学校事件の報道

2021年02月24日付熊本日日新聞

「主体性足りなかった」熊本市教育長 中1自殺調査委

詳細調査委員会の委員からの質問に答える遠藤洋路教育長(中央)=23日、熊本市役所駐輪場別館

 2019年4月に熊本市立中1年の男子生徒が自殺した問題で、有識者でつくる市の詳細調査委員会(委員長・奥博司弁護士)は23日、市役所駐輪場別館で遠藤洋路・市教育長から意見を聴いた。

遺族の意見聴取は済んでおり、20年3月に生徒の自殺に関する報告書をまとめた市教委の代表として遠藤教育長を招いた。

自殺の理由について遠藤教育長は「現時点で判断できる材料がない」と述べ、詳細調査委で明らかになることを希望した。再発防止策としては、会員制交流サイト(SNS)を活用した相談事業などを挙げた。

一方、報告書提出に1年近くかかった理由については特殊なケースだったと説明。「遺族の要望を待たず、もっと主体的に提案して動いていくべきだったが、その姿勢が足りなかった」と述べた。

傍聴した生徒の母親(46)は「市教委には都合の悪いことでも、ありのままを認める勇気を持ってほしい」と求めた。(澤本麻里子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2021年2月18日付朝日新聞

高2死亡、大阪府教委和解へ いじめ認識持たず調査遅れ

 同級生らからいじめを受けていた大阪府立高校2年の男子生徒(当時17)が2016年、学校近くのマンションで転落死した事案について、府教育委員会はいじめであるとの認識を持たず調査の開始が遅れたことなどを認め、150万円を支払って遺族と和解する方針を固めた。25日に開会する府議会定例会に議案を提出する。

府教委によると、学校の調査が不十分とする母親の指摘を受け、16年12月に第三者委員会を設置。第三者委は19年8月の調査結果で、入学した15年以降、同級生らから一方的に暴力を受けたり、SNSに悪口を書かれたりしていたとして、いじめと認定した。

一方、警察は転落死が自殺であると断定しておらず、第三者委は「いじめと転落死との因果関係を述べることは困難」とした。遺族は学校がいじめを見逃したことなどへの謝罪と損害賠償を求めて、大阪地裁堺支部に提訴していた。(山田健悟)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2021年2月17日付東京新聞

前橋・高2自殺 報告書の全文判明 重要証言削除し送付 遺族「都合悪い部分隠蔽では」

伊藤有紀さん(遺族提供)

伊藤有紀さん(遺族提供)

 前橋市の群馬県立勢多農林高二年だった伊藤有紀さん=当時(17)=が二〇一九年二月に自殺した問題で、県教育委員会が設けた有識者の県いじめ問題等対策委員会がまとめた調査報告書の全文が分かった。県教委は当初、死に関連した複数の重要な証言や指摘を削除して一部だけを遺族に送付した事実が判明。父親(65)は取材に「非人道的なやり方だ。最初から全文を渡すべきだった。都合の悪い部分を隠蔽(いんぺい)したと感じる」と厳しく批判している。 (菅原洋、市川勘太郎)
 報告書の本文の全文は七十一ページだが、昨秋に遺族へ送付したのは二十八ページ。このため、父親は県教委に全文を情報公開請求し、今月上旬に全文が公開された。
 この問題では、報告書は一九年一月にクラス発表の配役を巡り、同級生の言動に有紀さんへのいじめがあったと認定した。
 しかし、いじめの言動があった同じ日に、有紀さんが「死ねと言われた」と訴えたことは証言がないとしていじめと認めなかった。有紀さんはその二週間後に亡くなった。
 この訴えについて、全文では「同級生が『死ね』みたいなことを言っていた。(有紀さんに)聞こえてたような」との証言があるが、当初の送付分では削除。別の同級生が「『死ね』のフレーズは使用したかもしれない。(有紀さんには)直接言っていない」と証言した部分も削除された。
 父親は「娘に『死ね』と言った同級生らが有識者の調査に素直に認めるわけない。この証言は遺族にとって重要だ。削除したのは許せない」と語気を強めた。
 さらに全文では、有紀さんが「亡くなる当日かその少し前か、三〜四人の友人に『私もうすぐで死んじゃうのかな』と言っていた」との証言もあるが、当初の送付分では削除。父親は「娘のSOSだったのではないか」と声を震わせた。
 一方、有紀さんは自殺未遂をしていたが、把握した学校側が県教委への報告などを怠っていた事実が既に判明している。
 全文では提言で自殺未遂に触れ「学校の組織的な事後的対応が不十分であったことは、自死防止の観点から問題があった」と指摘。当初の送付分ではこの指摘も削除された。父親は「教育委員会や学校にとって都合の悪い部分を隠蔽したのでは」と憤っている。
 県教委によると、報告書の全文を当初は送付しなかったのは、有識者の委員会による判断。県教委が削除し、要点を遺族へ送った。情報公開で全文を開示したのは、条例などに基づいた県教委の判断という。担当者は「削除は意図的ではない。結果的に(遺族にとって重要な部分は)残らなかった」と説明している。
シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2021年2月17日NHK

女子中学生自殺で第三者委調査へ

 去年11月、豊後高田市内の中学1年生の女子生徒が自殺し、市の教育委員会は、自殺の背景の解明を求める保護者の要望を受けて、いじめ防止対策推進法に基づく第三者委員会を設置して調査することになりました。

豊後高田市教育委員会によりますと、去年11月に、市内の中学校に通う1年生の女子生徒が学校を休んで自宅で自殺を図り、その日の夕方に亡くなりました。

市の教育委員会では、いじめがあったかなど自殺の背景を調査していましたが、女子生徒の保護者が事実解明が不十分だとして、教育委員会に対し、いじめ防止対策推進法に基づく第三者委員会の設置を要望していました。

その結果、市の教育委員会は第三者委員会を設置して調査することになり、今月19日に初会合が開かれるということです。

豊後高田市教育委員会は「生徒が亡くなった事実を重く受け止め、遺族の意向に応えられるよう事実を明らかにし、再発防止に向けて努めていきたい」とコメントしています。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2021年2月16日付毎日新聞

黒染め強要訴訟 頭髪指導は「妥当」、不登校後の対応「違法」

黒染め訴訟の判決を受け、記者会見する大阪府立懐風館高校の高橋雅彦校長(手前)、柴浩司・府教育振興室長(中央)ら=大阪市中央区で2021年2月16日午後6時23分、木葉健二撮影

頭髪指導を巡る訴訟の争点拡大
頭髪指導を巡る訴訟の争点
シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

部活の指導が原因か、沖縄の高2が自殺 調査チーム設置

写真・図版

沖縄県庁

 沖縄県の県立高校2年で、運動部主将の男子生徒(17)が1月末に自殺していたことが、県教育委員会への取材でわかった。顧問の40代男性教諭の指導を苦に命を絶った可能性があるとして、県教委は15日、弁護士ら第三者による調査チームを設置した。チームは、3月5日にも報告書をまとめ、県教委に提出する。

県教委によると、男子生徒の死後、学校側は文科省の指針に基づき家族や顧問、同級生らを対象にアンケートや聞き取り調査を実施。同級生からは、男子生徒が顧問から日常的に叱責(しっせき)されるなど厳しく指導されていたとの回答があった。家族からも、学校外で顧問からの電話に出るのを怖がる様子があったなどと伝えられたという。

顧問は6日に校長と2人で、男子生徒の自宅を訪問。家族に対し「指導に関して行き過ぎで、悪いところがあった」と謝罪したという。学校側の調査には「(生徒を)強くしたかったので、強い言葉で指導はした」「8割の原因が部活にあると思う」と答えているという。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
2021年2月15日朝日新聞

生徒に柔道技「体罰に他ならない」 元教諭に有罪判決

  事件のあった兵庫県宝塚市立長尾中学校=宝塚市長尾町
 生徒2人に柔道の技をかけて重軽傷を負わせたとして、傷害罪に問われた兵庫県宝塚市立長尾中学校の元教諭、上野宝博(たかひろ)被告(50)=懲戒免職=の判決公判が15日、神戸地裁であり、国分史子裁判官は「肉体的苦痛かつ精神的苦痛を加えた」として、懲役2年執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。判決によると、柔道部顧問だった上野被告は昨年9月、同校の武道場の冷凍庫にあったアイスキャンディーを1年生の男子部員2人が無断で食べたとして激高。武道場で、1年生部員に足払いをかけて床に打ち付けるなどの暴行を加え、背骨を圧迫骨折させたほか、別の1年生部員にも寝技をかけ、足などに軽傷を負わせた。国分裁判官は「対話で内省を促すこともできた。教育的効果はなく体罰に他ならない」としたうえで、「過去にも体罰で処分を受け、怒りのコントロールができないことを自覚していた」として刑事責任は重いと指摘。反省の態度を示し、懲戒免職処分を受けたことを踏まえ、執行猶予を付けた。

上野被告は判決の言い渡しの際、一つひとつの言葉をかみしめるようにうなずいていた。(森下友貴)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2021年2月15日付朝日新聞

大阪の校則裁判に海外から注目 明るい色の髪は「罪」か

写真・図版

府立高校の元女子生徒が起こした黒染め訴訟は海外ニュースメディアも報じた

 校則通り、茶髪を黒く染めなさい――。高校生に「髪形の自由」は認められるのか。髪形を生徒の自主性に任せすぎると就職に悪影響があるのか。海外メディアも注目した日本の「校則」をめぐる裁判の判決が16日、大阪地裁である。校則ってなんだろう。さまざまな議論が広がる。

「染色・脱色の禁止」。大阪府立のある高校の生徒手帳には、こんな校則が載っていた。

府を訴えたのは、元女子生徒。

訴えによると、生徒が2015年4月に入学すると、生徒手帳には「頭髪は清潔な印象を与えるよう心がけること」とあり、続けて「パーマ・染色・脱色・エクステは禁止する」と書かれていた。「私は地毛が茶色。黒染めする必要はない」――。そう思った。

争点となっているのは、まず、こんな内容の校則が合法かどうかだ。

 生徒側は、どのような髪形にするのかは生徒の自由で、校則は憲法13条が保障する自己決定権を侵害するものだと訴える。

 学校側は、「染色・脱色」は、生徒の関心を勉学やスポーツに向けさせ、「非行防止」につなげるという教育のためで適法だと反論する。

 頭髪指導をめぐる裁判は過去にもあった。

 古くは私立大学の学生の退学処分をめぐる裁判で、最高裁は1974年、「学校で教育を受けるかぎり、その学校の規律に服することを義務づけられる」と言及し、学校には

学則の制定権があるする一方、学則の内容が「社会通念に照らし、合理的な範囲」な場合に認められるとした。

 「丸刈り」の校則が合法かどうかが争われた裁判で、熊本地裁は85年、校則を決める学校の裁量を広く認め、合法とした。

 また茶髪にした奈良県生駒市立中学の元女子生徒が「黒染めを強要されたのは体罰だ」と市を訴えた裁判では、大阪地裁、高裁は2011年、「教育的な指導の範囲内で

体罰にはあたらない」として訴えを退け、判決は最高裁で確定した。

 ライフスタイルの自由が尊重される傾向にある近年、高校生に対する「染色・脱色の禁止」という校則を裁判所がどう判断するのか、注目される。

 そもそも、女子生徒の「地毛の色」は何色だったのかも争われている。

 母親によれば、生徒の髪は「生まれつき茶色」と学校側には何度も説明したが、聞き入れてもらえず、繰り返し黒染めを指導されたという。生徒は指導に応じたが「黒染めが

不十分だ」などとして、授業への出席や修学旅行への参加を認めないこともあり、生徒は不登校になって精神的損害を受けたとも主張する。

 これに対し、学校側は、教師たちは、生徒に頭髪指導をした際、生徒の頭髪は根元から黒色だったと確認しているという。生徒の地毛の色はあくまで「黒色」だと反論する。

(米田優人)

「日本の学校では明るい色の髪の毛は罪になる」

 この裁判は、校則のあり方をめぐって、国内外で大きな反響を呼んだ。

 2017年10月、各新聞社が女子生徒が府を訴えたという内容を報じると、ロイター通信は「調和を文化とする日本では、多くの学校でスカートの長さや髪の色に厳しい校則が

ある」と配信。英BBC(インターネット版)は「日本の生徒は髪を黒く染めさせられる」との見出しで報じた。「日本の学校では明るい色の髪の毛は罪になる」と皮肉った英字

ニュースサイトもあった。

 国内でも、元AKB48メンバーで、俳優の秋元才加さんが同様の経験があったとして「規則は大事だけど、大事な事、もっとあるはず、ってその時思ったな」とSNSに投稿するなど

著名人らも発言した。

 報道の翌11月、大阪府教育委員会は、府立の全高校にアンケートした。全日制では137校のうち9割以上の127校で、校則や指導方針のなかで「髪の染色や脱色」を禁止

していたが、府教委は「不適切と思われる校則や指導方針はなかった」とした。

 ただ、長年見直されない校則のままの学校も少なくなかったことから、府教委は「必要に応じて、時代に合うよう改めるよう」指導した。生まれつき髪が茶色だったり「天然パーマ」

だったりする生徒たちがいることに配慮し、「茶髪」禁止の表現を「染色・脱色」と見直した学校や、「パーマ」禁止とあったのを「故意のパーマ」と加える学校などもあった。

 同年の朝日新聞の調査では、全日制の都立高校の約6割で髪の毛を染めたり、パーマをかけたりしないか確認するため、「地毛証明書」を出させている実態も明らかになった。

 府教委の酒井隆行教育長は朝日新聞の取材に、「裁判は校則のあり方や指導について問題提起になった。学校、生徒、保護者が議論し、しっかりと合意がなされるよう指導

していきたい」と話す。

 学校現場からは、頭髪指導や校則の必要性を訴える声も依然としてある。

 ある府立高校の校長は「進学校の子だと『おしゃれ』とされる茶髪でも、勉強が苦手な学校の子だと『ガラが悪い』と見られがちだ。偏見がある以上、校則で髪の色を定めることは

生徒を守ることにつながる」と話す。

 別の府立高校では、この裁判が起きた後も、入学時に「地毛の色の登録」や、染色や脱色をしないよう指導を続けたという。同校では大半の生徒が卒業後、就職を目指す。

校長は「校則を通じ、身だしなみやマナーを習慣化する必要がある。就職活動ではそうした点が見られることも多いからだ」と語る。

 学校現場の実情に詳しい大阪大学の小野田正利・名誉教授(教育制度学)は「髪の色は個性のひとつとして尊重すべきだ。いまは就職などでも必ずしも茶髪が不利になる時代

ではない」と指摘。「学校側が『その人らしさ』を認め、時代にあわせて見直していくべきだ」とする。(山田健悟、米田優人)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2021年2月10日付朝日新聞

吹奏楽部顧問が部員蹴り、暴言…謹慎処分に 広島新庄高

写真・図版

広島新庄中学・高校=広島県北広島町

 広島新庄中学・高校(広島県北広島町)の吹奏楽部顧問の男性教諭(42)が、部員への体罰や暴言を理由に、昨年12月末から2週間の謹慎処分を受けていたことが、同校への取材でわかった。現在、顧問も外れている。教諭は2018年9月にも別の部員への暴言で謹慎処分となったという。

学校や関係者によると昨年10月、部活動の練習中に筆記用具を忘れた高2の男子生徒に対し、足を蹴る体罰を加えた。生徒にけがはなかった。教諭は学校の調査に「生徒の態度で理性を失いかけた。蹴る意思があった」と認めたという。教諭は部員たちに「バカ」「本気でやらんと殺すよ」などの暴言も繰り返していたという。

さらに、昨年8月の校内合宿中に、飲酒していたとの情報が保護者から寄せられた。当初、学校に「一度きり」と説明したが、その後、複数回飲酒したことを認めた。こうした虚偽報告も処分の理由となった。

学校は、4月から顧問に復帰させることを念頭に、吹奏楽部の指導方法をまとめたガイドラインを作成中という。

保護者からは「女子生徒にマッサージをさせている」との指摘もあった。学校が昨秋調べたところ、教諭は18年以降、女子生徒によるマッサージを頻繁に受けていたことを認めたという。マッサージをした生徒は複数おり、学校側に「自発的にした」と説明したという。

6年連続で中国大会へ 校長「情熱が…」

 18年にも部活指導中に、高1の女子生徒に「クズ」「カス」と暴言を吐いたとして、2週間の謹慎処分を受けた。学校はパワハラなどの研修をしたという。

この教諭は07年に吹奏楽部の外部講師として着任し、数年後に教諭として採用された。同校は11年に全日本吹奏楽コンクール中国大会に初出場し、14~19年の6年連続で中国大会に進んだ。荒木猛校長は取材に対し、「強くしたいという部活動にかける情熱が間違った形で出てしまったと理解している。暴力や暴言は肯定できない」と話した。

学校が昨年、吹奏楽部の全部員に調査したところ、処分の対象となった事案以外にも、この教諭に胸ぐらをつかまれたと話す生徒や、指揮棒を投げたり、譜面台を蹴ったりしたと訴える生徒もいたという。荒木校長は「過去の実態を詳細に把握することは難しく、生徒に重大なけがなどがない限り、調べる予定はない」としつつ、「非常に残念で申し訳ない。生徒、保護者との信頼関係の構築に努めたい」と話した。

県学事課の担当者は「内部管理の問題。校内で適切に対処していただく」と話している。

県吹奏楽連盟の古土井(ふるどい)正巳理事長は「事実であれば非常に残念」と話している。吹奏楽部員の保護者の一人は「子どもは先生の顔色を見ておびえながら部活をしている。教員としてあるべき姿ではないし、クラブは先生の私物じゃない」と憤った。(西晃奈)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2021年2月10 日付毎日新聞

いじめを苦に自殺した女子生徒の両親ら遺族が兵庫県加古川市に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論後、記者会見する遺族側代理人の渡部吉泰弁護士=同県姫路市で2021年2月10日午前11時1分、韓光勲撮影拡大
いじめを苦に自殺した女子生徒の両親ら遺族が兵庫県加古川市に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論後、記者会見する遺族側代理人の渡部吉泰弁護士=同県姫路市で2021年2月10日午前11時1分、韓光勲撮影

兵庫県加古川市で2016年9月、市立中2年の女子生徒(当時14歳)がいじめを苦に自殺したのは学校が適切な対応を怠ったためであり、自殺後の調査でもいじめを示唆していた情報を隠すなど実態解明に後ろ向きな態度で深く傷つけられたとして、両親が市に約7700万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、神戸地裁姫路支部(倉地真寿美裁判長)であった。両親が意見陳述で学校と市教委への不信と再発防止のための体質改善を訴えたが、市側は請求棄却を求めて争う姿勢を示した。

被害生徒の父は法廷で「娘の死を置き去りにし、反省の気持ちをみじんも感じない姿勢を許すことができない」と市教委の姿勢を批判。母は「この事案を決して忘れず、教訓にしなければならない」と訴えた。

神戸地裁姫路支部=兵庫県姫路市で2021年2月10日午後1時35分、韓光勲撮影拡大
神戸地裁姫路支部=兵庫県姫路市で2021年2月10日午後1時35分、韓光勲撮影

一方、市側は答弁書で、自殺の原因となったいじめがどの行為なのかが明らかでないと主張。代理人弁護士は「学校の注意義務違反と、生徒の自死との間に、法的因果関係は認められない」と述べた。

市教委の第三者委員会の調査報告書を基にした訴状などによると、被害生徒は1年生だった15年夏ごろから、部活動で仲間外れにあっていた部員と親しくしたことで多数派による無視や仲間外れを受けるようになった。クラスでも小学校の頃からの嫌なあだ名で呼ばれ、無視や陰口も言われるなどのいじめを受け、クラス替えとなった2年生になっても続いた。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn