令和元年

子どもたちの死、繰り返したくない 動き出した遺族たち

1

伶那さんの写真が飾られた祭壇。本を読むことが好きで、中学に進学するのを楽しみにしていた=横浜市

最愛の子を学校事故で突然失い、悲しみに直面する遺族。残された自分たちに何ができるのか。絶望の淵で死を受けとめ、前に向かって歩み出す原動力となったのは、同じ悲劇を繰り返したくないという願いだった。

横浜市の松田容子さん(50)は、小学校の卒業旅行中の2013年2月に亡くなった娘の伶那(れいな)さん(当時12)の死因を調べなかったことを今も悔やんでいる。

長野県のスキー場。宿の前で友人とそり遊びをしていると、突然、「疲れた」と座りこんだ。その後、友人が気づいたときには倒れていた。救急隊が駆けつけたが、心肺停止だった。

学校から連絡を受け、現地に向かった容子さんは、電車の中で医師から「蘇生措置をやめてもいいでしょうか」と電話で告げられた。何とか助けてほしいとすがったが、「これ以上続けても、伶那さんが苦しむだけ」と言われ、夫と相談して承諾した。「まだ現地に着いてもいないのに……」。電車の中で声を出して泣いた。

死亡診断書は「心不全」。伶那さんは大きな病気やけがをしたことはなかった。医師には「死因を調べるには解剖するしかない」と言われたが、別の病院に運ぶ必要があり、すぐにできるか分からないという。夫は「かわいそうだ」と反対した。着の身着のまま家を出ており、下の子を祖父母に預けていたことも気がかりで決断できなかった。

2

卒業旅行中に亡くなった伶那さんの遺影。これまで大きなけがや病気をしたことはなかった=横浜市

容子さんが知りたいと思っていた倒れた時の対応について、学校から詳しい説明があったのは半年後。学校は滞在中の自動体外式除細動器(AED)の場所を事前に把握せず、約1キロ離れた別の宿から借りていた。駆けつけた教諭が胸骨圧迫(心臓マッサージ)をしたというが、同行した看護師は「確認できなかった」と述べていた。非常時のマニュアルもなかった。

本当のことが知りたくて、訴訟について弁護士に相談すると、「死因が分からなければ難しい」と断られた。医療記録を複数の医師に見てもらったが特定できない。「死因が分からないままでは、遺族は前に進めない。しかし、死の直後に解剖するか遺族に判断させるのは酷だ」

3

長女の伶那さんを突然死で亡くした松田容子さん=横浜市

容子さんは、子どもの死を全数登録し、複数の専門家の検証によって予防につなげる制度が必要だと感じ、法制化を目指す活動に参加している。「Child(チャイルド) Death(デス) Review(レビュー)」と呼ばれ、海外では成果を上げている。国内でも昨年12月に成立した成育基本法で体制の整備が盛り込まれたが、実現への歩みは始まったばかりだ。

事故後、容子さんは心肺蘇生などの救命措置や子どもの安全管理などの資格を取り、学校や保育園などに講師として赴く。その傍ら、遺族としての経験を講演などで語っている。その際、必ずこう伝える。「私がどんなに頑張っても娘を助けることはできない。変えられるのはこれから先のことだけ。未来は変えていける」(北林晃治)

4

子どもの安全管理に関するシンポジウムで自身の経験について講演する松田容子さん=東京都千代田区

転倒したゴールの下敷きに

福岡県大川市を流れる筑後川の近くに昨夏、一面のヒマワリ畑ができた。小学校のゴール転倒事故で梅崎晴翔(はると)君(当時10)を亡くした祖父清人さん(69)が、孫の残した種で花を咲かせたいと植えた。この種を事故防止のシンボルに育てようという取り組みがある。

17年1月13日、市立川口小4年だった晴翔君は、体育の授業でサッカーのゴールキーパーをしていた。味方の得点に喜んでハンドボール用ゴールのネットにぶら下がり、転倒したゴールの下敷きになった。文部科学省は13年、転倒防止のために杭などでゴールを地面に固定するよう通知していたが、学校はゴールを固定しておらず、市教育委員会は過失を認めて謝罪した。

5

ヒマワリ畑と梅崎清人さん=2018年7月、福岡県大川市

清人さんは、近くに住む晴翔君がよく自転車で遊びに来たこと、風呂で背中を流してくれたことを思い出す。「愛敬があり、走るのも泳ぐのも速かった。サッカーが大好きだった」

事故の1カ月ほど前、晴翔君がヒマワリの種をまいてほしいと持ってきた。最初の夏はつらくて植えられなかった。1年が経ち、「大切な孫が託した種。頑張って増やそう」と思うようになった。昨夏、100平方メートルの畑にまき、できた種を訪れた人に「晴翔と事故を忘れないで」と渡した。

6

ヒマワリの種と梅崎清人さん=福岡県大川市

事故は、04年に静岡市の中学校でサッカーゴールが倒れて3年の男子生徒が犠牲になったのと同じ日に起きた。子どもの事故予防に取り組むNPO法人「Safe Kids Japan」は、ゴールの固定を呼びかける日にした。杭や砂袋でゴールを地面に固定した写真を学校に送ってもらいネット上で公開。清人さんからヒマワリの種をもらい、事故防止のシンポジウムの参加者らに贈っている。山中龍宏理事長は「転倒事故がなくなるまで続けたい」と話す。

清人さんは今年も種をまいて、咲いた花を仏壇に供えた。ヒマワリ畑は今月下旬に満開を迎える。「ヒマワリを育てることで、学校の安全に社会が目を向けるきっかけになれば」と願う。(木村健一)

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年6月2日サンテレビNEWS

学校の対応について考えるシンポ 学校での事故や事件

学校での事故や事件で子どもを亡くした遺族などが学校側の対応をテーマにしたシンポジウムを2日に兵庫県神戸市内で開きました。

このシンポジウムは学校での事故やいじめ、体罰などで子どもを亡くした遺族などで作る「全国学校事故・事件を語る会」が開いたものです。

2日は会の代表世話人で1994年、当時11歳の長男が担任からの体罰の後に自殺した内海千春さんが「学校が事故・事件に責任を持って対処し、可能な限り遺族との対話を続けていくことが重要」と指摘。

その上で「事実を明らかにし、学校と遺族の対話の土台をつくることが第三者委員会の使命だ」と語りました。

「全国学校事故・事件を語る会」は今後も活動を続けていくということです。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年5月30日付神戸新聞

市尼崎体罰保護者説明会 謝罪求める声と厳しい指導なくなることへ懸念の声

兵庫県尼崎市立尼崎高校の体罰問題を受け、全校生徒の保護者を対象にした説明会が29日夜、同校であった。桑本廣志校長(58)が謝罪し、市教育委員会が男子バレーボール部の体罰について調査した内容を説明した。

同校では9日、男子バレー部で指導する男性臨時講師(28)の体罰が発覚。部員が10回以上平手打ちされ、一時意識を失って鼓膜が破れるけがをした。18日には硬式野球部でも男性臨時講師(25)による体罰が判明。19日に男子バレー部の保護者向け説明会を開いたが、他の保護者からも要望があり対象を広げた。

同校によると、この日は保護者約400人が参加。保護者からは、男子バレー部の監督(51)に謝罪を求める声が出た。ただ、厳しい指導がなくなるのを懸念する声もあったとしている。母親の一人は取材に「このままでは子どもを通わせられない。切実に体質を変えてほしい」と話した。

一方、女子バスケットボール部で体罰が発覚した西宮市の市立中学校でも29日、保護者説明会があった。ボランティアでコーチを務め、部員2人の尻を蹴った保護者の40代男性について、指導者から外すとの説明があったという。(大盛周平、風斗雅博、小谷千穂、初鹿野俊)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年

10年前、弟が教師の指導中に自殺 司法修習生の兄 学校の事件・事故で「被害者に寄り添える弁護士に」

中尾さん

山口地裁前で思いを語る司法修習生の中尾基哉さん=山口市で2019年5月12日午後3時24分、樋口岳大撮影

埼玉県内の私立高校で教師から指導を受けている途中に飛び降りて命を絶った男子生徒の兄が今、弁護士を目指して山口県で司法修習している。弟を失って29日で10年。「学校が弟を1人にしなければ、命を絶つことはなかった」と苦しみを抱えてきた兄は「学校に関係する事故や事件の被害者に寄り添える弁護士になりたい」と決意を語る。

 司法修習生の兄は、埼玉県加須(かぞ)市出身の中尾基哉さん(30)。1月から9月までの予定で山口県の裁判所や検察庁、弁護士事務所などで実務を学び、早ければ今年末に埼玉で弁護士登録する。

 中尾さんによると、学校側の説明では、2009年5月29日、高校3年だった弟(当時17歳)は、英語の試験中にメモを見ているのを試験監督の教師に見つかった。教師はメモと答案用紙を取り上げて「こんなことをしてはいけない」と言い、弟は試験が終わるまでの約20分間、自席でうつむいていた。

 試験終了後、教師は弟を3階の教室から2階の職員室に連れて行こうとし、2階に下りたところにいた生活指導主任を呼び止めて事情を説明した。主任は弟がかばんを持っていないのを見て取りに行くよう指示。しかし弟は教室へは行かず、最上階の4階の廊下の窓から飛び降りた。

 「強いショックを受けていたはずの弟を、なぜ1人にしたのか」。中尾さんは強い疑問を感じた。高校ではカンニングが見つかると全科目が0点になる。自責の念を抱えた弟が卒業や進学への不安にも襲われて激しく動揺したことは容易に想像できた。ホームルーム中の教室に1人でかばんを取りに行かせず、教師が代わりに取りに行ったり、付き添ったりする配慮をしていれば「生きていたはずだ」と感じた。

 しかし、中尾さんら遺族に学校側から謝罪はなかった。母はふさぎ込み、仕事も近所付き合いもやめた。苦しんでいた時、提訴のために相談した弁護士に救われる思いがした。

 「学校相手の裁判は勝てない」と何人かに断られ、やっと引き受けてくれたのは東京の弁護士だった。中尾さんたちの話を丁寧に聞き、弟が命を絶つまでに感じていたであろう苦しみにも思いを巡らせ、裁判の書面を作ってくれた。「こんなに人を助けられる仕事があるのか」。中尾さんは弁護士を志した。裁判は学校側と和解した。

 幼い時はけんかもしたが、よく家族でキャンプやスキーなどに出かけ、仲のいい兄弟だった。「兄ちゃん、しっかり頑張れよ」。弟が背中を押してくれている気がする。【樋口岳大】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年5月24日付東京新聞

前橋・高2女子死亡 県いじめ対策委 遺族要請も委員交代せず

制服がかかったままの部屋=前橋市で

前橋・高2女子死亡1

前橋市の県立勢多農林高2年だった伊藤有紀さん=当時(17)=が2月に自殺したとみられる問題で、県教育委員会が第三者として依頼した県いじめ問題等対策委員会の委員1人について、父親(63)が公平・中立の観点から交代を要請したものの、実現していないことが23日、分かった。文部科学省の「子供の自殺が起きたときの背景調査の指針」は、第三者委による調査の公平・中立性などに対する遺族の要望を「十分に配慮する必要がある」と求めている。 (菅原洋、市川勘太郎)

高校時代に笑顔を見せる伊藤有紀さん=遺族提供

前橋・高2女子死亡2

「県教委の対応に納得できず、不信感が募る。娘を亡くして絶望しているのに、つらさに追い打ちを掛けられた」。父親は目を潤ませながら声を絞りだす。

父親が問題にするのは、五人いる委員のうち一人が桐生市で二〇一〇年に小学六年の女子児童が自殺した問題で、この調査委の委員を務めた事実だ。報告書はいじめが自殺原因の一つと認めながらも、両親から聞き取りせずに「家庭環境などの要因も加わった」と指摘。両親が強く反発した経緯がある。伊藤さんの父親は「人道的な調査ではない。両親から話を聞いていないのに、どうして家庭環境も指摘できるのか」と疑問を投げ掛ける。

父親は県教委の対策委には五人全員に不満がある。委員三人は前身の委員会の設置当初の一一年から委員。うち一人は県の審議会や別の委員会でも長年委員を務める。別の審議会で長年委員を務める人もいる。県の委員ではそれぞれ報酬が出ている。残る委員も県内の公職を務める。

全国では、いじめの第三者調査に対して公平・中立の観点から厳しい批判が続出し、各地で遺族側から第三者委の委員を地元以外から推薦するなどの動きが相次いでいる。

父親は「県から長年報酬を受け取ったり、県などと付き合いがあったりする人が、公平・中立にできるのか」と語気を強めた。

父親は今月上旬に県教委へ委員の交代を電話で求め、十七日に県教委を訪れたが、「特定の委員を除外しない」などと文書で回答があった。県教委の総務課は「桐生の委員会と委員一人が重なる事実を確認したが、父親が求めた事実関係を調査したものの、確認できなかった」と述べた。

県教委は二十二日夜、二回目の対策委を開き、父親から委員交代の要請があった件を報告。本年度をめどに報告書などを出せるように目指す。

三月末に同校による基本調査で一部でいじめがあったと認めたが、父親は「学校は都合のいいことは認めて後は認めない。不十分」と批判している。

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年5月23日付朝日新聞西部本社版

高1自殺、元同級生に10万円賠償命令 熊本地裁

熊本市内の県立高校1年の女子生徒(当時15)が2013年に自殺したのはいじめに学校側が適切な対応をしなかったためなどとして、遺族が県と元同級生1人に損害賠償を求めた訴訟の判決で、熊本地裁(小野寺優子裁判長)は22日、元同級生に11万円の支払いを命じた。一方、高校の教職員の対応と自殺との因果関係は否定し、県に対する請求は棄却した。

判決によると、女子生徒は13年4月に入学し、付属の学生寮で生活。夏休みで帰省していた同年8月、実家で亡くなった。母親らが16年7月、提訴していた。

判決は、女子生徒が13年5月ごろから、寮の同級生らから、LINEで「レスキュー隊呼んどけよ」などと書き込まれたり、中学校の卒業アルバムに落書きをされたりしたと認定。「『いじめ』に該当するか、準じた行為」と判断した。

書き込みについては、「加害行為などの可能性を想起させ、違法な脅迫行為だ」と指摘。落書きの件と合わせて「不法行為に当たる」として、慰謝料など計11万円の支払いを元同級生に命じた。

一方、寮生を指導する立場の教諭「舎監長」の対応については、「適切さを欠くとは言えない」と指摘。遺族側は「いじめの認識を持つべきだった」と主張したが、判決は、教諭が女子生徒と元同級生らに他人の中傷をしないよう指導するなど合理的な措置をとったとして、「いじめと判断しなかったからといって、安全配慮義務に違反したとはいえない」との判断を示した。

担任の教諭については、女子生徒が生活状況などを尋ねるテストで「死んでしまいたいと本当に思う時がある」との項目にマークをしたことを見逃し、舎監長の教諭にその事実を伝える義務があったのにしなかったと認定。そのうえで、「テストの回答が直ちに自殺を図る具体的なおそれがあることに結びつくまでとは言いがたく、自殺を予見できたともいいがたい」と指摘し、「自殺との因果関係は肯定できない」と結論付けた。

この問題をめぐっては、学校の調査委員会が16年2月、「いじめが直接的な影響を与えたとは認め難い」とする報告書をまとめた。しかし、調査委のメンバーに校長らが含まれていたことなどから遺族が反発。改めて調査した県の第三者委員会は17年7月、LINEの脅迫的な書き込みなど6件をいじめ行為と認めたが、自殺の直接の原因は「特定できなかった」と結論づけた。

ただ、LINEの書き込みなどが「『寮生活を続けたくない』と思うきっかけになったことは否定できない」とも指摘。退寮の願いがかないそうにないと感じる中でうつ状態となり、「改善されないまま自死につながったのではないかと考えられる」とした。(杉山歩)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年5月22日付神戸新聞

遺族ら第三者委の在り方問う

学校事故語る会 来月神戸

学校での事故やいじめ、体罰などで子どもを亡くした遺族らでつくる「全国学校事故・事件を語る会」の集会が6月1、2日、兵庫情報開示など事後対応の改善を求める要望書を文部科学省に提出した。
2日のシンポは午前9時半~午後4時。午前の部は、県立のじぎく会館(神戸市一同会代表世話人で、小学生中央区山本通4)である。シンポジウムなどを通じ、事実が明らかになった場合に学校や教育委員会などがどう対応すべきなのかや、調査委員会の在り方についても考える。

同会は事実解明や情報公開について行政機関への要望活動などに取り組んでおり、昨年12月には、学校や教育委員会による積極的なの長男が担任からの体罰後に自殺した内海千春さん=たつの市=が「第三者委の使命と望ましい事後対応の在り方」と題して基調講演する。

事後調査を巡っては手法や報告内容に不満を抱く遺族らの反発で、調査をやり直すケースが全国各地で相次ぐ。講演後、奈良県橿原市立中でいじめを苦に自殺した女子生徒の遺族や、名古屋市立高校で柔道部の練習中に事故死した男子生徒の遺族が登壇。いじめが原因で自殺した加古川市立中の女子生徒の遺族代理人、渡部吉泰弁護士も加わり、第三者委の問題点について意見を出し合う。参加費500円。これに先立ち、1日午後1時半ら5時、学校事故・事件の被害者や遺族、保護者らが経験を語り合い、情報を交換する交流会(参加費500円)が同会館である。

いずれも申し込みが必要。同会090・4908・6844(佐藤健介)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年5月11日付朝日新聞

(縦横無尽)「言葉の暴力」また部活動で 中小路徹

部活動指導における暴力は殴る、蹴るだけではないことを見つめ直すべき出来事が、また起こってしまった。

茨城県高萩市立中学3年の女子生徒が4月30日に自死した。市教育委員会によれば、生徒が残した紙に、所属していた卓球部の顧問の指導の様子が記されていた。

市教委が記述内容を顧問に確認したところ、顧問は、部員が練習に集中できていない時などに「殺すぞ」「殴るぞ」などの暴言を部員全体に発したこと、練習態度が悪いと感じた時に何人かの肩を小突いたこと、気合を入れるために道具を床に投げつけたり、物をたたいたりしたことを認めたといい、市教委も「不適切」とした。

生徒は3月15日から部活に参加していなかったが、学校には通っていた。部活動が自死につながったかどうかは、今後設けられる第三者委員会の調査を待つ必要がある。しかし、顧問の指導が正しかったかどうかは別問題だ。

2013年、大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将が顧問から暴力を受けて自死した事件が明らかになったことなどを機に、指導で直接的な暴力は認められないという認識は高まりつつある。

だが、それ以外の言動についての軽率な考え方はまだ根強く、今回の卓球部の指導からも推し量れる。13年に日本体育協会(現・日本スポーツ協会)などが採択した「暴力行為根絶宣言」では、身体的制裁のみならず、言葉や態度による脅迫、威圧についても「スポーツの価値を否定する暴力行為」と定める。文部科学省も、パワハラと判断される言葉や態度による脅し、威圧は許されない

指導とするガイドラインを作成している。それが、なかなか浸透しない。

昨夏には、岩手県立高バレーボール部に所属していた3年生の新谷翼さんが自死した。原因は県教委の第三者委員会が調査中だが、これまでの調査では、顧問が「背は一番でかいのに、プレーは一番下手だな」「どこにとんでるんだ、バカ」などの言葉をぶつけ、顧問も発言をほぼ認めている。

父親の聡さんは「指導者は悪気もなく、生徒を追い詰める。一人の世界に完結せず、指導者本人が言葉の暴力を自覚できるよう、複数による体制など、誰かの意見が入る機会が必要だ」と話している。(編集委員)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年5月10日付東京新聞社説

いじめ防止法 悲劇防ぐ改正進めよ

超党派の国会議員によるいじめ防止対策推進法の改正作業が難航している。学校の負担増に配慮し、当初の対策強化案が後退。遺族らは反発している。悲劇をなくすため一歩でも前進できないか。

十連休の後にも、埼玉県では電車にはねられ亡くなった高校生がいる。目撃情報から自殺とみられている。原因は分からないが、学校に行くのがつらかったのかもしれないと思うと胸が痛む。

子どもたちをどうやったら救えるか。そこを原点に考えたい。

法は、二〇一一年に大津市の中学二年男子がいじめ自殺した事件をきっかけに制定された。国や地方自治体、学校はいじめ防止の方針を定める。自殺や長期の不登校は「重大事態」と位置付け、第三者委員会をつくって原因究明にあたり、再発防止につなげる。

しかしその後も全国で子どもが命を絶つ事態は続いている。第三者委員会の調査結果に遺族が納得せず、再調査になるなど、法は必ずしもうまく機能していない。

昨年公表された改正案のたたき台には、いじめ対策委員会の設置や学校で作るいじめ防止基本計画に盛り込むべき項目などがきめ細かく盛り込まれていた。しかし四月の案ではそれらが削られた。

いじめの定義が広すぎるなど、現行法でも学校は疲弊しているとの指摘もある。一方でいじめ自殺の遺族らには、学校でいじめ問題の深刻さが共有されていないという、もどかしい思いがある。

両者の溝を埋めていくためには、余裕をもっていじめに向き合える体制づくりが必要なのではないか。スクールカウンセラーなどの配置は進んでいるが、それに加え大津市はいじめ対策主任を学校に置けるよう、国が財政支援することを提案している。

市は事件後の一三年度から、いじめ対策に専念する教員をほぼ全校に配置した。増員分の人件費は市が負担している。担当教員は子どもたちの様子を見守るとともに、靴箱や教室の細部まで日々、目をこらすのだという。靴に画びょうや虫が入れられていたり、窓枠や机に「死ね」などの落書きがされていたりの危険な兆候が見つかることもあるからだ。いじめの早期発見につながっているという。

子どもの死があって国や地方自治体が重い腰を上げる。これまでのいじめ対策はその繰り返しだった。その情けないありようを克服するため、法改正にも知恵を絞りたい。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

令和元年5月10日付北海道新聞

札幌高1自殺訴訟、母親が控訴 元顧問の責任否定に不服

2013年に札幌市の道立高校1年の男子生徒=当時(16)=が自殺したのは、所属する吹奏楽部のトラブルで当時の男性顧問教諭から叱責(しっせき)されたのが原因として、生徒の母親(51)が道に損害賠償を求めた訴訟で、母親は9日、自殺に対する元顧問の責任を否定した一審札幌地裁判決を不服とし札幌高裁に控訴した。

4月25日の一審判決によると、13年1月に生徒と他の部員がメールのやりとりでトラブルになった際、元顧問は生徒だけを叱責した。同3月にも別の部員に対する生徒の発言をとがめ「部員に一切メールをしないこと」などを部に残る条件として要求。生徒は翌日に自殺した。

一審判決は、生徒のメールや発言の内容から「指導の必要があり、方法も違法ではない」と判断。自殺との因果関係も認めず「元顧問に法的責任はない」とした。一方で高校が自殺の原因を調べた在校生アンケートを保管期限前に廃棄したことについて「遺族に苦痛を与えた」と認定し、高校を設置する道に110万円の賠償を命じた。

母親は取材に対し「元顧問の言動を正当化する判決は受け入れられない。指導の範囲を超えた違法な行為だとあらためて訴えたい」と述べた。道教委は「控訴状を確認しておらずコメントは差し控える」とした。(松下文音、中秋良太)

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn