平成28年1月26日 朝日新聞

都立高1自殺、遺族「全容解明を」 有識者調査部会発足

東京都教育委員会が25日、いじめ問題対策委員会を開き、昨年9月に自殺した都立高校1年の男子生徒(当時16)に対するいじめの有無を調べる調査部会を発足した。生徒の母親は都庁で記者会見し、全容の解明を求めた。

生徒はJR大月駅(山梨県)で特急列車にはねられて亡くなった。母親は会見で、生徒の携帯電話に残されたSNSのやりとりなどに「いじめが疑われる記載があった」と説明。「将来の夢をしっかりと決めていた子が、なぜ死ななければならなかったのか。学校で何があったのか教えてほしい」と話した。

母親によると、生徒が通っていた高校は昨年11月に全校生徒約1千人を対象にアンケートを実施。

生徒について「クラスで浮いていた」「いじられキャラのような感じがあった」といった回答が寄せられたという。校長は朝日新聞の取材に対し、「遺族の意思を尊重して調べたが、いじめなどのトラブルは見当たらなかった」と語った。調査部会には全面的に協力する意向を示した。

調査部会は、対策委のメンバー4人に加え、生徒の母親の意向を踏まえて選ばれた弁護士ら4人の計8人で構成。今後、生徒や教員の聞き取りをする。(伊藤あずさ、貞国聖子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年1月26日 朝日新聞

高校部活での熱中症死訴訟、徳島県敗訴が確定

徳島県立阿波西高校の野球部員だった男子生徒(当時17)が2011年、練習中に熱中症で死亡したのは監督の男性教諭が予防措置や応急処置を怠ったためだとして、両親が県に5500万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第一小法廷(大谷直人裁判長)は県側の上告を退ける決定をした。

21日付。監督の過失を認め、県に対し約4500万円を両親に支払うように命じた二審・高松高裁の判決が確定した。

14年3月の一審・徳島地裁は、生徒が倒れた直後に監督が119番通報をしたことなどから「過失があるとはいえない」と判断し、両親の請求を棄却した。一方、15年5月の控訴審判決は、練習中、男子生徒の体調に異常が出ていたのに練習を中止させず、倒れた後も体を冷やすなどの応急処置をとらなかったことについて、監督の注意義務違反を認めた。

決定を受けて、徳島県の佐野義行教育長は「適切に対応してまいりたい」とのコメントを出した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年1月26日 朝日新聞

「いじめで自殺」訴訟で和解成立 浜松の中2遺族ら

浜松市立中学2年生だった片岡完太君(当時13)が2012年に自殺したのはいじめが原因として、両親が同学年の生徒だった11人や市に計約6400万円の損害賠償を求めた訴訟は25日、静岡地裁浜松支部(古谷健二郎裁判長)で和解が成立した。被告側が解決金計495万円を支払う。

和解の文書によると、地裁支部は、片岡君が被告を含む複数の生徒から12年2月以降いじめを受け、最終的に同年6月に自殺したとする一方、法的な因果関係を確定したものではないとした。支部は昨年3月、和解を提案。和解条項に基づいて25日、被告である当時の生徒らが謝罪し、市教育長らは遺憾の意を表明した。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年1月24日 読売新聞

学校でのスポーツの事故、調査委設置を指針に

学校でのスポーツ活動などで子供が死亡したり障害を負ったりした事故について、文部科学省は原因究明を迅速化するルール作りを進めている。

現状では調査委員会の設置が2割に満たず、真相解明を求める被害者家族らが裁判に訴えることもある。このため文科省は、3月末までにまとめる事故対応の指針に、調査委設置を盛り込む方針だ。

日本スポーツ振興センターによると、2005~13年度に全国の学校で発生し、同センターが見舞金を給付した死亡や障害が残る重大事故は832件。これらについて文科省が14年度に行った実態調査では558件の有効回答を得た。事故が起きる場面は部活動中が34%で、授業中が22%で続く。部活動別では柔道、野球、ラグビーの順で事故が多い。学校重大事故状況

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年1月23日 朝日新聞

いじめ有無、都調査へ 対策委、初の対応 都立高16歳自殺

東京都立高校1年の男子生徒(当時16)の自殺をめぐり、都教育委員会は22日、有識者らの対策委員会がいじめの有無を調査することを明らかにした。これまで生徒が通う高校が事実関係を調べてきたが、「さらなる調査が必要」と判断した。

都教委によると、男子生徒は昨年9月27日、山梨県のJR大月駅のホームから線路に飛び込み、特急列車にはねられて亡くなった。

生徒が通う高校は11~12月、全校生徒を対象にいじめに関するアンケートのほか、男子生徒と同じクラスや部活の生徒からも聞き取りをした。都教委は報告を元に、いじめで生徒の生命に重大な被害が生じた疑いがあると認められる「重大事態」に相当すると認定した。都の対策委による個別事案の調査は初めて。

男子生徒の母親の話では、生徒は亡くなる1カ月ほど前から「学校に行きたくない」と話していた。

朝日新聞の取材に対して、母親は「息子がなぜつらい思いをし、自ら命を絶つところまで追い詰められたのか。学校で何があったのか、真実を知りたい」と話している。(伊藤あずさ、貞国聖子)

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

平成28年1月22日 朝日新聞
(暴力とスポーツ)「学生間、簡単になくならぬ」 体育・教育系大学、意識培う取り組み

大阪・桜宮高バスケットボール部の主将が顧問の暴力などを苦に自殺したことや、柔道女子の日本代表監督らの暴力・パワハラ問題が明らかになってから3年。スポーツ指導者や中学、高校の運動部活動の顧問となる教員を育てる体育系、教育系の大学では、学生に暴力根絶への意識を植え付けるべく、息の長い地道な取り組みを進める。
年間約300人の保健体育教員を送り出す日体大で、昨年10月から11月にかけて3度、運動部の指導者全員が集められた。「学生間で不安の残る関係が存在する。大変なことが起こったら廃部も辞さない」。谷釜了正学長が訴えた。
谷釜学長は2013年以降、毎年各クラブを視察して反暴力を説き、合宿所の巡回も指導者に毎月義務づけてきた。そんな中、上級生から暴力を受けたことを示唆する下級生の声が教員を通じて何件か耳に入り、危機感につながった。「学生間では簡単になくならないのが現実。指導者には、暴力を振るう上級生を試合で使わないなど、勝ち負けを犠牲にするくらいの覚悟がいる」 鹿屋体大でもスポーツ哲学・倫理の授業で、英国の体罰防止の先進的な制度を紹介するなどの成果が出ている。昨年10月、3、4年にアンケートをしたところ、暴力に同意する回答は16%で、12年のアンケートの46%から大きく減った。一方で高校までの部活動での体罰経験は「あり」が29%で、12年の18%を上回った。調査をした森克己教授は「体罰経験者が増えたのではなく、スポーツで何が暴力なのか、学生の意識が進んだため」と分析する。
新しいカリキュラムを設ける大学も出てきた。
宮城教育大では新年度から1、2年向けの科目として「運動部活動の教育学」が始まる。学校で教育課程外に位置づけられる運動部活動に焦点を当てた教職科目は、前例がない。担当する神谷拓准教授(スポーツ教育学)は「これまで、体系的な教育を受けないまま現場の部活指導を担う『無免許運転』が実態だった。そこで教師が自分の経験に頼り、暴力的指導をしてきた可能性がある」と言う。講義には指導法だけでなく、暴力が繰り返された歴史的な背景も盛り込む。
大体大では「運動部指導実践論」が17年度から4年の単位として導入される。「これまでも保健体育教師は体育学を十分学んできた。なのに、体罰が起こった」と土屋裕睦教授(スポーツ心理学)。
そこで、講義は生徒の自主性を尊重する部運営の在り方や、生徒、保護者とのコミュニケーションスキルなど、各要素を部活動の現場に照らし合わせた内容にしている。(編集委員・中小路徹)

体操教室指導者、登録を一時停止 協会、暴行容疑事件で
日本体操協会は21日の常務理事会で、静岡市の体操クラブで指導していた元世界選手権代表の寺尾直之容疑者(53)が児童への暴行容疑で逮捕され、指導者登録を一時停止したと報告した。寺尾容疑者の長男で、児童への傷害容疑で逮捕された直希容疑者(28)も同じ処分を受けた。法的な処分が確定した後に、改めて対応を決めるという。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【1月16日 朝日新聞デジタル】

新しい年の始まりは、スポーツ界にとって、事件の「それから」を顧みる節目でもある。大阪・桜宮高バスケットボール部主将が顧問の暴力などを理由に自殺したことが2013年1月8日に明らかになってから、3年を迎えた。

スポーツの暴力指導はなくなっているのだろうか。

「個人的には痛い思いも必要と思う面はあログイン前の続きる。でも、絶対に殴れない」。関東のある公立中の野球部顧問は話す。

東京都の調査をみると、部活動中の体罰が把握された指導者は公立中高合わせ、12年度が87人、13年度が31人、14年度が11人。生徒へのアンケートなどで明るみに出やすいこともあり、「暴力はダメ」という職員室の合意形成は進んでいるとみえる。とはいえ、根絶はされていない。

また、神奈川県の公立中の運動部顧問の一人は「たたかなくなった代わりに、口がきつい顧問が目につく」と明かす。うまく指導できないいら立ちを、結局は生徒にぶつけてしまう光景である。

先の野球部顧問は「経験の浅い先生は生徒となあなあの関係しか築けず、部活がお遊びの延長になっている」とも言う。強圧的な指導で従わせるやり方が“常道”だった日本スポーツ界で暴力が否定され、「どうすれば……」と立ち尽くす部活動指導者たちがいる。

そんな中、新年度から教員を目指す学生を対象に、宮城教育大では「運動部活動の教育学」の講義が始まる。大体大でも「運動部指導実践論」のカリキュラムができた。学校で教育課程外に位置づけられる運動部活動に特化した講義は、これまで大学のカリキュラムになかった。指導者に求められる資質、理念への理解を学生時から深め、暴力に頼らないスポーツ指導につなげる大学側の動きだ。

今も「うちの子をたたいてください」と保護者に請われる顧問は多い。スポーツ推薦を含めた進学がからみ、我が子の競技成績のためなら親は暴力指導の肯定論者になり、指導者を誘惑する。14年の日本体育学会の調査によると、自治体が体罰に関して出したガイドラインの資料のうち、約80%は学校の教職員に配られたが、保護者を配布対象としたものは約5%のみ。この部分はまだ手つかずに近い。

暴力容認文化の払拭(ふっしょく)への道は長い。風化だけは避けなければならない。

(編集委員)

◇Twitterで発信中 @nakakojit

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【1月15日付 河北新報】

岩手県矢巾町の中学2年村松亮君=当時(13)=が昨年7月、いじめを苦に自殺した問題で、岩手県警は村松君に暴行したとして同級生の少年4人のうち当時14歳の1人を暴行の疑いで書類送検する方針を固めたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。少年4人は村松君の父親(41)から暴行などの容疑で告訴されていた。
県警は残る3人について、当時13歳で刑事罰の対象とならない上、いじめへの関与が低いとみて、児童相談所への通告などを検討している。
村松君の父親は昨年7月、いじめに関わったとみられる4少年を暴行、強要、侮辱の3容疑で告訴した。
受理した県警は教職員や同級生に事情を聴くなど、いじめの実態を捜査してきた。
村松君は昨年7月5日、同町のJR矢幅駅で列車にひかれて死亡した。担任とやりとりした生活記録ノートには「づっと暴力、づっと悪口」などいじめの訴えや「ボクがいつ消えるか分かりません」など自殺をほのめかす記述が約3カ月にわたって残されていた。
学校は同26日に公表した調査報告書で、給食準備中に教科書を投げられた、頭を机に押し付けられた、
掃除中にほうきをぶつけられたなど6件をいじめと判断。いじめが自殺の一因であることを認め、断続的に
心身に苦痛を与え続けていたと結論付けた。
町教委は昨年9月、第三者委員会を設置。同12月に生徒や保護者、教職員への聞き取り調査に入った。
——————————————————————————–
【岩手日報】

同級生を月内にも書類送検 矢巾いじめ問題で県警

矢巾町の中学2年の男子生徒が昨年7月、いじめを苦に自殺した問題で、県警が早ければ月内にも、告訴された同級生の少年4人のうち14歳の1人を暴行の疑いで盛岡地検に書類送検する方針を固めたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。他の3人のうち少なくとも当時13歳だった1人は児童相談所への通告を検討している。
捜査関係者によると、県警は男子生徒に対する行為は著しく悪質だったとは言い切れないと判断しているもよう。何人かは暴行などの容疑に当たる事実がなかったとする捜査結果を地検に書類送付する可能性もある。
男子生徒の父親(41)が昨年7月26日、暴行、強要、侮辱容疑で少年4人を告訴。県警は同級生や
教職員らから事情を聴いたほか、男子生徒が「ずっと暴力、ずっとずっと悪口」「死にたい」などと記した
生活記録ノートを分析。机に男子生徒の頭を押さえつけた行為などの裏付けを進めてきた。
男子生徒は矢巾町のJR矢幅駅で昨年7月5日夜、列車にはねられて亡くなった。学校は同26日、いじめ6件を認定し「自殺の一因と考えられる」とする調査報告書をまとめた。
——————————————————————————–
【NHK盛岡放送局】

“いじめ”同級生書類送検方針

去年7月、矢巾町で中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したと見られる問題で、警察は、同級生の少年らが男子生徒に暴行を加えていたとして、このうち、14歳の少年1人を暴行の疑いで書類送検する方針を固めたことが、捜査関係者への取材でわかりました。
去年7月、岩手県矢巾町の当時13歳だった中学2年の男子生徒は、JR東北線の矢幅駅で列車にはねられ死亡し、担任の教諭とやりとりする生活記録ノートにいじめをうかがわせる内容を書き記していたことから、いじめを苦に自殺したと見られています。
警察は、男子生徒が暴行などのいじめを受けていたという父親からの告訴を受け、同級生や教職員から事情を聞くなどして捜査を進めてきました。
その結果、同級生の少年らが男子生徒に暴行を加えていたとして、このうち、14歳の少年1人を暴行の疑いで書類送検する方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかりました。
また、当時13歳で刑事処分の対象とならない少なくとも1人の少年を児童相談所に通告する方針で捜査を進めています。
男子生徒が通っていた中学校は、去年7月、調査報告書をとりまとめ、「机に頭を押さえつける」など、6件の行為をいじめと認定し、「自殺の一因と考えられる」と結論づけています。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【1月15日付 共同通信】

北海道教育委員会は15日、同級生の携帯電話が紛失するトラブルで昨年に教師から事情を聴かれた札幌市の道立高校の生徒が行方不明になり、4日後に遺体が見つかったと発表した。
道警によると、3年の男子生徒で、昨年10月に北海道留萌市の海で遺体が見つかった。
死因は水死で事件性はなく、自殺か事故とみている。遺書は見つかっていないという。
道教委によると、生徒は同級生が紛失した携帯電話を持っているのではないかと生徒指導担当の教師に指摘され、個室で20~30分間、事情を聴かれた。教師が受け持ちのクラスの様子を見るため約15分間離れたところ、生徒の姿が見えなくなった。
——————————————————————————–
【NHK札幌放送局】

[b]高校生 学校の調査後に死亡[/b]

道立高校の男子生徒が去年10月に、同級生が紛失した携帯電話をめぐり学校から事情を聴かれていたさなか行方がわからなくなり、4日後に遺体で見つかっていたことがわかりました。
道教育委員会に設置されている第三者委員会がいきさつを調べています。
道教育委員会によりますと、札幌市内の道立高校3年の男子生徒が去年10月に、同級生が紛失した携帯電話を持っているのではないかとして生徒指導担当の教師から呼び出され、校内の個室で事情を聴かれました。
その際、教師が40分ほど話をしたあと、いったんその場を離れて15分後に戻ると男子生徒は姿を消していて、行方がわからなくなったということです。
学校からの連絡を受けた両親が札幌の中心部などを探したものの見つからず、その4日後に道内の海岸で遺体で見つかりました。
道教育委員会は、当日の学校の対応に問題がなかったのか知りたいという両親の意向があることも受けて、教育委員会に設置されている有識者でつくる第三者委員会のもとで学校関係者などから聞き取りを行い、いきさつを調べています。
道教育委員会石狩教育局の村上明寛・局長は記者会見で「今回の事案を重く受け止めており、背景などについてしっかりと調査し再発防止につなげたい」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20160115/5059101.html

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【1月14日付朝日新聞】

沖縄県豊見城市で昨年10月、小学4年の男児(当時9)が自殺した問題で、両親が朝日新聞の取材に応じた。両親には6月ごろから、日常的ないじめを訴えていたというが、市教育委員会は「いじめは1回だけだった」とし、自殺との関係を否定。母親は「真実を知りたい」と語る。

息子は気持ちのやさしい子で、友達もたくさんいました。
でも、4年生の6月ごろから、「廊下でいきなり蹴られた」「トイレに閉じ込められた」と言うようになりました。私はその都度、先生にきちんと言いなさいよ、と言いましたが、息子は「言っている」と。
でも、夏休みに入るころには「言ってもしょうがない」に変わりました。
秋休み初日の10月10日、様子がおかしいことに気づきました。昼間は普段通りでしたが、その日の夜、息子は突然泣き出したんです。終業式の日に教室で友人に「かっこつけるな」と服を引っ張って倒されたって。こんなことは初めてでした。
11日も、私が運転する車で泣き出しました。「なんで僕は、いじめられなければならないの」と。
単身赴任中の夫に連絡し学校に相談することにしました。息子には、「つらいなら転校してもいいよ」と言ったんです。
でも、12日夜、息子は自分の部屋のベッドの手すりにベルトをかけて首をつってしまいました。
午後10時ごろ、飼い犬を家に入れようと庭に出た、ほんの5分間の出来事でした。
病院に運ばれ、心肺蘇生した時は、とにかく生きてほしいと願いました。でも息子は、戻ってきてくれませんでした。
入院中の10月15日、校長先生が病院に来て、9月のアンケート用紙を見せてくれました。
無記名ですが、息子の文字。精いっぱいの、「助けて」というメッセージだったんだと思います。
守ってあげられなかった。ごめんね。真実もわからず、ただ苦しい気持ちしかありません。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn