平成29年10月4日中国新聞
「学校の姿勢に失望」
三原組み体操提訴の両親会見
両親
「真実を明らかにしたい」と会見で訴える生徒の両親
 三原市館町の広島大付属三原中3年の男子生徒=当時(14)=が昨年6月、運動会の組み体操に参加した2日後に死亡した問題で、同市の生徒の両親が3日、弁護士と市内で記者会見した。両親は「事実を隠そうとする学校の姿勢に失望した」と提訴決意の思いを語った。
 遺族側は組み体操の移動ピラミッド(3段騎馬)を解体する際に崩落があったと主張。昨年7月と12月、生徒が亡くなった経緯や原因調査への協力を保護者の会合で依頼したいと同校に要望した。事前に内容も通知したが、2度とも出席を拒否されたという。父の会社社長男性は「息子の最期に何かあったのか知りたか
った」と声をつまらせた。
 取材に対し同校は「騎馬が崩れていないのに、崩れた前提で保護者に話をしてもらうことはできない」と説明している。
 遺族は、学校が十分な安全対策を講じなかったとして今月1日、学校を運営する広島大(東広島市)に約9千万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁尾道支部に起こした。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年11月3日中国新聞
学校側「再調査しない」
三原組み体操問題生徒遺族に回答

 三原市館町の広島大付属三原中3年の男子生徒=当時(14)=が昨年6月、運動会の組み体操に参加した2日後に死亡した問題で、組み体操と死亡の因果関係の再調査を求める遺族に対
し、学校側は再調査の意向はないと伝えていたことが2日、分かった。取材に対し同校は、運動会後に調査をしたと説明している。
 同市の遺族は、生徒が参加した組み体操「移動ピラミッド」を解体する際、崩落する事故があったと主張。死亡から1年たった6月、「事実が明らかになっ
ていない」として質問状を同校に提出した。当日の指導教員の配置など27項目について見解を求め、再調査を求めた。
 同校の6月15日付の回答によると、「生徒の死亡を引き起こすような行動、状況はなかったと考えている」と説明。「今後、再調査は予定していない」とした。同校は生徒の死亡後、
組み体操に参加した生徒に聞き取りを実施。「崩れていなかった」との回答を得たとしている。
 取材に対し同校は「聞き取りをした生徒は既に卒業している。聞いたことは間違いないので再調査の必要性はない」と説明した。
 遺族は、学校が十分な安全対策を講じなかったとして今月1日、学校を運営する広島大(東広島市)に約9千万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁尾道支部に起こした。同校は「内容については訴状が手元にな
いので回答できない」としている。(中島大)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成29年11月2日中国新聞
広島大付属三原中 運動会2日後に生徒死亡
「組体操が原因」提訴
  遺族、安全措置問う
広大付属三原
 三原市館町の広島大付属三原中3年の男子生徒=当時(14)=が2016年6月に死亡したのは運動会の組み体操が原因として、同市の遺族が1日、学校を運営する広島大(東広島市)に約9千万円の損害賠償を求め広島地裁尾道支部に提訴した。生徒は運動会の2日後に死亡。学校が十分な安全対策を講じなかったと訴えている。(中島大)
 提訴したのは、父親の会社社長男性と家族。訴状によると、運動会は16年6月18日に同校グラウンドであり、生徒は組み体操などに参加した。20日未明に自宅
で体調が悪化。病院に運ばれ、同午前5時50分ごろ脳内出血で死亡した。
 遺族は、組み体操「移動ピラミッド」 (3段騎馬)で生徒が頭の痛みを訴えており、後頭部に衝撃が加わったと主張。演技後、ピラミッドが崩落したとし、「学校が演技内容と危
険性を十分認識しておらず、事故を未然に防ぐ措置を取っていなかった」と訴える。
 同校によると、ピラミッドは上段(1人)中段(2人)下段(6人)の3段。
下段が歩いて退場する。男子生徒は中段で四つんばいになっていた。
 同校は、生徒の死亡後、他の生徒から聞き取りを実施。中国新聞の取材に「ピラミッドは崩れなかった。事故とは考えていない」と説明した。17年6月の運動
会は移動ピラミッドを中止した。「危険性があった。遺族の心情にも配慮した」としている。

専門家は危険性指摘
国も昨年対策通知
移動ピラミッドのイメージ
「移動ピラミッド」のイメージ
 広島大付属三原中の運動会で実施された組み体操「移動ピラミッド」は、「動きがあるため危険性が高い」と指摘する専門家もいる。全国的に多発する組み体操事故を受け、国は昨年、各学校に安全対策の徹底を通知していた。
 学校事故の問題に詳しい名古屋大大学院の内田良准教授(教育社会学)は「生徒の死亡と組み体操の因果関係は分からない」とした上で、「国立の学校として玄夷して見直しをすべきだった」と話す。
 同校であった移動ピラミッドは高さは3段と極端に高くはないが、内田准教授は「土台が動くので崩れる可能性がより高くなる」と指摘。「段数が少ないから安全だという誤解が学校にあったのではないか」と推測する。
 スポーツ庁が2016年3月に出した通知は、タワーやピラミッドの組み体操は「確実に安全な状態で実施できるかどうかを確認し、できないと判断される場合は実施を見合わせる」とした。同庁によると、1969年度以降、組み体操で死亡した子どもは全国で9人、障害が残った子どもは92人いる。
 学校に男子生徒の死亡についての再調査を求めるのは、教育評論家の尾木直樹さん。「責任追及という意味ではなく、学校の行事で死亡の疑いがある場合は、遺族の立場に立って調査に入るべきだ」と話す。
 尾木さんは日本の学校で・の死亡事故が、他の先進国に比べて多い現状も指摘。
 「現場の学校や保護者も、子どもの安心安全を第一に考えてほしい」と訴えている。(中島大)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn