平成31年4月27日神戸新聞

第三者委、遺族と信頼関係築けず再調査へ 宝塚・中2自殺

謝罪する宝塚教委

最後まで信頼関係を築けなかった。2016年12月、宝塚市立中学2年の女子生徒=当時(14)=が自殺してから2年4カ月余り。同市は26日、生徒が自殺に至った経緯の再調査を決めた。市教育委員会は、生徒の自殺を調査した第三者委員会と遺族との意思疎通が不十分と明らかにし、「遺族の理解」という制度の課題が浮き彫りになった。(中島摩子、井上 駿、大盛周平)

会見した市教委の森恵実子教育長は「時間を要し、混乱を招いた。大変申し訳ない」と謝罪した。同席した市教委幹部は何度も「異例」の言葉を口にした。

中でも、第三者委が昨年秋、市教委に提出済みの報告書を約2カ月で改訂した点を重視し「(事前に)遺族に説明していたら改訂に至らなかった」と説明。また「第三者委は公正中立を重視するあまり、遺族への情報提供がスムーズでなかった」と評し、第三者委が遺族や学校、市教委などとの関係に苦慮したとも推し量った。

さらに、市教委が非公開とした報告書の概要を、第三者委が声明文で明らかにすると、わずか2日後に遺族が抗議声明を出す事態に。これを受け、第三者委の委員長を務めた弁護士が「遺族の気持ちに配慮が足らなかった」と釈明するなど、混迷ぶりが際立った。

その後も報告書の公開範囲で、遺族は「事実認定を中心にしてほしい」と求めたが、第三者委は「全体を示さないと調査の趣旨が伝わらない」と主張し、折り合わないまま非公開が決定。森教育長は市教委も「調整する努力が足らなかった」とし、「市教委にも第三者委を任命した責任がある」と踏み込んだ。

第三者委の調査や制度を巡っては、文部科学省が本年度、有識者らの委員会があり方を議論する。同省の担当者は「第三者委と遺族側が、信頼関係が築けない事案が多い」とし、委員の選任方法▽第三者性の担保▽いじめの事実認定−などが論点になる見込み。

立命館大大学院の春日井敏之教授(臨床教育学)は「遺族との調整がしっかり図れていれば、ここまでこじれなかったのではないか」と指摘。その上で「第三者委員会が公平公正に検討を進めるのと、遺族に寄り添うのは矛盾しない。遺族に納得してもらうためにも、経緯を報告しながら丁寧に報告書を作成すべきだった」と述べた。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年4月27日付毎日新聞

宝塚中2いじめ自殺、市が再調査へ 遺族要望、報告書「不十分」

兵庫県宝塚市で2016年12月、市立中学2年の女子生徒(当時14歳)がマンションから飛び降りて自殺した問題で、市は26日、自殺の経緯を再調査する方針を明らかにした。市教委の第三者委員会が作成した報告書について遺族から「調査が不十分」と批判があり、市が設置している別の有識者による委員会が調べ直す。

市教委の第三者委は昨年7月、仲間外れなど他生徒によるいじめを認定した報告書をまとめた。しかし、遺族から「いじめと自殺の因果関係が分かりにくい」と指摘され、同10月に「いじめ行為以外には自死と結びつく事柄は見当たらない」との表現を加え、改訂した報告書を作成した。

市教委によると、改訂版について遺族は今年2月、いじめ行為が具体的に特定されておらず、部活以外のクラスでのいじめの調査も不十分と訴え、市長部局による再調査を要望。市教委は「遺族とのコミュニケーションが不足し、信頼関係を築けていなかった」として、現在の第三者委による調査の継続を断念した。市は今後、常設している子供の権利擁護を担当する委員会に調査を委ねる方針を決めた。

中川智子市長は「ご遺族の気持ちをしっかり受け止め、納得してもらえる再調査をしたい」と話した。【土居和弘】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成31年4月26日付神戸新聞NEXT

謝罪する宝塚教委

謝罪する宝塚市教育委員会の森恵実子教育長(右から2人目)ら=26日午後、宝塚市役所

報告書を受ける森教育長

森恵実子教育長(左)から第三者委員会の調査報告書を手渡される中川智子市長=26日午後、宝塚市東洋町、宝塚市役所(撮影・風斗雅博)

兵庫県宝塚市で2016年12月、市立中学2年の女子生徒=当時(14)=が飛び降り自殺し、いじめを認める報告書を答申した第三者委員会の調査について、同市の中川智子市長は26日、「いじめの事実関係が未解明」とする遺族の要請を受け、再調査する方針を明らかにした。同市教育委員会は答申済みの調査報告書の非公開も決定。再調査は、中川市長が改めて委員を任命し、別組織が担当する。

弁護士らでつくる第三者委は約1年半かけてまとめた調査報告書を改訂したものの、女子生徒の遺族に受け入れられず、内容が公表されないまま再調査が決まる異例の事態となった。

会見した同市教委の森恵実子教育長は「遺族と第三者委が十分に意思疎通できず混乱を招いた」と信頼関係を築けなかったと説明。「公表が望ましい」とした調査報告書は部分公開でも合意できなかったとした。

同日、全て非公開となる調査報告書を受け取った中川市長は「遺族が納得されるまで真摯に調査したい。スピーディーに進め、人選に配慮する」と語った。

女子生徒の自殺を巡っては、弁護士や臨床心理士らで構成する第三者委が16年12月に発足。昨年7月までに76回の聞き取り調査と44回の会合を重ね、調査報告書を市教委に答申。しかし、遺族の指摘で、心理学的な仮説を含む記述を削除し、結論部分に「いじめ行為以外に、特に自死に結びつくような事柄は見当たらなかった」と追記した。

神戸新聞の取材では、調査報告書は、女子生徒が仲間に入ろうとすると「ストーカー」と呼ばれたなどのいじめ4件を認定したことが分かっている。

自殺した児童生徒の遺族が第三者委の調査報告書を不満とし、再調査に至るのは、兵庫県内で神戸市、多可町のケースに次いで3件目となる。(中島摩子、大盛周平)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年10月11日毎日新聞

第三者委「いじめ」認定 報告書改訂

兵庫県宝塚市で2016年12月、マンションから飛び降りて自殺した市立中学2年の女子生徒(当時14歳)について、市教委の第三者委員会がいじめがあったと認定し、他に「自死(自殺)に結びつくような事柄は見当たらなかった」との調査報告書をまとめたことが明らかになった。学校が積極的に関与すれば女子生徒の自殺は防げた可能性があるとも言及している。遺族らへの取材で判明した。

女子生徒は16年12月8日に死亡。日記に学校での人間関係の悩みをつづり、死亡前日には「もう死ぬ。生きる意味がない」などと書いていた。

報告書では、女子生徒が仲間に入ろうとして他の生徒からストーカー呼ばわりされたことや、部活で仲間外れにされたことをいじめと認定。部内で1年前にも不登校が発生しながら学校側が積極的に関わろうとしなかったと指摘した。そのうえで不登校になった生徒の訴えを真摯に受け止めていれば、「本件事態は回避しえたのかもしれない」と学校の責任に言及した。

第三者委は今年7月にいったん報告書をまとめて市教委に提出した。しかし遺族から「いじめと自殺の因果関係が分かりにくい」などの指摘を受け、今月1日付で改訂。「いじめ行為以外には特に自死に結びつくような事柄は見当たらなかった」と加筆し、いじめによる自殺を強く推認させる内容にした。

学校事件・事故被害者全国弁護団副代表の渡部吉泰弁護士は「完成後に報告書が改訂されるケースは初めてではないか。調査の過程で遺族との意思疎通が不十分だった可能性がある」と指摘している。

二つの報告書は共に非公表。第三者委の石田真美会長(弁護士)は「遺族から報告書の公表の許可を得ておらず、(改訂について)現段階ではコメントできない」としている。

女子生徒の父親(52)は「学校や市教委がいじめにしっかり対応してくれていれば、娘は死ななくてもよかったのではないか。なぜ対処できなかったのかを明らかにしてほしい」と話している。

【石川勝義、土居和弘】

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成30年7月24日神戸新聞

宝塚・女子中生転落死 いじめ防止対策委が市に答申

宝塚市中2女子

宝塚市役所=宝塚市東洋町

兵庫県宝塚市内のマンションで2016年12月、市立中学校2年の女子生徒=当時(14)=が転落死した事案を調査してきた第三者委員会「市いじめ防止対策委員会」(会長=石田真美弁護士)は23日、調査結果報告書を森恵実子教育長に答申した。同市教育委員会は今後、遺族に内容を説明した上で「公表するかどうかを総合的に判断する」とした。

弁護士や臨床心理士、大学教授らで構成する第三者委は16年12月から事実関係などを調査し、計44回の審議を重ねた。当初は昨年11月をめどに結果を示すとしたが、大幅にずれ込んだ。

答申までに約1年7カ月を要した理由について、石田会長は「委員にそれぞれ専門分野があり、かなり議論があった」と委員間で意見の相違があったことをにじませた。

答申を受けた森教育長は「痛ましい出来事を二度と繰り返さないよう、学校現場、教育委員会一丸となって再発防止に取り組む」とコメントした。市教委は今後、文部科学省のガイドラインに沿って遺族との協議や市長への報告などを行う。(中島摩子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年12月29日 神戸新聞 

 兵庫県宝塚市内のマンションで市立中学2年の女子生徒=当時(14)=が転落死した事故で、同市教育委員会は28日、いじめを苦にした自殺の可能性があるとして、第三者委員会の調査を始めると発表した。来年夏ごろの最終報告を目指す。

 第三者委は、市教委常設の「いじめ防止対策委員会」。同日、市教委が「交友関係に悩んでいた」という生徒らへの聞き取り結果などを報告し、いじめの疑いがあるとして、調査を依頼した。

 第三者委は大学教授、弁護士、臨床心理士の3人で構成。さらに精神科医、弁護士、スクールソーシャルワーカーの3人を加える予定。第三者委の中村豊会長=関西学院大教授=は「事実を丁寧に確認し、経緯や背景の報告書を作成する」とコメントした。

 市教委は遺族から「しっかりと第三者委員会に調査してほしい」と伝えられており、調査結果を報告する。

(土井秀人)

 

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年12月9日神戸新聞

 8日朝、兵庫県宝塚市内のマンションで転落死した中学2年の女子生徒(14)が遺書のようなメモを残していたことが8日、宝塚署への取材で分かった。自殺とみられ、同市教育委員会は、学校内でトラブルがあった可能性も含め、第三者委員会による調査を決めた。

 同署によると、生徒は同市南ひばりガ丘のマンションから転落。遺書は8~9階の外階段にあった生徒のかばんから見つかったという。同署は内容を明らかにしていない。

 市教委によると、生徒が通う学校で11月末に学校生活についてアンケートをしたが、生徒の回答にいじめに関する記述はなかった。

 一方、生徒の友人が今月1日、「(亡くなった生徒が)交友関係で困っているようだ」と学校に相談していたと説明。女子生徒から話を聞く予定だったという。

 市教委は「詳細を把握しているところだが、いじめの可能性も考えられる」とし、いじめ防止対策推進法に基づく重大事態と判断。市教委の第三者委員会が調査を始める。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn