【10月4日付 朝日新聞宮城版】

献花台があった場所には今も花束などが供えられている。よく訪れる近所の男性は、「生徒が死を選んだことを学校や地域は重く受け止めて、みんなで黙禱を捧げるべきだ」と花束に水をあげていた=3日、仙台市内の公園

仙台市立中学1年の男子生徒が昨秋、いじめを受けて自殺したことが公表されてから、1カ月以上が経った。生徒が通った中学校では「遺族の意向」として、自殺の事実は説明されていない。朝日新聞の電話取材に応じた生徒の父親は、「学校での説明は必要と思うようになった」と心境の変化を記者に語った。

■「生徒や保護者への説明、必要だと思うようになった」息子が亡くなってから、1年が過ぎました。区切りになるかとも思ったけれど、やっぱりそんなことはありません。むしろ、今になって、学校などに新たな怒りもわいてきています。ただ、息子が通った中学校で、生徒や保護者に対して事実が明らかにされることについては、いまでは必要だと思っています。考えが変わりました。
直後から、このことは「墓まで持って行こう」と思っていました。いじめの加害者もわからず、怖い思いをしている状況で、他人やマスコミから探られて、中傷され、これ以上傷つくのは絶対に嫌でした。残された家族や生活を守るためには、公表はできない、と。報告書がまとまり、学校側からすべてを伏せ続けることはできないと説得されて、泣く泣く、8月の公表にいたりました。
しかし、最近は「このまま隠そうともがいていても仕方ないんじゃないか」と思い始めました。学校内で事実を伏せていることで、動揺している人、悩んでいる人もいると報道などで知って、そのままにしていいのだろうかと思いました。
学校側とは、「二度とこんなことは起こさない」と約束してもらっていました。加害者の生徒たちも反省し、具体的ないじめ対策もとられると期待しました。でも、1年経ったいま、私から見ると、何が変わったのかわからない。再発防止ができないのであれば、しっかり事実を出して、生徒や学校に向き合ってもらう必要があるのでしょう。今後、学校側から生徒らへの説明についてはっきりと提案があれば、断るつもりはありません。
しかし、そもそも、こんな最悪な出来事が起こらないと、騒ぎにならないと、学校全体が動かないというのは本当におかしい。何をしても、死んでからでは遅いんです。悔しい。
息子がまだ生きていた当時、いじめをやめるよう指導する内容の学年集会が開かれていました。それでも、いじめはなくならなかった。それを考えると、事実を明らかにしても何も変わらないのではないか、という思いは残ります。
そんな中、学校そばの献花台の設置は、とてもありがたかった。どなたが行動を起こしてくれたのかはわからないけれど、私も直接手を合わせに行きました。息子も、少しは浮かばれたかな。少しずつ、前を向いて行動していかないといけないと思えるようになりました。(聞き手・船崎桜)

〈仙台のいじめ自殺問題〉仙台市立中学1年の男子生徒が入学直後の昨年5月から、仲間外れにされるなどのいじめを受け、昨秋に自殺した。市教育委員会は今年8月21日、具体名は伏せたまま、いじめが関連する自殺があったことを公表し、対応の問題を認めて謝罪した。
市教委は「遺族の強い希望」を理由に、自殺の事実をそれまで明らかにしていなかった。中学校側も、加害者を除く同級生らには「男子生徒は転校した」と事実と異なる説明をしていた。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【9月29日付 京都新聞】

滋賀県高島市内の中学校で昨年5月、当時中学2年の男子生徒が同級生によるいじめが原因で校舎3階の窓から転落し重傷を負った事故で、同市議会は28日開いた9月定例会本会議で、市がいじめを防ぐ措置を怠ったことを認め、400万円の損害賠償を生徒側に支払う議案を可決した。市教委によると、生徒側も同条件で和解することですでに合意しており、和解が正式に決まった。
学校が昨年11月にまとめた調査報告書などを踏まえ、市は男子生徒が複数の生徒から継続的にいじめを受けていた上、事故当日のいじめをきっかけに転落したと判断し、生徒側への賠償を決めた。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【10月1日 読売新聞滋賀版】

いじめを受けていた大津市立中の男子生徒が自殺した事件から4年となるのを前に、市は県内外の自治体が取り組みを報告する「いじめ防止サミット」を3日に初めて開催する。悲劇を繰り返さないため、行政や学校、地域、家庭で何ができるかを考え、社会全体で子どもを守り、育てる機運を高める。(池内亜希)
同市では2011年10月11日、中学2年の男子生徒(当時13歳)がいじめを苦に自殺。市教委や学校は当時、「いじめと自殺の因果関係は不明」としたが、生徒へのアンケートで「自殺の練習をさせられていた」との回答があったことなどが判明し、後手に回った対応に批判が集まった。
13年1月には有識者らでつくる第三者調査委員会が「いじめが自殺の直接的要因」とする報告書を提出。
今年3月には両親が市に損害賠償を求めた訴訟で、いじめ自殺を防げなかった学校側の責任が認定され、和解が成立している。
サミットは、事件を反省として市が講じてきた▽いじめ防止条例施行▽市教委とは別に、子どもたちの相談を受け付ける「いじめ対策推進室」を市長部局に設置▽問題解決を図る第三者機関の常設▽インターネットによるいじめに対応するアドバイザーの配置――といった取り組みを知ってもらい、再発防止を図ろうと企画した。
当日は、第三者調査委で委員長を務めた横山巌弁護士が「いじめと向き合う」をテーマに講演。社会全体で意識を高めることの大切さを訴える。
その後、「子どもにやさしいまちづくり」をテーマに、越直美市長と桶谷守・市教育委員長のほか、全国に先駆けていじめ防止の条例を制定した岐阜県可児市、いじめや虐待などを防止する条例を持つ兵庫県小野市の関係者が、取り組みを紹介しながら意見交換する。
大津市本丸町の市生涯学習センターで午後1時30分から開催。入場無料で、当日誰でも参加できる。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【10月1日付 河北新報】

[こいずみ・しょういち]九州大大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学。15年3月まで東北大大学院教育学研究科教授。同4月から現職。仙台市の生徒指導問題等懇談会委員長なども務めた。滋賀県出身。

◎悲劇をなくすには(下)白鴎大教授 小泉祥一さん(65)

-仙台市立中1年の男子生徒=当時(12)=が自殺した学校の対応をどうみる。
「2013年施行のいじめ防止対策推進法で、学校はいじめが疑われた段階で早期に幅広く捉え、組織的に
対応する義務が課された。今回、学校は加害生徒をいったん指導したが、その後に激化したいじめをいじめと捉えなかった。この点は法令違反とも言える」
-仙台市教委は遺族の意向で学校名を伏せている。

<現実と向き合え>
「意向を隠れみのにして、『いじめは人権侵害行為で犯罪性がある』ということを加害生徒が認識できないような環境をつくっていないか懸念する。遺族は、問題をうやむやにし、いじめの温床を残したいわけではないはずだ」 「根本的な解決は学校全体で男子生徒の死を悼み、つらい現実と向き合うことが出発点になる。校名を公表する必要性は遺族も理解してくれるのではないか」-市教委の第三者委員会による調査結果の評価は。
「ごく限られた生徒や教師からの聞き取りで、事実や問題の断片にすぎない。報告書は男子生徒を『当該生徒』、いじめた側を『関係生徒』と表現し、被害と加害を曖昧にしている。加害側の家庭環境、放課後や地域の人間関係が影響している可能性もある。効果的な対策には原因と背景の構造的な分析が必要だ」 -事実関係の再調査は必要か。

<追加調査要求を>
「教委の独立性は尊重されるべきだが、4月の教委制度改革で首長が総合教育会議を招集できるようになるなど、教育行政に関与できる余地が広がった。奥山恵美子市長は追加調査を求めるべきだ。そうしないと文部科学相の指示や是正要求が発動される可能性がある」-教師の多忙さが、いじめへの対応を妨げているとの声がある。
「いじめを受けている生徒が明確なサインを出しても対応しないなら、教師としての良心や人権感覚、教育専門性が問われる。生徒にしっかり向き合える労働環境の改善を管理職や教委に求めるべきだ。いじめを認知し、適切に対応した教師を加点する教員評価制度も必要だ」

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【9月30日 河北新報】

◎在校生へ説明なし「再発防止できない」

仙台市議会9月定例会は、市立中1年の男子生徒のいじめ自殺が8月21日の市議会委員会で報告されてから初の本会議となる。29日の代表質疑では生徒が通っていた学校名を公表せず、いまだに在校生や保護者に説明していない市教委と市の対応に批判が相次いだ。
自民党の斎藤範夫氏は「学校名は既に公知の事実だ。(自分の学校で)起きたことを説明しないと再発防止はできない」と強調し、公表を迫った。
市民フォーラム仙台の岡本章子氏は学校が男子生徒の自殺後、在校生に「転校した」と虚偽の説明したことに言及。「大人はうそをつく、ごまかすという思いが子どもたちに生じかねない」と指摘した。
奥山恵美子市長は「非公表は遺族の意向。現時点で意向は変わっていないと聞いている」と従来通りの釈明に終始。学校の現状に関しては「率直に踏み込んで子どもと向き合う状況にはなっていない」と認めた。
大越裕光教育長は校名の非公表に「混乱を生じさせている」と陳謝。「遺族に状況を伝え、当該校でどんな対応が必要かを検討する」と語り、遺族と協議する意向を明らかにした。
——————————————————————————–
【朝日新聞宮城版】

仙台いじめ自殺、対応に批判続出

仙台市立中学1年の男子生徒が昨秋、いじめを受けて自殺した問題への市教委や学校の対応について、29日の市議会代表質問で批判が相次いだ。
男子生徒が通った中学校は現在も自殺の事実などを生徒に伝えていない。自民党の斎藤範夫議員は「市教委は(非公表を望む)遺族を説得して生徒に説明し、いじめについて考えさせることが再発防止になる」と指摘した。市民フォーラム仙台の岡本あき子議員は「多くの生徒が自分たちの学校のことだとわかっている。大人はうそをつくと子どもたちが思っても不思議ではない」と批判した。
奥山恵美子市長は「再発防止のために、原則公表するべきだ」としたうえで、「遺族の意向があり、子どもたちと学校が向き合う状況になっていない。遺族との協議を続けたい」と述べるにとどまった。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【9月29日 朝日新聞宮城版】

ビニールシートの上に花束やジュースが置かれ、箱の中に手紙などがおさめられていた=仙台市内

いじめを受けて昨秋に自殺した仙台市立中学1年の男子生徒への献花が、台が撤去された後も続いている。台があった市内の公園には28日、花束の下に敷くビニールシートが新たに設けられた。
管理する市は「台がなければ不法占用ではない」として、撤去は求めない方針だ。
21日に設けられたとみられる献花台は、24日夜から25日朝の間に撤去された。誰が設置し、撤去したかはわかっていないが、撤去後も献花したり、手を合わせたりする住民らが途絶えない。
公園がある区の区役所公園課は、献花台が設けられたときは公有地の不法占用にあたると判断したが、28日に課長らが公園を確認。現状では不法占用にあたらないため、今後も定期的に点検して様子を見ることにした。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【9月29日 河北新報】

◎悲劇をなくすには(上)NPO法人ジェントルハートプロジェクト(川崎市)理事 小森美登里さん(58)

仙台市立中1年の男子生徒=当時(12)=がいじめを苦に自ら命を絶ってから1年が過ぎた。
悲劇を生んだいじめをなくすには、学校や児童生徒、保護者がどう対応すればいいのか。少年の苦しみから何を学び取ればいいのか。いじめ自殺で子どもを亡くした親や、弁護士、研究者の3人に聞いた。
(仙台・中1いじめ自殺問題取材班)

<市教委判断誤り>
-仙台市のいじめ自殺問題をどう受け止めるか。
「公表に1年も費やした市教委の判断は間違っている。最初にすべきは遺族のケア。それと速やかな公表に向けた説得だった。高校1年の娘をいじめ自殺で亡くした私の場合もそうだったが、親は悲しみに打ちひしがれ、冷静な判断ができない。市教委が遺族に寄り添い、予見できる混乱を丁寧に説明すべきだった」

-遺族は非公表を望んでいる。
「真実を明らかにするには公表が必要なプロセスだと伝えれば応じるはずだ。親が公表しろと言えば公にし、事実を伏せろと言えば隠すようでは、いじめ自殺の対応にばらつきが出る。悲劇を繰り返さないためにも、一貫性のない対応は絶対に避けるべきだ」

-公表に時間がかかったことによる弊害は何か。
「真相を究明する機会を逸した。いじめた子どもと教師、保護者だけに聞き取りをしても、状況を正確に
把握できない。直後にクラスメートや同じ部活の子どもたちに話を聞かないと、真実にはたどり着けない」
「保身に走りがちな学校は『子どもの言うことは曖昧で信用できない』との論法を好む。学校の内部事情
を知らない専門家より、事実を見聞きしていた子どもの方がよほど信頼できる。むしろ早く聞き取らないと
さまざまなうわさが広がり、真実がかすんでしまう」

<生徒ら傷付いた>
-今も事実を伏せられ、学校や教師を信じられない子どもも少なくない。
「いじめ自殺を『無かったこと』にされた結果、どれだけ多くの友人たちが傷付いたか、周りの大人たちは想像できるだろうか。真実に向き合えなければ立ち直りへのケアもできない。必要なのは学校全体で事実を受け止め、悼み、思い切り泣くことだ」
「加害者が反省する機会を逃した可能性もある。加害者から本音を聞き出せるのは、いじめ自殺の発覚からせいぜい3日。加害者の親、教師は『いじめられた子にも原因があった』などと誤った弁護の仕方をしがちだ。更生する機会を奪われたとすれば、彼らは大人の事情が生み出した第二の被害者だ」

<こもり・みどり>98年7月、一人娘で高校1年の香澄さん=当時(15)=をいじめ自殺で亡くした。03年、いじめのない社会づくりを目指すNPO法人「ジェントルハート プロジェクト」を夫や支援者らと設立。理事を務める。12年、文科省いじめ問題アドバイザーを務めた。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【9月28日 朝日新聞福島版】

記者会見で、自殺した生徒や遺族、県民への「おわび」をする菅野誠・教育次長(左)と
大沼博文・高校教育課長=県庁

●生徒自殺 第三者委設置へ
会津地方の県立高校で自殺した女子生徒は、部活動で人間関係のトラブルを訴えていた。県教育委員会は来週にも専門家を交えた委員会を設置し、いじめがあったかなどを調べる。なぜ女子生徒は死を選んだのか。
県教委と学校によると、女子生徒の遺体がトイレで見つかったのは19日午前4時。机に残された私物の中にはメモ書きが残されていた。書かれていたのは自分に対するつぶやきや、部活の友人にあてた思い。自殺を示唆する内容はなかったという。
学校が23日、生徒が所属する部活の約60人にアンケートをしたところ、7人が女子生徒について「部活で人間関係のトラブルがあった」という趣旨の回答をしたという。県教委の大沼博文・高校教育課長は、いじめをうかがわせる表現はなかったとして「いじめではないととらえている」と述べた。
学校は女子生徒のトラブルは把握していた。
今年4月に、担任が面談したところ、女子生徒は部活でのトラブルを打ち明けたという。その後、トラブルに関わったとされる複数の生徒には部活の顧問が注意した。女子生徒は担任に勧められて6月上旬から休部し、8月にいったん復帰したものの、9月から再び部活を休んでいた。
県教委と一緒に記者会見した校長によると、女子生徒の一件は同学年の教員、校長、教頭で共有していたが、県教委には報告していなかった。校長は「教室では笑顔も見えて、修学旅行の準備にも喜々として取り組んでいた。よい方向に向かっていると思った」と話した。
これに先立ち、生徒は昨年度にも計20日間ほど学校を休み、とくに昨年9月以降は欠席が目立った。校長は「体調不良と聞いていて、当時は問題に気付かなかった」と話す。
自殺を受けて、学校は校内でのトラブルを把握するため、24、25日に全校生徒にアンケートを実施した。
女子生徒のトラブルを証言した7人を含む生徒たちからヒアリングし、自殺の原因を調べる方針だ。県教委は来週にも、心理学や法律などの専門家を交えた「第三者委員会」を設置する。
生徒と同じ部活に所属する男子生徒は「学校からは亡くなったとだけ聞いた。気持ちの整理がつかない」。
女子生徒の父親は、朝日新聞の取材に対し「委員会の調査を見守りたい」と話した。

——————————————————————————–
【読売新聞福島版】

高2自殺、知事「しっかり整理して」
◆県教委記者会見の遅れに
会津地方の県立高校2年の女子生徒が校舎内で自殺した問題で、県教育委員会が19日未明に遺体を発見しながら26日午後まで記者会見しなかったことについて、内堀知事は28日の定例記者会見で、県民への情報発信や説明が適切だったかどうか検証するよう県教委に促した。
内堀知事は記者会見で、「情報公開のあり方は絶えず私どもの課題。県教委は今回の対応がどうだった
のか、しっかりと整理していただきたい」と述べた。県教委は、学校施設内で生徒が命を絶った重大な問題にもかかわらず、何日も記者会見を開かなかった理由について「遺族に説明していた」などと話している。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【9月27日 朝日新聞】
福島県会津地方の県立高校で2年生の女子生徒が首をつって死亡していたことがわかり、県教育委員会は26日、自殺だったと発表した。部活動で人間関係のトラブルを抱えていたといい、県教委は近く専門家を交えた第三者委員会を立ち上げ、いじめの有無などを調査する。
県教委などによると、女子生徒が18日夜になっても学校から帰宅しなかったため、保護者が県警に捜索願を提出。19日午前4時ごろ、女子トイレで教員が遺体を見つけた。
学校は23日、女子生徒と同じ文化部に所属する約60人に実名でアンケートを実施。「他者からの言動が精神的負担となっていたのでは」といった部活内での複数のトラブルについて計7人が回答したという。
学校によると、女子生徒は昨年9月から学校を休みがちになった。欠席が続いた今年4月、担任との面談で部活での悩みを打ち明けたため、部の顧問が複数の生徒を注意したという。女子生徒は6月上旬に休部した後、8月に復帰。9月から再び部活を休んでいた。
女子生徒が通っていた学校の校長は会見で「トラブルは把握していたが、いじめとの認識は薄く、県教委には報告していなかった」と述べた。女子生徒の父親は朝日新聞の取材に対し「第三者委員会の調査を見守りたい」と話した。
——————————————————————————–

【共同通信】

女子高生自殺、部活トラブル指摘 生徒アンケートで、福島

福島県会津地方の県立高校の女子生徒が校内で自殺した問題で、県教育庁は26日午後、記者会見を開き、女子生徒が所属する部活動の生徒を対象にアンケートした結果、部活内での人間関係のトラブルを指摘する回答が7人からあったと明らかにした。
教育庁は、生徒の遺族もこの人間関係のトラブルが自殺の一因ではないかと考えていることから、専門家を含む第三者委員会を立ち上げ、事実関係を明らかにする方針。
家族の捜索願を受け、教員らが校内を捜し、19日午前4時ごろ、女子トイレで首をつっている女子生徒を発見した。
——————————————————————————–

【河北新報】

会津方の県立高女子生徒が自殺

福島県教委は26日、同県会津地方の県立高校の女子生徒が校内で自殺しているのが19日に見つかったと発表した。部活動をともにする生徒7人が人間関係のトラブルを指摘しており、県教委は近く弁護士や臨床心理士など専門家らを交えた第三者委員会を設置し、いじめがなかったかどうか原因究明を急ぐ。
記者会見した県教委の担当者と高校の校長によると、女子生徒は18日、登校後に帰宅せず、保護者が県警に捜索願を出した。教員が校内を捜したところ、19日午前4時ごろ、女子トイレ内で首をつっているのが見つかった。遺書はなかった。18日の放課後、教室で他の生徒7人と未提出の学習課題に取り組む様子が確認されていた。
高校が23日、同じ文化系の部に所属する約60人に記名アンケートを行った結果、7人が「精神的負担になるような他者からの言動を見聞きした」などと回答した。
女子生徒は昨年9月ごろから欠席が目立つようになり、ことし4月に担任が面談を行ったところ、部活動をめぐる人間関係で悩みを抱えていることが分かり、6月から休部した。8月に復帰し、教室でも明るく振る舞っていたことから、学校側はトラブルは解決したとみていた。9月は部活動に参加していなかった。
25日夜、校長らの訪問を受けた遺族が「いじめが原因ではないか。真相を究明してほしい」と要請。遺族の了解を得て公表した。
高校は24~25日、全校生徒を対象に無記名のアンケートを実施。来週にも同じ部の生徒を中心に聞き取り調査を行うという。

——————————————————————————–

【NHK福島放送局】

女子高生自殺で県教委が調査

福島県の会津地方にある県立高校の校内で、今月19日、女子生徒が自殺しているのが見つかったと県の教育委員会が明らかにしました。高校が、他の生徒にアンケートを実施したところ、部活動での人間関係のトラブルをうかがわせる内容があったということで、県教委は今後、調査委員会を立ち上げて自殺の原因を調べることにしています。
福島県教育委員会などによりますと、この女子生徒は今月18日に高校に登校したあと帰宅しなかったため、保護者が警察に捜索願を出しました。
このため、女子生徒が通う高校の教師が校内を探したところ、翌日の今月19日午前3時半ごろ、女子生徒がトイレで首をつっているのを発見したということです。
見つかったとき、女子生徒はすでに心肺停止の状態だったということです。
これを受けて高校は、女子生徒と同じ文化系の部活動の60人程度の生徒にアンケートを実施し、いじめがなかったか、などについて調査しました。
その結果、人間関係のトラブルをうかがわせる内容があったということで、県教委は来週にも、外部の有識者を交えた調査委員会を立ち上げて、自殺の原因を調べるということです。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055210211.html?t=1443304113030

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【9月26日付 共同通信】
鳥取市教育委員会は25日、鳥取市立中の男子生徒が24日夜、校舎内で意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で間もなく死亡したと発表した。
関係者によると、男子生徒は1年生で首つり自殺を図ったとみられる。
鳥取県警によると、遺書のようなものは見つかっていないが、何らかの悩みを抱えていたとみて調べている。
市教委によると、24日午後6時50分ごろ、巡回中の女性教諭が男子生徒を発見した。居合わせた教職員が救命措置を施し、病院に救急搬送したが、午後8時ごろ死亡が確認された。
男子生徒はクラスのリーダー的存在だった。運動部に所属し、24日も練習に参加したという。

シェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn