平成31年2月5日付河北新報

仙台市いじめ防止条例案 母子心中受け項目追加 2月定例会初日 提出へ

仙台市で昨年11月、泉区寺岡小2年の女児(8)へのいじめを苦に母子が無理心中したとみられる事件を受け、市は4日、制定を目指しているいじめ防止条例案に、新たに対応を盛り込む方針を決めた。既に発表した当初提出議案に項目を加え、市議会2月定例会開会日の7日に提案する見通し。  条例案にはいじめられた児童生徒、いじめを受けた子どもや双方の保護者と学校側が、共通の理解の下、いじめの事実の確認や支援、指導を進めていくことを追加した。  事件を巡り、学校などの対応が不十分だったと訴える遺族側に対し、学校側は一定の対応をしたと説明するなど、認識の違いが明らかになっていることを踏まえたという。  郡和子市長は1月29日の定例記者会見で、事件を受け「(新たに)盛り込むべきことがあるか、足らざることはないか調べている」と説明し、同日発表の提出議案に含めなかった。  この項目を含め、条例案は計55条で構成。児童生徒がいじめをした要因の把握と対応を学校側に求めるほか、いじめ防止を目的に教職員による体罰や不適切な指導を禁止することなどを盛り込んだ。  いじめ被害を訴えて市立中学生3人が相次いで自殺した問題を受けて設置した市いじめ対策等検証専門家会議の後継組織として、常設の「いじめ防止等対策検証会議」の設置を定めた。  市はいじめ防止対策推進法などに基づいて具体的な施策の内容を定める市いじめ防止基本方針も改定する方針。いじめ関連の各委員会の検証結果などを踏まえ、児童生徒の入学・転入時の引き継ぎ、会員制交流サイト(SNS)を活用した相談しやすい環境整備の徹底などを追加する。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年4月5日付京都新聞

「教員の不適切な対応」いじめ事案で報告書 野洲市

滋賀県野洲市内の中学校で2年生の男子生徒がいじめを受け昨年11月から不登校になっている問題を調べていた市小中学校いじめ問題専門委員会は4日、野洲市教育委員会に調査報告書を提出した。同級生4人によるからかい行為など9件をいじめと認定し、教員の不適切な対応がいじめをエスカレートさせたと指摘。学校内で情報を共有する態勢の不備に

ついても改善を求めた。

専門委員会は、学識者ら5人で組織する市教委の諮問機関。被害生徒の欠席期間が、県いじめ防止基本方針で「重大事態」と定める30日間を超えたため、1月22日に市教委から諮問を受けて調査を始めた。

報告書によると、被害生徒は昨年5月下旬~10月、同級生から「あほ」などとからかわれたり、本を取り上げられるなどした。11月には無料通信アプリLINE(ライン)を使って顔を変に加工した写真を掲載されたこともあった。

学校の対応については、複数の教員がからかい行為を見ていながら、いじめと認知せず、適切な指導をしなかった▽10月のいじめアンケートで被害生徒が過去にいじめを受けたと回答したが、直ちに聞き取りをしなかった▽いじめ行為の報告基準が明確でなく、情報の共有が遅れた-ことなどを問題点として挙げ、このことが「組織的な対応を遅らせ、重大事案に

つながる一因となったことは明白」と指摘した。

西村健教育長は「提言を真摯に受け止め、教員のいじめ認識能力や組織対応のあり方を改善したい」と話した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年4月1日付朝日新聞

群馬高2自殺、学校がいじめ認定 原因究明は第三者委へ

前橋市で今年2月に自殺した群馬県立高校2年の女子生徒(17)について、学校は31日、原因究明を求めていた両親に調査結果を報告した。いじめにあたる言動が一部であったと認めた一方、自殺との関連の判断は県教育委員会が設ける予定の第三者委員会に委ねる考えを示した。

学校によると、教職員や同級生の聞き取りのほか、女子生徒の死後に見つかったメモなどを調査。1月18日にあった予餞(よせん)会(3年生の送別会)の打ち合わせで、クラス発表の配役をめぐる他の生徒の発言に女子生徒が苦痛を感じた点をいじめと認定した。

女子生徒の母親から昨年7月、「娘が(授業を苦に)自殺未遂を図った」と連絡があったり、一昨年10月に担任らの指導で女子生徒が涙を流して帰宅したりした事例も明らかにした。

学校は「生徒からの相談への組織的な対応に課題があった」とし、校長が謝罪した。(丹野宗丈、森岡航平)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年3月29日付朝日新聞鹿児島版

いじめ再調査委の報告 母「正しい調査を」

鹿児島いじめ再調査

田中拓海さんの写真をそばに置いて記者会見する母親=鹿児島市

27日、いじめを自殺に至る主な要因とする報告書をまとめた県いじめ再調査委の結果を受け、2014年8月に自殺した田中拓海さんの母親(56)は、記者会見を開いた。かかった時間の長さに悔しさをにじませながらも「穏やかな感情になれた」と時折、笑顔を見せた。

冒頭、田中さんが中学を卒業した際にもらった手紙を朗読した。「悪さをすれば厳しくしてくれた母。義務教育最後の日まで、よく育ててくれてありがとうございました」。声を震わせながら読み上げ「本当に普通の子だった。この手紙のたった5カ月後に亡くなったということを多くの人に考えてほしい」と訴えた。

自殺した日から、今回の報告書までかかった4年7カ月。「いつになったら知れるんだろう。時間がかかるうちに拓海のことを雑に扱われているような気がした」と心労をにじませた。当初、息子の名前を匿名にしたが、再調査委が始まる前の昨年4月、報道陣に顔写真とともに公開。「拓海の存在を忘れないでほしい」という思いだった。

報告書を受け、母親は三反園訓知事と面会。「我が子の死の原因を明らかにしようと全力を尽くすのが子への弔い。今後は速やかに正しい調査が行われるように改善策を作ってください」と要望した。三反園知事は報道陣に「県教委の調査はうまくいったとは思っていない。遺族に寄り添う形で行うべきで、教育長とも話し合っていきたい」と述べた。(野崎智也)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年3月28日付朝日新聞

久留米の高2自殺、いじめが原因 県教委の三者委が認定

福岡県久留米市の県立高校2年の男子生徒が昨年6月に自殺し、県教委の第三者委員会は27日、ほかの生徒からのいじめがあったと認定し、自殺との因果関係を認める報告書を県教委に提出した。

報告書によると、男子生徒は野球部に所属。昨年4月から6月ごろまで、他の部員からズボンを下ろされたり、ベルトを取られたりしたほか、携帯電話を何度も隠されるなどした。亡くなった当日、ほかの部員とのトラブルで非難されたうえ、通学用の靴とスパイクのひもを結びつけられ、LINEのグループから外された。

第三者委は、これらの行為を男子生徒へのいじめと認定。「自死に至ったという因果関係を認める」と結論づけた。

県教委は昨年7月、大学教授や弁護士らでつくる第三者委に調査を諮問していた。

県教育長は「生徒の自死に関し、複数のいじめが認定され、因果関係が認められたことを重く受け止める。内容を精査し、県教委として報告書をまとめたい」とのコメントを出した。

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年3月27日付東京新聞

取手中3自殺 いじめ隠蔽認める 市教育長、否定一転「意図的」

茨城県取手市で二〇一五年十一月に市立中学三年の女子生徒=当時(15)=がいじめを苦に自殺した問題で、いじめの意図的な隠蔽を否定していた市の伊藤哲教育長は二十六日、一転して「客観的には意図的と判断せざるを得ない」と認めた。当初いじめの事実さえ認めなかった市教育委員会の隠蔽体質が改めて問われそうだ。市教育委員会が同日開いた臨時会合後の記者会見で明らかにした。

市教育委員会は一六年三月、自殺について「いじめによる重大事態ではない」と議決。不信感を抱いた生徒の両親からの訴えで県が調査委員会を設置。二十日に公表された調査報告書は、いじめと自殺の因果関係を認めた上で、市教委事務局の職員が「議決を導くため、教育委員に都合の悪い情報を提供せず、ミスリードするような姿勢だった」と意図的な隠蔽を示唆していた。

報告書の発表直後、伊藤教育長は「意図的、恣意的ではなく、いじめ防止対策推進法の無理解による」と述べていた。この点について伊藤教育長は会見で「隠蔽する意図を確認できていないという意味で発言していた」と釈明した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年3月26日付毎日新聞

いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

呉いじめ

広島県呉市の市立中学3年の男子生徒(15)が下着を脱がされるなどのいじめで不登校になり、精神疾患を発症したと訴えたのに、学校が半年以上「重大事態」として扱わず第三者委員会の設置などの対応をしなかったことが分かった。国の指針では被害者が申し立てた場合、学校は重大事態を前提に報告・調査するよう規定。下着を脱がされる行為も重大事態として例示している。

専門家は「対応が遅すぎる」と指摘している。

男子生徒、保護者の祖父らや県教委によると、男子生徒は1年生の時から同級生にシャツやズボンを破られるなどのいじめを受けていた。2年生だった2017年11月下旬、3回にわたり、昼休みに教室で同級生4~6人に床に倒され、手足を押さえられてズボンと下着を脱がされた。昨年4月下旬から一時不登校になり、同6月には不安障害と睡眠障害の診断を受け、現在も

治療を受けている。

祖父らは「重大ないじめ被害」として17年11月のいじめの直後から、学校に調査を求めた。学校は同級生への聞き取り結果を男子生徒側に報告せず、「グループ内の罰ゲーム」などの説明を続けた。しかし、昨年11月に市教委から重大事態として再検討すると連絡があり、今年2月には「重大事態に認定し、第三者委を設置したい」と伝達。これまで認定しなかった理由について校長らは「調査が被害生徒の負担になることなどを考慮した」と釈明したという。

重大事態は、いじめ防止対策推進法に基づいて規定。国の指針では「いじめで子供の生命・心身・財産に重大な被害が生じ、または欠席を余儀なくされた疑いがある場合」と定義し、市教委への報告や調査を求めている。過去の事例として「多くの生徒の前でズボンと下着を脱がされ裸にされた」というケースも紹介。子供や保護者から申し立てがあれば、学校側の判断にかかわらず重大事態として対応するよう明記している。

市教委は毎日新聞の取材に対し、「個人情報保護と教育的配慮の観点から答えられない」としている。【小山美砂】

「遊び」と学校説明

「学校から(下着を脱がすのは)遊びと説明された。いじめを軽く見ていると思った」。男子生徒は涙を見せ、学校への不信感と今も続く苦しみを語った。

服を破られるなど1年生の時から始まったいじめは、次第にエスカレート。2年生になって教室で無理やり下着を脱がされた。「眠れなくなり、同級生や先生の顔を見るのはつらかった」

下着を脱がす行為は国の指針でも挙げられた深刻ないじめ。しかし、学校は男子生徒の訴えを否定した。祖父らに「シャツを破ったのはじゃれていただけ。下着を脱がしたのは当時のブームで、

グループ内の罰ゲーム」などと説明したという。

学校が子供のSOSを放置し、最悪の事態を招くケースが全国で相次ぐ。家族は情報を十分知らされず深く傷つく。2011年に大津市立中学校で起きたいじめ自殺の調査にも関わった渡部吉泰

弁護士(兵庫県弁護士会)は「学校は真摯に調査し、当事者に説明を果たす義務がある」と指摘する。

男子生徒は今月の卒業式まで学校を休みがちだったが、今は高校で部活動に打ち込む目標が心の支えだ。「きちんと調査し、いじめがあったという事実を分かってほしい」と声を振り絞った。

【小山美砂】

 

「いじめに軽重ない」

教育評論家の尾木直樹・法政大特任教授の話 不登校と精神疾患が出た時点で重大事態と認定し、早急に対応すべき事案だ。自殺など命に関わるいじめだけが「重い」のではない。服を脱がせるなど性的な嫌がらせは本人の尊厳を深く傷つける。学校や教育委員会はいじめに軽重はないという認識をもち、被害者のために動くべきだ。

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年3月26日付朝日新聞西部本社版夕刊

熊本の高3自殺 いじめと因果関係認める 教育長に報告

熊本高3自殺

亡くなった知華さん(遺族提供)

熊本県北部の県立高校に通っていた3年生の女子生徒(当時17)が昨年5月、いじめをうかがわせる遺書を残して自殺した問題で、いじめの有無などを調べていた県教育委員会の第三者機関が26日、最終報告書を宮尾千加子・県教育長に答申した。5件のいじめがあったことを認定し、「自死に影響を与えた」と因果関係も認めた。

遺族は最終報告がまとまったのを機に、「娘が生きていたこと、いじめで追い詰められて亡くなったことを知ってほしい」として、「知華(ともか)」という名前と写真を公開した。

県教委によると、知華さんは昨年5月17日、午前中の授業後に体調不良を訴えて早退。数時間後、自宅で意識を失っているところを祖母が見つけ、病院に運ばれたが18日に亡くなった。

遺族によると、居間に残された遺書には「よう学校に来られるね」などの言葉を浴びせられたことや、「もう死にたい」などの言葉があったという。

報告書は、知華さんが映っている動画がインスタグラムに投稿されたことをきっかけに、授業中に複数の生徒から「死ね」「死ねばいい」「よく学校来れたね。まじウザ」「視界から消えればいいのに」などの発言を受けたとした。

これらの発言で「心理的苦痛が増幅したことは想像に難くない」として、いじめと認定。また、インスタグラムの動画を他の生徒に見せ「どう思う」と聞いた行為や、動画を上げた生徒のところに連れて行き、偶然映り込んだだけなのかどうかを確認する行為など4件もいじめと認定した。

そのうえで自殺との因果関係について、一連の発言が遺書に記載されていることや、その他の行為も「(知華さんの)心理的視野狭窄を起こす要因となったと推察できる」と指摘。認定した5件のいじめは、自殺に影響を与えたと判断した。学校以外の出来事については「調査を行ったが、影響や要因について確認できなかった」とした。

再発防止のための提言として「SNSの安易な利用や投稿が、誰も予想していない深刻な事態を引き起こす可能性があることについて、再度指導の徹底を図る必要がある」と指摘した。

県教委は昨年6月、法律、医療、福祉などの有識者6人でつくる「県いじめ防止対策審議会」で調査を開始。全校生徒を対象としたアンケートや、生徒や教員への聞き取りを通して知華さんを取り巻く人間関係や、自殺を図った前日や当日の出来事を調べていた。

問題をめぐっては、学校側が知華さんの写真を一枚も載せずに卒業アルバムをつくっていたことが判明。完成後に知らされた遺族は掲載を求め、学校はすべての卒業アルバムに知華さんの写真を貼り、配布した。(池上桃子、竹野内崇宏)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年3月22日付朝日新聞社説

いじめ自殺 危機感持ち防止へ動け

生徒が発するSOSを、先生が見逃してしまう。それどころか、先生の言動が生徒を死へと追い詰める。

こんな悲劇を繰り返してはならない。学校の関係者は、いじめ防止と異変の早期察知へ、強い決意で態勢を整えてほしい。

いじめが原因で生徒が自殺した二つの事件を巡り、自治体の調査委員会が相次いで報告書を公表した。

兵庫県尼崎市では2017年末、市立中学2年の女子生徒が自殺した。

この生徒へのいじめはクラスから部活動、SNSへとひどくなっていった。苦しみ、孤立感を深めた生徒はアンケートなどでいじめのサインを何度も発していたが、クラスの担任、学年主任、部活の顧問ら関わりがあった6人の先生は、誰もそれを受け止められなかった。

生徒が属していた部活では部員間のもめ事が続いていて、それをこの生徒が言いふらしていると誤解した2人の先生のうち、1人が強く叱責。その直後、生徒は自ら命を絶った。

茨城県取手市では15年秋、市立中3年の女子生徒が自殺した。同級生によるいじめを教師側が認識できず、生徒と加害側2人のグループが授業に遅刻した際は、この生徒だけが担任教師に叱責された。校舎内のガラスが割れたトラブル時には、現場にいなかったこの生徒も連帯責任を問われ、自殺に至った。

それから3年余り。市教委がいじめと自殺の関係を否定するような議決をし、不信を強めた生徒の両親からの訴えで茨城県が調査する異例の展開を経た報告書には、生徒が絶望へと追い込まれる過程が記されている。

先生の感覚の鈍さと、事実関係を把握せずに思い込みで行われた理不尽な指導。二つの事件には共通する問題点が浮かび上がる。先生が自らを省みるのはもちろん、学校に配置されるカウンセラーや保健師、事務職員らも含め、しっかりとアンテナを張り、話を聞き、情報を共有する組織作りが欠かせない。

学校の外にも多様な窓口を設けることが大切だろう。

兵庫県川西市の「子どもの人権オンブズパーソン」は、条例に基づく相談・救済機関だ。いじめや不登校など幅広い問題に関して、学校の対応に限界を感じた子や保護者と向き合う。

同様の仕組みは約30自治体にあるが、NPOや弁護士会の窓口とともにもっと増やしたい。

亡くなった2人を思い、教訓を共有し、必要な対策をとる。再発を防ぐための取り組みを急がねばならない。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年3月21日付東京新聞

取手中3自殺、いじめ認定 茨城県調査委「担任の言動が助長」

茨城県取手市で二〇一五年十一月、市立中学三年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、県の調査委員会は二十日、同級生によるいじめと自殺との因果関係を認める報告書を公表した。報告書では「担任の言動がいじめを誘発し助長した」とも指摘した。

報告書によると同級生の女子生徒三人が菜保子さんを連日のように「くさや」と呼び、他の生徒に「臭くない?」と告げるなど、複数の行為をいじめと認定した。

自殺当日には、いじめていた生徒が教室のガラスを割ったのに、担任が事実関係を調べないまま、無関係な菜保子さんも連帯責任として指導。「いじめで心理的に追い詰められていた菜保子さんをさらに深い苦しみに陥れ、自殺の引き金になったといえる」とした。

いじめた生徒と菜保子さんが遅刻した際には菜保子さんだけをしかるなど、それまでの担任の言動がいじめを助長したと指摘。いじめた生徒と一体的に「菜保子さんの心理に影響を与えていった」と認定した。

当初調査した取手市教育委員会はいじめを確認できず、一六年三月、いじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」に該当しないと議決していた。県調査委委員長の栗山博史弁護士は「両親は最初からいじめによる自殺を訴えており、法律などから重大事態は明らか。ここまで違法な市教委の対応は珍しい」と批判した。 (鈴木学)

<取手市立中3女子生徒いじめ自殺> 2015年11月、市立中学3年の中島菜保子さん=当時(15)=が日記に「いじめられたくない」などと書き残して自殺した。市教委は、いじめ防止対策推進法の「重大事態」に当たらないと議決したうえで、第三者委員会を設置した。疑念を抱いた両親は17年5月、文部科学省に、市教委の調査の中止と第三者委の解散を申し入れた。市教委は直後に議決を撤回。同年12月、両親の求めに応じ、県が新たな第三者委を設置し、いじめと自殺の因果関係を調べていた。

取手市調査報告書ポイント

取手中3自殺 娘の訴え、やっと届いた 遺族「3年超…長すぎた」

報告書の公表を受け、記者会見する中島菜保子さんの父考宜さんと母淳子さん=20日午後、茨城県庁で
 取手市遺族

茨城県取手市の市立中学三年だった中島菜保子さん=当時(15)=が「いじめられたくない」と書き残して自ら命を絶ち、間もなく三年半。県の調査委員会が二十日に公表した報告書では、「くさや」と呼ばれ、アルバムに中傷を書き込まれるなど、壮絶ないじめの実態が示された。両親は「娘の訴えが受け入れられた。やっとたどり着いた」と語った。 (越田普之、宮本隆康)

「ほんとうんこだよ」「クソってるね」。報告書によると、卒業時の思い出となるはずの菜保子さんのアルバムに、複数の加害生徒から心無い言葉が書かれていた。ほかにも、加害生徒は菜保子さんに視線を送った上で、こそこそ話をしたり、体育の授業で仲間外れにしたりした。

報告書では担任教諭の責任も重いとした。加害生徒と菜保子さんが授業に遅刻した際などに、菜保子さんだけを叱責し、新たないじめを誘発する土壌をつくったと指摘。加害生徒と担任が「補完し合いながら」菜保子さんを追い詰めていったと認定した。

「認定に三年以上かかったのは、あまりにも長すぎた」。県庁で記者会見した父親の考宜(たかのぶ)さん(47)は、取手市教育委員会が当初「いじめによる重大事案に該当しない」と判断したことへの不信感を、あらためてにじませた。

報告書は両親が訴えてきたことに沿う内容だが、菜保子さんに報告するつもりはないという。「一つの区切りのようにとらえられるかもしれないが、私たちは娘のことを背負って生きていかなければならない」と声を絞り出した。

取手市の藤井信吾市長は会見し「当初の対応が不適切だったために、遺族に大変長い間、心痛をかけたことに深くおわびする。本来、市の職責で調査しなければいけなかった」と謝罪。

伊藤哲教育長は「事実関係は市教委がつかんでいる内容と、それほど異なっていない。事実をどう受け止めるかが大切。反省をしなくてはいけない」と話した。

取手市いじめ認定

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn