平成28年3月2日京都新聞

園児死亡で検察審申し立て 京都、ブール事故で両親

1豊美

検察審査会に申し立てた思いを語る榛葉英樹さん(中央)=京都市中京区

京都市上京区の保育園「せいしん幼児園」で2014年夏、プールで遊んでいた榛葉天翔(しんばあもう)君=当時(4)=が死亡した事故で、両親が1日、業務上過失致死容疑で告訴した当時の園長ら4人を不起訴処分(嫌疑不十分)にした京都地検の処分を不服とし、都第2検察審査会に審査を申し立てた。

申立書によると、当時の園長や代表理事らは、プール活動において教諭ら複数人での監視体制を確保するといった水難事故防止の注意義務を怠った結果、14年7月30日午後2時ごろ、園のプールで天翔君が呼吸停止の状態に陥り、8月6日に低酸素脳症で死亡させたと指摘。溺水と死亡の間に因果関係があるとした。

申し立て後、京都市中京区で記者会見した父親の英樹さん(45)は「公の場で全容が明らかになるよう、市民目線で起訴(相当)の判断をしてほしい」と語った。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年3月2日付朝日新聞青森版

いじめ受けた娘の心、想像して 高校卒業式に遺族

浜松中和解2

 女子生徒の卒業証書と写真を持って正門前に立つ両親=八戸市大久保の八戸北高校前(遺影にモザイクをかけています)

2014年7月に八戸北高校2年の女子生徒(当時17)が八戸沖で遺体で見つかり、両親がいじめによる自殺の可能性が高いと訴えている問題で、両親が1日、同高の卒業式に出席し、女子生徒の名前が書かれた卒業証書を受け取った。父親は式後、「(娘は)何事もなければ一緒に卒業し、今日を幸せな気持ちで過ごしていたかと思うと残念でならない」と話した。

卒業証書は、通し番号のついていない仮のもの。両親によると、式後、校長室で竹浪二三正校長から父親が受け取った。式では卒業生の名が読み上げられたが、女子生徒の名は呼ばれなかったという。

母親は「娘は本当は生きていたかった。社会に出たり、親になったりするであろう同級生には、娘の死を忘れてしまうのではなく、いじめを受けていた娘がどんな気持ちだったかこれからも想像してみてほしい」と話した。

女子生徒がどのように海に入ったのかは今でもはっきり分かっていない。母親は今も週に1、2回、八戸市の海岸を訪れているという。(榎本瑞希)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年2月28日付朝日新聞西部本社版

母親「うやむやにできない」 熊本高1自殺の報告書受け

マット

 報告書を受け取った後、記者会見した女子生徒の母親=26日午後、熊本市中央区、仲大道撮影

2013年8月に、「LINE(ライン)」の書き込みなどでいじめを受けていた熊本県立高校1年生の女子生徒(当時15)が自殺した問題で、学校の調査委員会(委員長=園部博範崇城大准教授)は26日、「いじめが自殺に直接的な影響を与えたとは認めがたい」とする報告書をまとめた。

「すべてをうやむやにされたような報告書。納得できません」。自殺した女子生徒(当時15)の母親(48)は学校調査委からの報告を受けた26日、熊本市内で弁護士とともに会見し、時折涙を流しながら、とつとつと語った。

「娘の死とずっと向き合ってきて、いじめが100%原因だと思ってきた」という。だが、2年半待ち続けた報告は、到底受け入れられるものではなかった。

調査委は、女子生徒が夏休みを境に寮生活をやめられると見込んでいたと指摘。学校から「トラブルは解決した」と伝えられていた両親が寮生活をやめさせる判断をしなかったことも、「うつの状態」に陥った一因であるとした。

母親は「寮をやめさせなかったのが原因と言われ、ものすごくつらい。子どもを不幸にしたい親なんていません」と憤った。同席した弁護士も「(学校側が)情報をきちんと保護者に伝えていればこうはならなかったはず」と指摘した。

今後の対応は報告書を読み込んで決める。しかし、来月には女子生徒の同級生が高校を卒業するため、「再調査は難しくなるのでは」との不安もよぎる。

夫も14年7月に自殺。「すべてを壊されてしまいました。ともに悲しみ泣ける主人も失(な)くしてしまいました。この先、一生、心が癒やされることはありません」。母親はそんな思いを便箋8枚につづり、蒲島郁夫知事に渡してほしいと、県教委の担当者に渡した。

母親は言う。「学校側を守るための報告書なのかなと感じました。娘と夫には『とても残念だったね』と報告します」(籏智広太)

 

■踏み込めていない印象

〈林幹男・福岡大教授(臨床心理学)の話〉 いじめと自殺の間に一定の時間があり、直接的な因果関係を特定することは確かに難しい。ただ、調査は全体的に踏み込めていない印象がある。トラブルを複数の教職員で共有しなかったこと、「寮に戻っても大丈夫」という安全保証が十分なされなかったことなど、学校の対応のまずさと自殺の因果関係について、もっと調査する必要があったのではないか。

 

■公正な調査と思えない

〈いじめ問題に取り組むNPO法人ジェントルハートプロジェクトの小森美登里理事の話〉 学校の調査委員会で校長など利害関係者も入っていて、公正な調査とは思えない。調査委が認定したいじめは、どれも精神的な負担が大きく、一つでも継続すれば生きる気力を失う。それを5件も認定しながら、自殺との因果関係を認めないということは、意図的としか思えない。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年2月27日付岩手日報

暴行の疑い、同級生書類送検 矢巾・中2いじめ自殺

矢巾町の中学2年の男子生徒が昨年7月、いじめを苦に自殺した問題で、県警は26日、告訴された同級生の少年4人のうち当時14歳の1人を暴行の疑いで盛岡地検に書類送検した。

残る3人のうち、当時13歳の1人も児童相談所(児相)に通告。胸ぐらをつかむなど計3件の行為について暴行の疑いがあったとし、7カ月余りに及んだ捜査は終結した。

午前9時半ごろ、紫波署員2人が捜査書類が入っているとみられる段ボール箱2個などを車両に積み込んで紫波町の同署を出発し、盛岡市の盛岡地検に運んだ。同署は同日午前、男子生徒の父親(41)に捜査結果などを説明した。

父親や捜査関係者によると、14歳の少年の書類送検容疑は、校内で男子生徒の胸ぐらをつかんだり、背後から殴打する2件の暴力行為をした疑い。

児相通告となった13歳の少年は、机の上に男子生徒の頭をたたきつけた疑い。

残る当時13歳の2人は暴行などの容疑に当たる事実がなかったと判断した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年2月27日河北新報

<矢巾中2自殺>同級生1人を書類送検

岩手県矢巾町の中学2年村松亮さん=当時(13)=が昨年7月、いじめを苦に自殺した問題で、岩手県警は26日、村松さんに暴行したとして告訴された同級生4人のうち、当時14歳だった少年1人を暴行容疑で書類送検した。  当時13歳だった別の少年1人は児童相談所に通告した。残る2人は暴行容疑に当たる事実がなかったと判断した。  県警は少年の具体的な書類送検容疑を明らかにしないが、捜査関係者によると、昨年6月、中学校で自習中に村松さんに消しゴムを投げ、服をつかんでもみ合いになったなどの疑いが持たれている。  村松さんの父親(41)が昨年7月、暴行容疑などで、いじめに関わったとみられる少年4人を告訴。

県警は村松さんが同級生からの暴力を訴えていた生活記録ノートなどの分析のほか、教職員や同級生から事情を聴き捜査を進めていた。  村松さんは昨年7月5日、同町のJR矢幅駅で列車にひかれて死亡した。担任とやりとりした生活記録ノートには「づっと暴力、づっと悪口」などいじめの訴えや「ボクがいつ消えるか分かりません」など自殺をほのめかす記述が約3カ月にわたって残されていた。  学校は同26日に公表した調査報告書で、6件をいじめと判断し、自殺の一因であると認めた。

町教委は昨年9月に第三者委を設置し、生徒や教職員への聞き取り調査に入っている。  村松さんの父親は「(書類送検は)その通りの結果だと思う。第三者委に対しては、いじめの全容を明らかにすることを望みたい」と話した。

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年2月27日 NHK盛岡放送局

いじめ問題で同級生を書類送検

去年7月、矢巾町で中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、同級生2人が男子生徒に暴行を加えた疑いがあるとして、警察は、当時14歳の少年を書類送検し、当時13歳の別の少年を児童相談所に通告しました。 去年7月、矢巾町の中学2年の男子生徒がJR東北線の矢幅駅で列車にはねられ死亡し、担任の教諭とやりとりする生活記録ノートにいじめをうかがわせる内容を書き記していたことから、いじめを苦に自殺したとみられています。 警察は、暴行などのいじめを受けていたという父親からの告訴を受け、同級生や教職員から事情を聞くなどして捜査を進めてきました。 その結果、当時14歳の同級生の1人が男子生徒の胸ぐらをつかむなどしたほか、当時13歳の別の同級生1人が男子生徒の頭を机に押さえつけた疑いがあることがわかったということです。 このため警察は、26日、当時14歳の少年を暴行の疑いで書類送検し、当時13歳で刑事処分の対象とならない別の少年1人を児童相談所に通告しました。 男子生徒の中学校は、去年7月、調査報告書をとりまとめ、「机に頭を押さえつける」など6件の行為をいじめと認定し、「自殺の一因と考えられる」と結論づけています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/6043222541.html?t=1456554334472

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年2月27日神戸新聞

「部活副顧問が暴行」元村野工高生、賠償求め提訴

部活の副顧問に殴られて目に障害が残ったとして、神戸村野工業高校(神戸市長田区)の元男子生徒(18)が副顧問と学校を相手に総額約1300万円の損害賠償を求めて神戸地裁に提訴したことが26日、分かった。元生徒は刑事告訴もしており、長田署は今月上旬、副顧問を傷害容疑で書類送検した。

提訴は昨年10月20日付。訴状などによると、元生徒は同校の少林寺拳法部に所属。2年生だった2014年9月ごろ、顧問不在で副顧問の指導を受けていたが、これまでの練習メニューと違ったため、顧問に相談した。その翌日の同月11日朝、副顧問に「何をちくったんや」と目の付近を殴られるなどし、目の前を虫が飛ぶような錯覚がある「飛蚊(ひぶん)症」を患った、としている。

元生徒の母親(47)は「感情で教師が殴ったと聞き、信じられない思い。その後の対応でも学校側の誠実さが感じられなかった」と主張。同校は治療費を支払い、副顧問を減給10分の1(3カ月)とし、現在も部活指導を自粛させている。「本校の教諭が生徒にけがをさせたことは申し訳なく、おわび申し上げる。係争中なので中身はコメントできない」としている。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年2月27日

体罰教員名、神戸市に再び公開要請 審査会答申

神戸市情報公開審査会(会長=米沢広一・大阪市立大大学院教授)は26日、神戸市立学校の体罰報告書に関する情報公開請求に対し、一部を除いて教職員名を非公開とした同市教育委員会

の決定を妥当とせず、原則公開を求める答申を出した。

同審査会は2014年8月にも同様の答申を出しており、今回が2回目。市教委は前回の答申後、従来の全面非公開から方針転換したが、原則公開には応じていない。

神戸大大学院の馬場健一教授(法社会学)が前回の答申後、神戸市立の小中学校と高校、特別支援学校が09~13年度に市教委に提出した体罰報告書の公開を請求。市教委は131件について内容や学校名などを公開したが、教職員名の公開は50件にとどまった。

市教委は「被害者は同じ学校の児童・生徒や保護者らに体罰を受けたことを知られると、精神的苦痛を受ける」などと主張。担任による体罰などは、教職員名から被害児童・生徒の特定につながるとして非公開とした。

これに対し、審査会は「一般人が得られる情報では、被害者の特定は極めて困難」と判断。部活動の主将と顧問のように、体罰をした教職員と児童・生徒の関係から被害者が特定できる場合などを除き、121件を教職員名の公開対象とした。

体罰報告書をめぐっては12年、兵庫県教委に対し教職員名の公開を命じた大阪高裁判決が確定。

これを受け、県教委は原則公開を決めた。大阪府教委や同市教委なども原則公開している。

答申を受け、神戸市教委は「今後、教育委員会会議で議論したい」とした。(紺野大樹)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年2月27日朝日新聞社説

高2自殺判決 生徒を追い詰めた暴力

 

2012年12月に大阪市立桜宮高校バスケットボール部2年の男子生徒(当時17)が自殺したのは、元顧問(50)の暴力が原因だとして、遺族が市に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は市に約7500万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

裁判長は「元顧問の暴行がなければ男子生徒は自殺しなかった」と因果関係を明確に認めた。

そして生徒が暴行を受けた後に無気力になる異変を元顧問が認識していたとも指摘、自殺を予見できたと認めた。

判決後、遺族は「息子のような子を二度と出したくない」と語った。

子どもへの暴力行為は、正当化する余地のない人権侵害だ。市教委はもちろん、教壇に立つ教員、学校関係者はこれを機に改めて心に刻んでほしい。

理解できないのは、事件後に「暴力が自殺の要因」と認めていた市が、裁判で一転して「主な原因は生徒自身の悩みや家族にあった」と主張したことだ。「賠償にあたり、元顧問以外の要素はないのか詰めなければならなかった」と説明する。だが、責任を家族に帰するような主張は遺族感情を傷つけた。

元顧問は13年、傷害と暴行の罪で有罪判決を受けたが、暴力と自殺の因果関係は争点にならなかった。

遺族は関東に移り住んでから因果関係などの認定を求めて訴訟を起こした。市はもっと遺族側に寄り添った対応はできなかっただろうか。

体罰は指導上やむを得ないという考えは、今も根強い。

文部科学省によると、14年度に体罰で処分された公立の小中高校などの教職員は952人で、前年度の約4分の1に減ってはいる。だが、ゼロと回答する県もあり、実態がどこまで把握できているか、疑問も残る。

兵庫県姫路市立中学校の教諭が、いじめを受けて骨折した生徒について「病院では階段から転んだことにしておけ」と別の教師に指示したとして、今月停職6カ月の懲戒処分を受けた。

ことを荒立てず、面倒を避けたい。そんな勝手な隠蔽体質が学校現場にあれば、子どもたちは救われない。

学校や教育委員会は、体罰は顕在化しにくいとの前提に立ち、被害の掘り起こしに努めるべきだ。

定期的なアンケートや、外部に相談窓口を設ける取り組みなどを広げたい。

暴力はもちろん、教師の暴言や不用意な一言も、子どもを傷つける。教師は自らの指導方法を常に省みてほしい。教師同士が互いの指導に意見を言い合える雰囲気作りも不可欠だ。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年2月26日共同通信

中2自殺、同級生1人を書類送検 岩手、暴行容疑

昨年7月、岩手県矢巾町の中学2年村松亮さん=当時(13)=がいじめを苦に自殺した問題で、県警は26日、村松さんに暴行したとして告訴された同級生4人のうち、14歳の少年を暴行容疑で書類送検した。

当時13歳だった別の少年1人は児童相談所に通告し、残る2人は暴行容疑に当たる事実がなかったと判断した。

村松さんの父親(41)は昨年7月、暴行容疑などで少年4人を告訴。県警は村松さんが「ずっと暴力」と同級生からの暴力を訴えていた生活記録ノートや、学校の報告書を分析。同級生や教職員からも事情を聴き、捜査を進めていた。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn