」と手ぬるい。担当教諭は今年三月に依願退職して海外に赴き、再調査しにくいという。

報告書の論理にもおかしな点がある。事故となった開脚跳びの際「本人がはっきりと切り返し系を意識していた」ため、「技の順番の問題とは言えない」と順番の影響を否定した。

ところが「指導の手引」を所管するスポーツ庁政策課学校体育室は「本人がやろうと思っていても、体の感覚で回転系の動きが残っていると、跳び箱に手をついた時に回ろうとして腰が高くなることがあり、事故につながる、と注意を促している」と解説する。

本人の意識と無関係だからこそ危ない-というポイントを、市教委の報告書は見落とした形だ。その上、事故原因を明示していない。

さらに、報告書を受けた再発防止策も、ちぐはぐさが表れている。跳ぶ順番は今回の事故と無関係としたはずなのに、市教委は対策の一番に「切り返し系の技を回転系より先に取り上げること」を挙げた。「指導の手引が学校現場で読まれていない可能性があるため、強調した」と担当者は説明するが、筋が通らない。

こうした矛盾を感じながら、男子生徒は「跳び箱は不得意だった。保健体育では、苦手な種目は避けられるよう選択肢を示してほしい」と願う。

ロボット製作などにあこがれ、工業高に進学する夢は、手先が動かず細かい作業ができないため、あきらめた。それでも「リハビリの効果で、動く部分も少しずつ出てきた」と前向きだ。

この秋には、中学校に戻りたいという。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年7月11日 朝日新聞

新潟県立高の男子生徒が自殺 いじめ被害を示すメモ残す

新潟県教育委員会は10日、県内の県立高校3年の男子生徒が自殺したと発表した。県教委によると、男子生徒は6月27日に行方がわからなくなり警察などが行方を捜したところ、28日に遺体で見つかった。いじめを受けたという趣旨のメモを残しており、同校の校長がすでにその旨を生徒らに説明したという。

花角英世知事は「現在、学校が、背景にいじめがあったことを前提に基本調査を継続中」などとするコメントを発表した。県教委は基本調査がまとまり次第、遺族に説明し、第三者委員会を立ち上げて詳細な調査を始めるという。12日にも記者会見を開き、事案の概要や学校の対応などについて説明する方針。花角知事はコメントで「今後調査がまとまり、ご遺族に説明がなされると思う」とし、県教委に遺族の気持ちに寄り添った対応を要請したと説明している。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年7月11日 河北新報

<仙台市いじめ防止条例>教職員の暴言、威圧的指導禁止 骨子案に盛り込む

仙台市は10日の市議会いじめ問題等対策調査特別委員会で、制定を目指す独自の「いじめの防止等に関する条例」の骨子案を明らかにした。子どもに対する大人の暴言がいじめを誘発する恐れがあるとして、体罰に加え、教職員による暴言や威圧的指導といった不適切な指導の禁止などを明記した。来年の市議会2月定例会での提出を目指す。  昨年4月までの2年7カ月間に市立中生のいじめ自殺が3件相次いで発生。市民全体で認識を共有して再発防止に取り組むため、市は条例を制定し、いじめ防止対策推進法で定めた基本事項を補完する。罰則規定は設けず、学校や教委のほか、家庭や地域に期待される役割や行動を記した。  学校や教職員に対しては、学校教育法に禁止規定がない暴言や威圧的指導など不適切な指導を禁じることを明記。いじめた子どもにも寄り添って背景を探ることや、発達に特性がある児童生徒らへの対応を組織的に行うことも盛り込んだ。  昨年夏の市長選で条例制定を公約に掲げた郡和子市長は特別委で「いま一歩踏み込み、条例が必要だ。教職員への意識の浸透、保護者や地域との連携などについて、独自の取り組み

を盛り込み、明確化することで、いじめ防止対策を効果的に進めたい」と説明した。  市は11日から来月末まで骨子案のパブリックコメント(意見公募)を実施する。児童生徒を含めPTAや町内会関係者の意見も聴く予定。

仙台いじめ防止骨子

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年7月7日 朝日新聞

(私の視点)「指導死」の定義 虐待と使い分け明確化を 喜多明人

最近、子どもの「指導死」という言葉が注目されている。昨春起きた、福井県池田町の中学2年生男子生徒の「自死」事件も、過度の叱責による「指導死」問題として、マスコミで大きく取り上げられてきた。

この言葉は、過剰叱責、暴言や体罰などで自死に追い込まれた生徒の保護者、被害者家族の間で使われ始めた。「生徒指導をきっかけ、あるいは原因とした子どもの自殺」という定義のもと、教師個人の生徒指導上の過失責任を追及してきた言葉である。

「指導」という名における教師との抗しがたい権力関係の中で、自死へと追い詰められる生徒の悲劇をなんとか社会問題化したいとの被害者の切実な思いを受け、法曹界やマスコミ、学会や市民団体などが使ってきた。

被害者家族が使うのは当然としても、十分な吟味もせずに今後も使い続けてよいのか、疑問が残る。

まず、対象範囲が広すぎる。そのため、問題行為を逆に見えにくくしている。問われるべきは、教師が「あらゆる形態の身体的または精神的な暴力、侵害または虐待」(子どもの権利条約19条)に相当する行為をした場合だ。

体罰やセクハラはもちろん、子どもが傷つく言葉の暴力などはすべて、虐待である。大勢の前で見せしめのように叱ることや、反論する権利を奪うこともあってはならない。社会問題として強く打ち出すためにも、言葉の使い方を分けたほうがいい。福井のケースも「学校内虐待死」と言うべきではないか。

もう一つ考えるべきことは、指導全体が教師の個人責任追及の対象とみなされてしまえば、萎縮をまねく恐れがあることだ。

個人の過失責任ばかりが問われると、教師は子どもを叱れなくなる。ただでさえ学生が教師をめざさなくなるなか、優秀な人材の確保はますます困難になりかねない。

あくまでも「子どもの最善の利益」(子どもの権利条約3条)を考えなければならない。

今日、被害者救済が進展してきたことは喜ばしいことだ。しかし、子どもの主体性を尊重し、子ども自身がどこに問題があるかに気づき、自省し、成長していく過程を支える指導も戒めるかのような言葉の使い方は、するべきではない。

いじめという問題が起きれば、まず、子どもたち自身で抑制のしくみを考えていく。こうしたケースは、子どもの成長を支える指導のひとつだろう。問題行動への対応方法を確立しているNPOもあるので、そのような団体に学んでもいい。子どもの尊厳を大切にした指導を共有し、いい教師を育てていくことこそ、遺族、被害者の思い、訴えを受けとめ直していくことだと考える。

(きたあきと 早稲田大学教授)

◆投稿はsiten@asahi.comか、〒104・8011(住所不要)朝日新聞オピニオン面「私の視点」係へ。電子メディアにも掲載します。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年7月5日 朝日新聞岩手版

父親「胸中で忘れないで」 矢巾中2自殺から3年

岩手県矢巾町で中学2年の村松亮さん(当時13)がいじめを苦に自ら命を絶ってから5日で3年。我が子を失った父親は、家族と一緒に少しずつ前を向こうとしている。対策の不備を指摘された学校現場では、悲劇を繰り返さないよう、対策を進めている。

村松さんが亡くなったJR矢幅駅。矢巾町は毎年命日になると献花台を設けてきたが、今年は遺族の意向で設置を見送ることにした。「本当に思ってくれる人が、胸の中で忘れないでくれればいい」。村松さんの父親はそう話す。

2015年7月5日夜、村松さんはこの駅で電車に飛び込み死亡した。村松さんが担任とやりとりしていた生活記録ノートには、悪口や暴力などのいじめを訴える記述が複数あった。

「もう生きるのにつかれてきたような気がします。氏(死)んでいいですか?」。自殺をほのめかす記述も残していた。

学校は村松さんが1年生の時から継続的にいじめを受けていたと認定。父親は同級生4人を県警に告訴した。

盛岡地検は当時14歳の少年について暴行の非行内容で送検したが、盛岡家裁は16年12月、「証拠が足りず非行事実は認定できない」として不処分とする決定を出した。それから約1年半。父親は「報道されたことで、地域の人は誰がやったのかわかっている。社会が罰してくれた」と話す。

損害賠償請求権は3年で時効を迎える。父親は家族とも相談し、民事提訴はしないことにした。「(提訴して)子どもの足を引っ張りたくない。被害者が加害者より不幸になるのはおかしいと思う」。提訴すれば長期戦になる可能性が高く、それだけ負担も増す。「家族はいま、笑って生活しようとしている」。父親はかみ締めるように話した。(御船紗子)

 

学校、予防へ集会・相談員

村松さんが通っていた矢巾町の中学校。2日、「生命・安全・安心を考える集会」があった。いじめ自殺問題をきっかけに毎年7月、外部講師を招いている。今年は東日本大震災を経験した中学校長が全力で生きる大切さを訴えた。3年生の女子生徒は「いじめを止める勇気を持ちたい」と話した。

いじめ問題を調査していた第三者委員会は16年12月、報告書で「学校内の情報共有が不十分」と指摘。これに先だち町教委は「いじめ問題相談員」を新設した。相談員は各校のいじめ対策会議に出席して問題を共有。各校の相談にも電話で応じ、気になる生徒がいれば学校を訪問している。

町教委によると、17年度のいじめ認知件数は506件で15年度から5倍以上に増えた。これまで問題視されていなかったいじめが顕在化したことが主な原因で、現場の教員からの連絡も多くなったという。和田修教育長は「子どもたちの命を守るため、大人たちが常に連携していくことが大切」との談話を出した。

いじめ問題を巡っては、13年にいじめ防止対策推進法が成立。いじめの定義を「児童・生徒が心身の苦痛を感じているもの」と明確にした。これにより県教委の認知件数も増えている。県教委は今年度から、いじめへの理解を深めるために研修講座を実施。いじめを予防する学級集団づくりを模索している。(井上啓太、大西英正)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn